「ts3200 クリーニングテープ交換 認識」に近い情報
「認識」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「認識」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「認識」に関する記事情報

AI-OCRとは? OCRとの違い、選定ポイントと導入の注意点

RPAと連携することで自動化の範囲を押し広げるOCR(光学的文字認識)技術に注目が集まる。近年は、機械学習や深層学習といったAI技術を活用するAI-OCRが話題だ。果たしてその実力とは? OCRとの違いや失敗しない製品選定のポイント、導入の注意点を解説する。

AIが育たない、実用化できない――その致命的な理由

AIは誰が育てるの?―-それは導入したあなた自身です。その理由は? さらに、AI画像認識の精度ばかりを気にして、見落としてしまうある重要な事項についてお話します。

育てたAIが無用の長物に? 難航する教師データ集め

AI画像認識の導入にあたって「教師画像は何枚いるの?」「認識率は何パーセント?」といった疑問を多くの方が抱いています。今回は、AI画像認識を画像データ集めのポイントについて解説します。

AIがミスリードする“人件費”にまつわる誤解

AIを導入すればすぐに人件費を削減できると思っている、AIに仕事を奪われるとやみくもに恐れる――こうした間違いによって、AI画像認識の導入は頓挫してしまいます。その理由とは?

5歳の子供に負ける? AI画像認識のワナ

AIならば何でもできる、取りあえず画像を学習させよう――そう思い込んではいませんか。AI画像認識は魔法のつえでも完全無欠のエキスパートでもありません。今回は、その勘違いが生むリスクについて説明します。

Windows Server 2008サポート終了問題への対策状況(2018年)/前編

キーマンズネット会員144人を対象にアンケート調査を実施したところ、Windows Serverの利用状況やサポート時期の認識の有無などが明らかになった。

行動追跡、可視化、画像認識技術とマーケティングの関係

顔認証の精度が向上したことで、顧客の行動分析が可能となった。、販売やサービス業で新しい「おもてなし」を実現するサービスが登場する。

顔認証、顔認識で変わるセキュリティ対策

「顔認識」技術はここまで進化した。群衆の中から特定の人物を見つけ出し、10メートル離れた場所から視線の先を追う。用途は実に広い。

セルフサービスBI導入の失敗、4つのあるある事例

セルフサービスBIを漠然と導入すると、無駄な投資になりかねない。導入方法や使い方を誤らないために、あらためてセルフサービスBIへの正しい認識を紹介する。

モバイルアプリに有効なGoogleの最新技術トレンドとは

モバイルアプリやクラウド技術、検索、音声認識など、さまざまな研究開発を行うGoogle。最新技術トレンドについて、「Interop Tokyo」の基調講演で語った。

「認識」に関するIT製品情報

電話応対を60%削減 音声AIによる電話業務のRPAとは

ルーシッド株式会社

定型業務でありながら忙殺されることの多い「電話問い合わせ対応」。ホテル、不動産、医療、物流業界などが音声認識やAIチャットbotを活用して、電話業務のRPAを成功させた秘訣を学ぶ。

OS移行直後のダウンタイムや生産性低下を回避 想定しておきたい4つのシナリオ

Ivanti Software株式会社

組織内でのPC運用において、常に困難な課題として認識されているのが、OSのアップグレードだ。ダウンタイムを発生させず、エンドユーザーの環境やデータを保持したままアップグレードするには、どのようなシナリオが必要だろうか。

「働き方改革」で気付くべきITツール選びのポイントは?

ヴイエムウェア株式会社

企業の「職場」に対する認識が変化し、場所や時間を問わず、あらゆる従業員を対象とした環境整備が求められている。そこで注目されているのが、セキュリティを含めた端末管理を一元化し、一貫した業務環境を実現するITツールだ。

オペレーションを最適化 AI+文書管理システムの合わせ技とは?

ジップインフォブリッジ株式会社

紙文書の電子化は、業務効率向上やコスト削減など、さまざまなメリットが期待できる。その一方で、手作業での属性入力やOCR誤認識の補正にかかる負荷など、課題も少なくない。これらを解決する、「AI」と「文書管理システム」の融合とは?

アクセス解析ツールでは見えない“真の顧客体験”を把握し、離脱を防ぐ方法

日本アイ・ビー・エム株式会社

企業が認識している顧客体験と、実際の顧客体験にはズレが生じていることが少なくない。デジタルが社会に普及し、顧客が求める体験品質は上昇し続けている。何より、従来の解析ツールには詳細な顧客行動を把握しきれない課題があった。

「認識」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。