「wa2021マニュアル」に近い情報
「wa」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「wa」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「wa」に関する記事情報

さらに沈むICT市場、新型コロナはどこまで追い打ちをかけるのか?

IDC Japanは、新型コロナ感染症拡大の現状を受け、下方修正を発表した。2020年4月3日の予測で唯一プラス成長を維持した「Software」が最も大きな下方修正となるという。

スマホ経由の集合知でどうセキュリティリスクを低減? モバイル版「タチコマSA」登場の意義

Web媒介型攻撃対策プロジェクト「WarpDrive」が提供してきたエンドユーザー向け対策ソフトウェア「タチコマSA」のモバイル版「タチコマ・モバイル」が公開された。今までの防御策と何が違うのか。一体どんなものなのだろう。

WalkMeとは? 「デジタル・アダプション・プラットフォーム」(DAP)はなぜ注目されるか

絶対にSaaSに業務データを入力しない勢との新しい戦い方が提案された。マニュアルもレクチャもSaaSと一体化してしまえ、という発想のもと、デジタル化定着を標榜するツールがある。

クラウドネイティブ、コンテナ技術とVMwareの関係は? 「Project Tanzu」で考える次の5年のITインフラ

クラウドネイティブ、マルチクラウド。この2つのキーワードは、ITインフラを考えたとき、耳にする機会が増えたはずだ。企業IT基盤として実績の多いVMwareもクラウドネイティブとマルチクラウドを意識したコンセプトを打ち出している。まずは基本と最新事情を押さえておこう。

ローカルブレークアウトとは? SD-WANでどう実装? 仕組みと使い方

SaaS型アプリ利用の増加で注目を集めるのが「ローカルブレークアウト(インターネットブレークアウト)」だ。ローカルブレークアウトを実現する重要な技術がSD-WANだが、日本での普及はこれからと見られる。基礎情報、選定のポイントを解説する。

5年後には2018年の約19倍に? 爆発的成長を見込む国内SD-WAN市場

IDC Japanの調査によれば、SD-WAN市場は2019年には揺籃(ようらん)期から成長期に移り市場に広く普及するだろうと予測する。2023年までの市場規模(支出額ベース)を発表した。

「Windows Virtual Desktop」とは? Horizon Cloud on Azureと何が違う? クラウドVDIの選び方ガイド

2019年後半にもGAが予定されるマイクロソフト純正のマネージド型VDI「Windows Virtual Desktop」に注目が集まる。Windows 10やOffice 365ユーザーにとって見逃せない機能も多い。何ができて、どう使えるか、「VMware Horizon Cloud on Azure」「Citrix Cloud」「Amazon Workspaces」と何が違うのかを整理しておこう。

「WANサービス」シェア(2018年)

IDC Japanが「国内WANサービス市場シェア」を発表した。大手5社が市場シェアの8割が占める中、その競争は激化しているという。2018年に首位を取ったサービスベンダーはどこか。

国内セキュリティ製品市場、2022年に大きく成長する分野は?

2018年のセキュリティ市場はソフトウェアとSaaS(Software as a Services)型ソフトウェア、アプライアンスともに成長傾向にあると予測する。2019年以降もこの成長は続くとみられるが、中でも今後大きく成長する分野とは。

「IEEE 802.11ah(Wi-Fi HaLow)」が日本でも本格普及へ、2019年の目玉となるか

IPベースのLPWAとして注目される「IEEE 802.11ah」がいよいよ日本国内での普及に向けて走り出す。1キロ先に動画を配信可能なポテンシャルに期待して57の企業・団体が結集した。

「wa」に関するIT製品情報

分散・複雑化するエッジネットワークに、セキュアSD-WANが効果的な理由

フォーティネットジャパン株式会社

IoTやモバイルによる社内ネットワークの拡大、クラウドによる通信量の増大を受け、企業ネットワーク環境も変化が求められている。多数の拠点にまたがるネットワークでも、パフォーマンスとセキュリティを両立する方法はないものか。

WAFやCASBだけでは防げないデータ流出後のリスク、暗号化DRMはどう防ぐのか

株式会社DataClasys

ファイルサーバをクラウドストレージに移行することには多くのメリットがある半面、データ流出のリスク増大という課題もある。メリットを阻害することなく、万が一の流出に備えた対策を強化するためには、どうすればよいだろうか。

運用監視からパッチ適用まで支援、クラウド型WAFの導入を容易にするサービス

株式会社インターネットイニシアティブ

DNS変更など最小限の手間で導入でき、物理的な機器類の管理も不要な「クラウド型WAF」。しかし、細かな構成変更に対応していないものやサポートが限定的なものもあるため、製品選定は意外と難しい。この課題を解消するサービスとは?

高精度の検知を手軽に実現、Webサイトの脆弱性リスクを排除するクラウド型WAF

株式会社インターネットイニシアティブ

Webページ改ざんや情報漏えいが問題視される中、その原因の1つであるWebアプリケーションの脆弱性対策が多くの企業で課題となっている。そこで注目したいのが、運用管理を含めオールインワンのセキュリティ機能を提供するクラウド型WAFだ。

WAF/DDoS対策/CDNサービス「TrustShelter/WAF」

NTTテクノクロス株式会社

簡単かつ低コストで、Webサイトセキュリティを強化

「wa」に関する新着セミナー

【Webセミナー】 今話題の SD-WAN 製品を一挙に比較検討できる ウェブセミナー

株式会社ネットワールド

2020/06/03(水)14:00~15:15

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 仮想化 | ネットワーク機器 | 通信サービス

「wa」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。