「struts1 spring 移行」に近い情報
「移行」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「移行」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「移行」に関する記事情報

Teamsとは? SkypeやSlackとの違い、メリット、おススメの移行方法をマイクロソフトに聞いた

Microsoftがコミュニケーションの主力ツールと位置付けるMicrosoft Teams(以下、Teams)だが、Skypeなどの同社製品やSlackといった他社製品と何が違うのか。メリットや効果、Teamsならではの機能、最適な移行方法は? 日本マイクロソフトに聞いた。

勤怠管理「紙のタイムカード」以外に何がある? 3つの移行先を一挙解説

勤怠管理の厳格化が求められるとはいえ、今まで使っていた紙のタイムカードシステムの乗り換え先はどこにすれればいいのでしょう? 今回は乗り換え先として考えられる3つの方法と主要なツールの特徴をまとめて紹介します。

SAPのクラウド移行先はどこに? Microsoft、AWS、Googleが支援を本格化

SAPユーザーのクラウド移行に主要プロバイダー3社がそろってシステム移行で協力する。2018年に経済産業省が発表した「DXレポート」に取り上げられたことで注目を集める基幹業務システムの「2025年の崖」。渦中の古いSAP ERPユーザーも「崖」から救うか。

「クラウドに移行したらコスト増大」が発生するカラクリ

日本企業のクラウド利用は進んでいる。なのに、どうにもコスト削減に結びついていない上にIT部門は煩雑なExcel仕事が増えがちだという。日本企業のITインフラの現状と課題を取材した。

1人情シス組織のクラウド移行にも ネットワーク運用管理アウトソーシングサービス

1人情シスでも事業所とクラウドとの間をVPNで安全に接続して運用できるアウトソーシングサービスが登場した。接続設定もウイルスチェックも任せられる。

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第4四半期および2018年)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比3.8%増の445億1400万円だった。2017年に引き続き2018年もHDDからフラッシュへの移行が進んでいるが、どう推移したか。

さよならサイボウズLive “難民”にならないために考えたい移行のこと

2019年4月15日に約8年間続いた「サイボウズLive」の提供が終了する。サイボウズLiveユーザーは難民にならないためにも移行や対策をどう考えるべきか。考えたい視点とポイントについて説明する。

社員任せのWindows 10アップデートはリスクだらけ、IT資産管理ツールでどう回避する?

Windows 7のサポート終了を目前に、Windows 10へ移行を急ぐ企業は多いが、移行して終わりではない。WIndows 10のアップデート管理という次なる問題もある。今までのようにアップデート運用を社員任せにしていては、大きなリスクを引き起こす恐れがある。

費用は? 無料版は? いま知らないとマズい企業Webサイト常時SSL対応の基礎

GoogleなどのWebサイトの多くが「常時SSL」に移行しつつある。一般企業のちょっとした「ホームページ」もこのトレンドに追従しなければ大きなリスクがある。問題の概要と対策方法を解説する。

Dropboxが変えた建設現場、増え続けるNASをどう移行した?

IT基盤の刷新に取り組む飛島建設だが、工事現場の膨大なデータ管理に苦戦していた。解決策として現場ごとに設置したNASをクラウドストレージに移行することを決意。しかし、道のりは平たんなものではなかった。成功の鍵とは……?

「移行」に関するIT製品情報

100日以内で基幹システムをクラウド移行、次世代ERPがもたらす利益とは?

日本オラクル株式会社

従来、ERPは導入にも、その効果を享受するにも時間がかかることが多かった。そこで注目されているのが、ゼロからのERP移行を100日以内で実現でき、導入初日から役職・役割に応じた環境が利用できるクラウドERPだ。

ハード保守終了が迫るIBM i――クラウド移行で注意すべきポイントとは

日本情報通信株式会社

IBM i(AS/400)は、現在もまだ多くの企業で支持を集めているが、2019年にはメーカーによるハードウェア保守が多くのモデルで終了する。そこで有力な選択肢が「クラウド移行」である。提供ベンダーをどう選ぶべきなのか。

インフラ刷新の理想形、Software-Defined Data Center導入の最も簡単な方法

ヴイエムウェア株式会社

IT部門に求められるタスクが高度化する中で、次世代型インフラへの期待感が高まっている。その理想形の1つである「Software-Defined Data Center(SDDC)」への移行において、最も簡単な方法とはどのようなものだろうか。

老朽化した仮想化基盤を移行――札幌中央信用組合が直面した3つの課題と解決策

リコージャパン株式会社

札幌中央信用組合は、拡張性やメンテナンス性、管理性が悪くなっていた仮想化基盤を刷新。既存の構成を生かした移行により、従来の運用スタイルやノウハウを引き継ぎながら、コストを抑えた移行を実現した。

ニーズごとに異なるハイブリッド環境の最適解、自社に適した使い分けの形は?

富士通株式会社

インフラを構成するさまざまな要素が仮想化され、クラウド移行のハードルは低くなっている。こうした中で有力な選択肢となったのが、オンプレミスとクラウドの共存だ。最適な使い分けをどのように実現すべきか、そのポイントを解説する。

「移行」に関する新着セミナー

業務で使っているExcelやAccessをそのまま本格DBへ移行するdbSheetClientの紹介セミナー

株式会社ニューコム

2019/10/09(水)13:30~17:00

  • 愛知県
無料 | 定員20名 | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール | データ分析

実は入れてからが大変!? Windows 10 移行事例から見えてきた運用方法を詳しく解説

横河レンタ・リース株式会社

2019/09/25(水)10:00~12:00

  • 東京都
無料 | 定員90名 | PC | 情報システム | エンドポイントセキュリティ

「移行」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。