「wan 高速化」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「wan 高速化」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説WAN(Wide Area Network)とは?

WANとは、遠隔地に存在する複数のLAN同士を結ぶための広域ネットワークのこと。WANを大きく分類すると、2点間を自分専用の回線で直結して利用する方法(直結回線)と、2点間を通信事業者が提供する共用の回線を利用する方法(共用回線)とがある。直結回線は鉄道、共用の回線は道路に例えると分かりやすい。例えば東京から大阪に行く場合、直結(新幹線のぞみ)で行く場合、確実に3時間で到達する。それに対して共用回線(高速道路、車)で行く場合、通常であれば8時間程度だが何らかの理由で渋滞が起これば何時間かかるかは分からない状況になることも前提としなければならない。

「wan 高速化」に関する記事情報

WAN高速化ツールの導入状況(2017年)/後編

キーマンズネット会員222人にアンケート調査を実施した。ネットワーク管理上の課題やSD-WANの認知度など実態が明らかになった。

WAN高速化ツールの導入状況(2017年)/前編

キーマンズネット会員222人にアンケート調査を実施した。職場における通信環境の問題の有無やWAN高速化ツールの導入状況など実態が明らかになった。

「WAN高速化製品」シェア(2014年度)

67億円規模と見込まれる2014年度のWAN高速化製品市場。シェア情報を紹介する。

「WAN高速化製品」シェア(2013年度)

2013年度、62億円と見込まれる同市場。マネージドサービスとして提供するケースが今後も進むと考えられる。シェア情報を紹介する。

「WAN高速化製品」シェア(2012年度)

日本の通信インフラの品質が高く、低コストで高速通信が実現できることから微増傾向が続く「WAN高速化製品」市場。シェア情報を紹介する。

「WAN高速化製品」シェア(2011年度)

複数の拠点を持つ製造業を中心に拡大する「WAN高速化製品」市場。拠点間での高速化ニーズが高まる中、シェアトップのベンダーは?

「WAN高速化製品」シェア(2009年度)

企業ネットワークにおけるWANの重要性が増し、遅延対策としての需要拡大が見込まれる「WAN高速化製品」市場。シェア情報を紹介する。

「WAN高速化製品」シェア(2007年度)

製品認知や導入効果が浸透し始め、全国や海外拠点を持つ企業需要も高まり、市場拡大が見込まれるWAN高速化製品。シェア情報を紹介する。

「wan 高速化」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。