「tsapiとは」に近い情報
「ts」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ts」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説APIとは?

APIとはApplication Programing Interfaceのこと。さまざまなアプリケーションやソフトウェアコンポーネントが情報をやりとりするためのインタフェースのこと。またその使用のことを指す。

「ts」に関する記事情報

RPAをAzure上で米国連邦政府機関に提供可能に、Blue PrismがProject Hostsと提携

Blue Prismは、FedRAMP認定を受けたProject Hostsと提携関係を結んだ。これにより、Connected-RPAをMicrosoft Azure上のクラウドサービスとして米国連邦政府機関に提供できるようになる。

Watson AIとコンテナ技術の使いどころ、管理のポイント

2018年3月「Think 2018」発表した内容を基に、日本IBMが国内での展開を整理した。Watsonの名の下で、データ基盤を強化する。全体の概要を整理した。

日本企業にも影響必須か NIST「SP800-171」ルールのチェックポイント

サイバー攻撃などに遭った際に求められるのは「すぐさま対応できる」ことだ。米国「SP800-171」ではどう規定しているか。概要を紹介する。

LTE対応「Surface Pro」と中小企業向け「Microsoft365 Business」の実力は?

「Microsoft365」の中堅・中小企業向けラインがいよいよ「Microsoft365 Business」として投入される。どのような特徴があるのか、同時に紹介されたLTE-Advanced対応の「Microsoft Surface Pro」の詳細とともに紹介しよう。

LINEのチャットbotと会話して日報や報告書を作成

ビズオーシャンは10月3日、「IBM Watson」の音声解析機能を利用し、LINEのチャットbotと会話することでドキュメント作成ができるサービス「SPALO」の提供を開始した。

キヤノンITSが「純国産・独自技術」から脱却、GURDIANWALL新ブランド

やはり純国産を続けるのは厳しいのか? キヤノンITソリューションズがこれまで19年間独自開発を続けてきたセキュリティツールGURDIANWALLを、刷新することが判明した。

日本はランサムウェア祭、キヤノンITSが解析サービスを出す理由

ウイルスに感染するとファイルが勝手に暗号化されて使えなくなる「ランサムウェア」の脅威が広がっている。感染後の体制作りが急がれる。

2014年を揺るがしたインジェクション攻撃の手口と対策

2014年はOpenSSL、Struts2、bashと、深刻な脆弱(ぜいじゃく)性が次々に公表された。特に顕著だった攻撃手口と対策を紹介する。

「IRM」シェア(2009年度)

2010年度の出荷金額が前年対比2桁増が見込まれているIRM(Information Rights Management)市場。シェア情報を紹介する。

「ts」に関するIT製品情報

多様なSaaSのデータを迅速に統合、Qlikの急成長を支えるローコード統合環境とは

Dell Boomi

データ分析の分野で広く知られるQlikは、SalesforceやNetSuiteなどのSaaSアプリケーションの活用に際して、それらのデータ統合に課題を抱えていた。そんな同社が、統合のための開発時間を劇的に短縮し、高い拡張性を実現した方法とは?

PC利用状況の確認時間を3分の1に、産経デジタルが選んだITSMツールの効果

ゾーホージャパン株式会社

PCの利用状況やパッチの適用状況の可視化は、リスク低減のために欠かせない。これらの情報把握に課題を抱えていた産経デジタルは、管理ツールの刷新によって課題解消に成功した。同社の事例から迅速かつ低負担なIT資産管理の在り方を探る。

脆弱性診断を見極め、Webアプリの脆弱性を漏れなく発見・改善するには?

株式会社Flatt Security

Webを利用するサービス・製品が増える一方、その脆弱性をつくサイバー攻撃も増えている。多くの企業は脆弱性診断を外注しているが、その品質は正しく評価しがたい。「ツール」と「手動」、手法の違いが診断品質に及ぼす影響とは。

製品ごとにサイロ化したブランディングが招く弊害、ミズノはどう乗り越えたか

株式会社Contentserv

スポーツ用品メーカーのミズノは多様な事業を展開するために、部門ごとにバラバラなブランディングが一般化し、その弊害が生じていた。この課題を解決したのが、商品情報とデジタルアセットを一元的に管理するソリューションだった。

商品情報はきちんと管理できてる? 管理・活用体制を診断するチェックリスト

株式会社Contentserv

商品情報を管理できなければ、正しい商品情報を伝えるのはもちろん、マーケティングコストの最適化や顧客体験の品質向上も困難になる。16のチェックポイントを参考に、自社の情報管理体制を見直してはいかがだろうか。

「ts」に関する新着セミナー

「貴社の情報資産がダークウェブに漏れていませんか?」 脅威インテリジェンスサービスIntSightsでデジタルリスク調査

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

2020/02/26(水)15:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員10名 | ネットワークセキュリティ

「貴社の情報資産がダークウェブに漏れていませんか?」 脅威インテリジェンスサービスIntSightsでデジタルリスク調査

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

2020/01/30(木)15:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員10名 | ネットワークセキュリティ

「貴社の情報資産がダークウェブに漏れていませんか?」 脅威インテリジェンスサービスIntSightsでデジタルリスク調査

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

2019/12/24(火)15:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員10名 | ネットワークセキュリティ

「ts」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。