「vs2015 vb.net accessデータベース 開発手順」に近い情報
「vs」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「vs」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説開発とは?

ここで取り上げている開発とは、主にソフトウェアを中心としたITシステム開発のことを指している。従来、企業のITシステム開発といえば、納入すべきハードウェアを調達した上で開発を行うという形態が大部分を占めていたが、最近はクラウドの利用拡大に伴い、そういったシーンは減少傾向にあり、システムインテグレーターが保有するデータセンタなど、既に用意されているインフラ上での開発が主体になってきている。こうした状況の変化によって新たなニーズが生まれている。その1つがネイティブアプリのサーバサイド開発を短期化・低コスト化することができるBaaSである。また、開発チームと運用チームのコラボレーションのための方法論であるDevOpsにも注目が集まっている。 一方、最近はPCサーバの性能が大幅に向上したことで、ハードウェアに掛かるコストがかなり下がってきた結果、ソフトウェアのライセンスや保守に掛かるコストが相対的に割高になってきている。そこで、ソフトウェアコストを大幅に削減できるオープンソースの導入を検討している企業が増えており、この分野でシステムインテグレーションを手掛ける事業者も目立ち始めている。

「vs」に関する記事情報

Google vs. IBM、「量子超越性」で大混乱? 何が起きているのか:536th Lap

突然「量子コンピュータ」の話題でIT業界が持ち切りだ。その計算力は従来のコンピュータを「古典コンピュータ」と称してしまうほどだが、誰も真の実力は分からなかった。Googleが「実証した」と言い出すまでは……。

職人 vs. ディープラーニング、AIの本当の価値とは

日々、日進月歩で進化するAIも、現状では熟練者の「職人ワザ」を再現することは難しいといわれています。AIを活用しても現場の完全無人化は難しいのです。では、今AIを導入する価値とは何なのでしょうか。

オンプレミス vs. クラウド、AIの解析に使うインフラはどちらが人気?

AI(人工知能)を利用している企業は、AIによる推論用のITリソースとして、オンプレミスとクラウドのどちらを選んでいるのか。その理由は? IDC Japanが900の組織を対象に調査した。

ランサムウェアや標的型攻撃は多層防御で撃退、最新UTM事情

今日のランサムウェアはファイアウォールでは止められない。「WannaCry」の金銭要求画面に遭遇しないためにもUTMの活用が効く。UTM vs. ランサムウェア、最新動向を追う。

「テープ vs. HDD」メリデメ徹底解説

なぜ今、「磁気テープ」が復権しつつあるのか。HDDにその地位を奪われたかに見えたものの、データ量が増大するにつれ再び脚光を浴び始めた理由に迫る。最新動向やHDDとの違いなどを詳しく解説する。

「vs」に関するIT製品情報

高可用性とコスト削減を両立、SI企業がシステム構築で選んだHCIとは?

日本電気株式会社

新規システム導入に当たり、新たな端末が導入されることで業務が煩雑になったり、運用管理やコスト負担が増えてしまったりしては本末転倒だ。そこで参考にしたいのが、SI企業による2ノードvSANで構築するHCIの導入事例だ。

アナリスト vs. 自律型データベース、分析結果にはどれだけの差が出るのか?

日本オラクル株式会社

アナリスト不要でビッグデータ分析が可能といわれる「自律型データベース」。その実力は果たして本物なのか? 「離職率の改善」というテーマにおいて、2人のアナリストと自律型データベースが出した分析結果を例に、その真相を探る。

仮想化環境に特化した機能満載、Veeamのバックアップソリューションの強みとは

株式会社ネットワールド

クラウドの普及によりデータの分散が進む中、それらをいかに保護/管理するかが多くの企業で課題になっている。そこで注目したいのが、VMware vSphereやHyper-Vなどの仮想化環境に特化したVeeam Softwareのバックアップソリューションだ。

HCIはVMware vSAN、VxRailが好調 Nutanixはソフトウェア中心へ転換

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

現在のハイパーコンバージドインフラ(HCI)市場は、VMwareやDell EMCといったDellグループがけん引しているという。強さの源泉はどこにあるのか。

クラウドのテクノロジーをオンプレミスで活用 Amazon RDS on VMware概要

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

RDBの高可用性を維持するには、インストールやパッチ適用などの面倒な作業が欠かせない。Amazon RDS on VMwareは、オンプレミスの VMware vSphere環境に、Amazon RDSを構築し、オンプレミスのデータベース運用工数の削減に寄与する。

「vs」に関する新着セミナー

【オンラインセミナー】セキュアにコンテナを活用するためのDevSecOps!

マクニカネットワークス株式会社

2020/07/28(火)15:00~16:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員60名 | 開発

「vs」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。