「utp0.5-4pケーブルとは」に近い情報
「ut」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ut」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ut」に関する記事情報

RPAの利用率は技術大国インドの約5分の1、日本のトホホな事情

Automation AnywhereがRPAとAIの活用に関する調査レポートを発表した。調査結果によると、インドや米国ではこれらの技術に対する期待が大きく、すでに活用している割合も高かった。それに対して日本の状況は立ち遅れている。その割合はいかに。

Nutanix Acropolisにもネイティブ対応、Windows ServerのEoS対策も視野にデータ保護を強化したArcserve新版

Arcserve Japanはサーバ向けのバックアップツール2製品の出荷を開始した。イメージバックアップツールのUDP 7.0と、レプリケーションツールのRHA 18.0で、Windows Server 2019など最新のOSに対応した。

関心が集まる「AI」と「RPA」、企業での実利用はどこまで進んでいる?

IDC Japanは、企業でのAI(人工知能)とRPA(Robotic Process Automation)の利用状況について調査結果を発表した。両者は、いま企業ITにおいて話題のキーワードだが、実際のところ利用はどこまで進んでいるのか。

いまさら聞けないRPAの基礎知識 面倒な仕事はロボットにお任せ

RPA(Robotic Process Automation)は、現場業務をどう省力化、合理化できるかといった課題に、大規模開発やシステム改修のリードタイムはかけられないという場合の選択肢として注目されている。

「過剰な期待」に終わらない、現実的なRPA活用の極意

大企業のみならず、中堅・中小企業においても「RPA(Robotic Process Automation)」による業務の自動化に期待が集まっている。だが、「RPAを導入すれば、無駄な手作業が簡単になくなる」というわけではない。市場調査データを分析していきながら、「こんなはずではなかった」とならないためのRPA活用の留意点について見ていくことにしよう。

ロボット作成が無制限、月額課金型RPAとは?

煩雑な業務を自動化するRPA(Robotic Process Automation)。導入企業は大企業が中心であるものの、最近では中小企業における関心も高まり、多様なニーズに応えるようにRPAツールの提供形態が登場している。

「タダで泊めて」YouTuber対ホテル支配人のバトルで大炎上:450th Lap

子どもたちが将来なりたい職業の上位にも登場する「YouTuber」。言わずもがな、日々動画を撮影しては編集し、それをYouTubeにアップして広告収入を手にする人々だ。ある程度の人気者となれば「インフルエンサー(影響力のある人)」として活躍できる。

コネクテッドカープラットフォームの本命となるか、「AGL」とは?

車載プラットフォームのオープン標準を目指すプロジェクト「Automotive Grade Linux」。その全容を徹底解説する。

セキュリティを外部運用、UTMマネージドセキュリティの選定ポイント

「セキュリティ人材がいない、雇えない」。そんな悲鳴に答える新たな選択肢とは。UTMを導入し運用管理をアウトソースするとどうなるのか。

ランサムウェアや標的型攻撃は多層防御で撃退、最新UTM事情

今日のランサムウェアはファイアウォールでは止められない。「WannaCry」の金銭要求画面に遭遇しないためにもUTMの活用が効く。UTM vs. ランサムウェア、最新動向を追う。

「ut」に関するIT製品情報

RPA実態調査から見えた日本のトホホな状況――「ロボットが止まる」の声も

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

2017年ころから盛り上がりを見せるRPA(Robotic Process Automation)。成功事例を耳にする機会も増え、熱い視線を集めているが、日本の導入状況は世界と比較しても進んでいるとはいえないようだ。さらに導入企業からは具体的な課題も上がっている。アンケート調査から見えてきた真実とは。

タスクの自動化だけでは不十分、事例に学ぶRPAの生かし方と組織体制の在り方

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、個々のタスクを自動化するものから、特定業務のプロセスを自動化するものに進化し始めている。RPAベンダーAutomation Anywhereが提供する「デジタルワーカー」がその一例だ。企業ではデジタルワーカーをどう活用しているのか、事例でひもとく。

ハイパーバイザー市場で利用シェアが拡大、「Nutanix AHV」が選ばれる3つの理由

TIS株式会社

近年のハイパーバイザー市場において、「Nutanix AHV」が着実に利用シェアを伸ばしている。その「3つの理由」を明らかにするとともに、Nutanix AHVの導入を検討する際に押さえておきたい機能の数々を紹介する。

「クラウド型UTM」でセキュリティ運用稼働削減とコスト最適化を実現する方法

NTTスマートコネクト株式会社

人材不足やサイバー攻撃被害の深刻化もあり、セキュリティやネットワークの業務は拡大・複雑化し続けている。重要なのは安心と安全を守りつつ、ビジネス要件に合った環境を提供することだ。そこで、「クラウド型UTM」が改善のカギとなる。

複数拠点のUTM運用はクラウド型UTMで最適化

NTTスマートコネクト株式会社

不正アクセスやマルウェアなど激化/進化し続ける脅威に対し、企業のセキュリティ人材は慢性的に不足している。この矛盾の突破口となり得るのが、ネットワークとセキュリティをオンデマンドで提供する、クラウド型UTMサービスだ。

「ut」に関する新着セミナー

RPA ハンズオンセミナー(NEC Software Robot Solution)

キーウェアソリューションズ株式会社

2019/09/30(月)14:00~16:30

  • 東京都
無料 | 定員5名 | PCソフト

「ut」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。