「voxbone 日本」に近い情報
「日本」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「日本」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「日本」に関する記事情報

AIで変わる企業法務 各社の業務改革、実務の改善

バックオフィス業務の改革が日本国内でも本格化しつつある。企業法務が担ってきた手間がかかる業務もAIやクラウドの力を借りた自動化や効率化が進み始めた。法務部門の働き方を変えた企業各社の取り組み事例をまとめた。

気疲れする英語でのWeb会議……「Pardon?」ばかりの気まずいムードを回避する解決技

海外に拠点を持つ企業やビジネスのグローバル化を進める企業などでは、英語など日本語以外での言葉によるWeb会議を実施するケースもあるでしょう。英語に自身がない方はつい、しどろもどろになりがちです。そんなユーザーを救う方法とは。

ジョブ型雇用だけではない日立の人事戦略 30万人を変える10年の計

世界30万社員の中でジョブ型が実践できていないのはほぼ日本のみ。日立の人事制度改革は、日本企業の組織変革ではなくグローバル企業から見て「落ちこぼれ」の日本地域を標準化することが目的だった。日立グループ人事トップが描く30万人の人材戦略とは。

「決算発表延期」はなぜ起こったか、決算を巡る日本企業の3つの課題、変革のための4ステップ

「収支も次の業績予想も発表遅れます、コロナで出社できないので」――。コロナ禍中の決算発表は、監督省庁の配慮を受けて遅延を「大目に見てもらえた」。しかし来年以降はどうなるのか。今の5倍の企業にオンライン決算の仕組みを提供し、さらに効率化やDXにつなげようとする企業がある。

「デジタル庁」発足と「縦割り廃止」で日本はどうなる? 2030年を描いた提言を読んだ

デジタル庁発足で日本のDXは進むでしょうか。2030年、デジタルネイティブ世代が30代になるときに、日本の社会はどうなるかをシミュレーションしたレポートから、いま取り組むべき課題やヒントとなる記事を紹介します。

フロッピーディスクが“まさか”のところで今も現役だった件:575th Lap

一時代を築いた記憶メディア「フロッピーディスク」。日本を代表する汎用機「PC-9800シリーズ」とともに記憶している人もいるだろう。2010年に生産を終了し、流通在庫品となったフロッピーディスクが今もなお世界中の“あの現場”で使われているという。

コロナ禍があぶり出した日本の“デジタル敗戦“ 「デジタル化推進基本法」に向けた準備と「逆都市化」の提言とは

マイナンバーカードはなぜ躓いたのか――。前IT大臣が語った「20年間の日本のIT政策の敗戦」とは。反省を踏まえた新たな提言「デジタル・ニッポン2020」は次の10年で日本をデジタル化するのだろうか。

1割の企業が「やめたい」 調査で見えたテレワーク実施企業の困りどころ、デルの救済策

日本の中堅企業にIT投資の動向を聞いてみたら、テレワークを体験した企業の1割が「やめたい」とネガティブな意見を寄せた。今までのやり方がうまくいくのはなぜか。

経理の業務も自動化へ 日本通運が導入した経理業務DXの中身

日本通運は経理処理に「SAP Account Substantiation and Automation by BlackLine」を採用した。「タスク管理」と「勘定照合」の2つの機能を本社と一部の子会社から導入し、段階的にグループ全体に広げる。

世界一を取り戻した国産スパコン「富岳」とは?

2020年6月22日、日本のスーパーコンピュータである「富岳(ふがく)」が性能で世界No.1の座についた。これは2011年の「京(けい)」以来の快挙。今回は「富岳」の実像を紹介する。

「日本」に関するIT製品情報

クラウドERP「Oracle NetSuite」

日本オラクル株式会社

導入実績20,000社超!企業規模、業界業種問わず多くの企業に選ばれるクラウドERP

HCI導入検討時の最大の疑問、「最良の選択肢」となるかどうかはどう見極める?

日本電気株式会社

仮想化環境の運用管理におけるさまざまな課題を解消するものとして注目されるハイパーコンバージドインフラ。その導入を検討する企業が一番に知りたい、「他の選択肢とのメリットの違い」や「HCI導入で狙った効果を得る方法」を解説する。

人手不足の情シスの救世主? 構築から保守まで効率化する「次世代HCI」の実力

日本電気株式会社

DXの推進により管理すべきシステムが増加する中、人手不足に悩む情報システム部門の負荷が高まり続けている。この状況を打破するものとして注目されるのが、導入検討から保守に至るまでの、作業プロセス全体を効率化する次世代HCIだ。

地方公共団体の高度なニーズに対応、高可用性とコスト削減を両立するHCI導入法

日本電気株式会社

厳格なセキュリティ対策が必須の地方公共団体では、システムごとに端末を使い分けることも珍しくない。しかし、これに伴う端末数や運用負荷の増加は頭の痛い問題だ。そこで注目したいのが2ノードvSAN構成のHCIによる新たなアプローチだ。

安全性の確保や業務効率向上も 工場で顔認証や映像管理システム導入が進む理由

日本電気株式会社

安心・安全な環境づくりや作業効率の向上を実現すべく、製造業の現場で顔認証や映像管理のシステム導入が進んでいる。入退室管理や勤怠管理など、利活用の幅が拡大しているというが、どのようなシーンで役立つのだろうか。

「日本」に関する新着セミナー

オフショア開発の失敗パターンと、日本側常駐体制

マジセミ株式会社

2020/11/06(金)13:00~14:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員20名 | 開発

ソースコード解析ツール「Understand」日本語版のご紹介(Web上セミナー)

テクマトリックス株式会社

2020/11/25(水)16:00~17:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員20名 | 開発

<ライブ配信セミナー>ニューノーマル時代に挑む力”ものづくり力”~日本の製造業を支えるテクノロジー これまでとこれから~

アクセラテクノロジ株式会社

2020/11/19(木)15:00~16:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | PC | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「日本」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。