「tivoli 機能」に近い情報
「機能」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「機能」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「機能」に関する記事情報

Teamsとは? SkypeやSlackとの違い、メリット、おススメの移行方法をマイクロソフトに聞いた

Microsoftがコミュニケーションの主力ツールと位置付けるMicrosoft Teams(以下、Teams)だが、Skypeなどの同社製品やSlackといった他社製品と何が違うのか。メリットや効果、Teamsならではの機能、最適な移行方法は? 日本マイクロソフトに聞いた。

「Office 365」と「G Suite」の利用状況(2019)/後編

Office 365とG Suiteにはオフィスアプリケーション以外にもチャットツールやビデオ会議ツール、クラウドストレージなど数多くの機能を備える。だが、これらの機能はどこまで現場で使われているのか。多機能であることは、現場にとって“正義”なのか。実態を調査した。

「使えないマニュアル」はもういらない 操作レクチャーを自動化する「ナビゲーションツール」とは

業務システムは高機能化とともに操作も複雑化する。どの従業員でも簡単に操作できるようにマニュアルを作成するも、メンテナンスが滞りやがては「読まれないマニュアル」となっているケースもある。こうした操作マニュアルをシンプルにするのが「ナビゲーションツール」だ。

「Windows Virtual Desktop」とは? Horizon Cloud on Azureと何が違う? クラウドVDIの選び方ガイド

2019年後半にもGAが予定されるマイクロソフト純正のマネージド型VDI「Windows Virtual Desktop」に注目が集まる。Windows 10やOffice 365ユーザーにとって見逃せない機能も多い。何ができて、どう使えるか、「VMware Horizon Cloud on Azure」「Citrix Cloud」「Amazon Workspaces」と何が違うのかを整理しておこう。

グループウェアの利用状況(2019年)/後編

導入率9割に迫る勢いのグループウェア。後編では、グループウェアに求める機能を聞いたところ、利用者の4人に1人が求めている機能があった。これからのグループウェアに求められるものとは。

グループウェアの利用状況(2019年)/前編

スケジューラーや掲示板、文書管理機能などを備え、毎日のように業務で利用するグループウェア。その導入率は9割に迫る勢いだ。今、多くの組織で利用されているグループウェアはどれか。読者に聞いた。

BIツール単独でデータの前処理やAIサービスとの接続も可能に、Domo新プラットフォーム

ドーモは、同社が開発するBIツール「Domoプラットフォーム」の機能を拡張した。機械学習機能やAmazon SageMakerとの統合機能、IoT対応機能などを追加した。

Slackのbotはどこまで進化した? ユースケースに学ぶ働き方改革のヒント

DeNAやヤフーなどで活用が進むビジネス向けチャットツールのSlack。Slack TechnologiesのCTOが、最新機能を含め、Slackでどのように業務を変えられるのかを力説した。残業時間を半減させた事例もあるという。

KGIもOKRもExcel入力でOK、「SaaSなのに使いやすい」がウリの目標管理ツールとは

オシャレなデザインだけど実務で使いにくい……。そんな昨今の人材管理クラウドサービスが定着しない理由に切り込むサービスが登場した。ポイントは使いやすさと「目標管理」を重視した機能群だ。

老舗百貨店1万2000人へのG Suite導入 担当者が奮闘した4年間の記録

ある老舗百貨店企業は、新たな目標に向かい大きく変わろうとしていた。だが現場を見ると課題山積。現場環境を改善するため、15年間使い続けたグループウェアをG Suiteに刷新した。なぜ今までのものとは機能も操作性も違うG Suiteを選んだのか。

「機能」に関するIT製品情報

RPAで非構造化データ処理も自動化? コグニティブオートメーションの6ステップ

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

ビジネスプロセスの自動化で注目される「RPA」だが、中でも最大のトレンドが“認知機能”を追加し、意思決定などを支援する「コグニティブオートメーション」だ。そのメリットと、導入を成功させるための「6つのステップ」を解説する。

SIEMの制約事項を解消、分析主導型プラットフォームが求められる7つの理由とは

Splunk Services Japan

イベント関連のログ収集に限定される旧来のSIEMは、検出や調査の限界、安定性の欠如などさまざまな“制約”を抱えている。その代替案として注目される分析主導型のSIEMプラットフォームについて、基本要件や技術的機能を解説する。

小規模オフィスからデータセンターまで、幅広く活躍するオールフラッシュの要件

ネットアップ合同会社

ハイブリッドクラウド時代の標準ストレージとして、オールフラッシュアレイ市場が拡大している。従来は価格面がネックだったが、現在ではエントリーモデルでも優れたデータ効率化機能を搭載するなど、手の届きやすい存在となってきた。

大学内の不審な通信の原因特定を可能にし、多層防御体制を構築

株式会社パイオリンク

信州大学では、セキュリティ機能付きL2スイッチを導入することで学内PCネットワークの不審な通信の原因特定を可能にし、多層防御セキュリティ構築に寄与している。

学生・教職員を脅威から守る、多層防御の一角を担うL2スイッチ

株式会社パイオリンク

追手門学院大学では、脅威が侵入してくることを前提とした多層防御の対策が必要と判断。セキュリティ機能を持つL2スイッチを導入し学舎内のトラフィックを監視している。

「機能」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。