「ve gp22 w取扱説明書」に近い情報
「ve」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ve」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ve」に関する記事情報

Arcserveが国内でクラウドバックアップ/DRサービス強化、自前でDCを提供

Arcserve Japanがクラウドバックアップ、ディザスターリカバリー(DR:災害復旧)施策を強化。自前のデータセンター提供の他、小規模拠点やエッジデバイスの一元バックアップを視野に入れたサービス提供を開始する。

Windows Server 2008のサポート終了で激震する国内VDI市場

2019年~2023年の国内クライアント仮想化関連市場は、平均成長率(CAGR)4.2%で成長し、2023年には8858億円まで拡大するという。背景には、Windows 7/Windows Server 2008のサポート終了によるVDIやSBCの需要拡大などがある。

Nutanix Acropolisにもネイティブ対応、Windows ServerのEoS対策も視野にデータ保護を強化したArcserve新版

Arcserve Japanはサーバ向けのバックアップツール2製品の出荷を開始した。イメージバックアップツールのUDP 7.0と、レプリケーションツールのRHA 18.0で、Windows Server 2019など最新のOSに対応した。

【まとめ読み】Windows Server 2008の延命策、問題の本質と実態、解決策

エンタープライズ向けサーバOSとしての完成度の高さから、多くの企業が導入したWindows Server 2008/2008 R2。サポート終了まであと1年を切った今、何をどう対策すべきだろうか。問題点と対策をまとめて解説する。

さよならサイボウズLive “難民”にならないために考えたい移行のこと

2019年4月15日に約8年間続いた「サイボウズLive」の提供が終了する。サイボウズLiveユーザーは難民にならないためにも移行や対策をどう考えるべきか。考えたい視点とポイントについて説明する。

「USB 3.2」発表の裏で「USB4」が登場、規格の整理が追い付かない:505th Lap

PCに周辺機器を接続する手間を大きく軽減させた規格といえば「USB」だろう。正式名称は「Universal Serial Bus」だが誰も気にしていない。2019年2月に最新規格の「USB 3.2」の詳細が明らかになったと思ったら「USB4」も出てきた。

マルチクラウド時代のデータ管理に求められる機能とは何か

ヴィーム・ソフトウェアは、マルチクラウド環境におけるバックアップとデータ保護を提供する「Veeam Availability Suite 9.5 Update 4」を発表した。ユーザー企業が直面する3つの課題を解決するという。

徹底比較 Office 365とG Suiteで考える、全社基盤としてのオンラインストレージ

採用が進むオンラインストレージだが、何を基準に選べばよいのか悩む企業は多い。Microsoft OneDriveとGoogle Driveをピックアップし、本格的に導入するためのチェックポイントを紹介する。

無料LINE WORKSはサイボウズLive代替グループウェアになる?

無料グループウェアとして人気の「サイボウズLive」のサービス終了が迫る。乗り換え先に名乗りを上げたLINE WORKSはグループウェア的機能のほとんどを無料で開放する。

この数年で大転換を迫られる企業IT、時系列で分かる「何をいつまでにどうすればよいか」

Windows Server 2008のサポート終了への対応に注目が集まるが、問題はそれだけではない。これから2025年までの数年は企業情報システムの大転換期になる。いつ何がどうなるかを整理した。

「ve」に関するIT製品情報

サポート期限間近のWindows Server 2008、移行をスムーズにするポイントは?

ゾーホージャパン株式会社

Windows Server 2008およびR2の延長サポート終了が2020年1月と間近に迫り、サーバ移行を余儀なくされている企業は少なくない。このタイミングで検討したいのが、移行プロセスと移行後の管理運用を効率化する管理ツールの活用だ。

延長サポート期限を迎えたSQL Server 2008、移行先にAWSが選ばれる理由とは?

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

サポート期限を迎えたSQL Server 2008の移行先として、Amazon Web Servicesを選択する企業が多い。クラウドならではのメリットだけでなく、Microsoftワークロードに適した移行理由があるという。移行のポイントや考慮事項を探った。

未知の攻撃も検知、攻撃者に“隠れる場所”を与えない脅威対策の手法とは

Vectra Japan株式会社

サイバー攻撃の高度化とインフラの複雑化により、従来型の境界防御は意味を成さなくなっている。そこで注目されるのが、AIにより組織内の全ネットワークトラフィックを分析し、リアルタイムに脅威を可視化と検知をするソリューションだ。

従来の境界防御は通用しない? クラウド環境でのセキュリティリスクと対処法

Vectra Japan株式会社

クラウドの浸透によって、ビジネスの変革は劇的に加速される一方、そのセキュリティ対応は後手に回ってしまっているケースも多い。従来の境界防御が意味を成さないクラウド時代における、セキュリティの最適解とはどのようなものなのか。

EDRとの違いは? 全ITデバイスを監視する最新セキュリティ技術「NDR」の実力

Vectra Japan株式会社

境界型防御が限界を迎える中で、セキュリティの考え方は「侵入を前提とした対策」へと様変わり。これを具現化するツールとして脚光を浴びるEDRだが、課題も指摘される。その課題を解決すべく台頭してきた新技術がNDRだ。

「ve」に関する新着セミナー

半日でわかる!Veeam Backup & Replicationハンズオントレーニング基礎編

株式会社ネットワールド

2020/02/04(火)13:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員12名 | バックアップ

SD-WAN市場シェアNo.1製品VMware SD-WAN by VeloCloudを徹底解説

高千穂交易株式会社

2019/12/13(金)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 情報システム | ネットワーク機器

純国産ERP「GRANDIT Ver.3.0」ハンズオンセミナー

日商エレクトロニクス株式会社

2019/12/20(金)14:00~16:30

  • 東京都
無料 | 定員5名 | 基幹系システム

「ve」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。