「sp 役職」に近い情報
「sp」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「sp」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「sp」に関する記事情報

Intelが利用規約に盛り込んだ「一文」で大炎上:480th Lap

2018年1月、IntelのCPUに「Meltdown」や「Spectre」といった重大な脆弱(ぜいじゃく)性が発見されたことを覚えている人は多いだろう。セキュリティパッチが提供されたものの、適用するとシステムのパフォーマンスが下がるらしく、ちょっと気が重くなるような事件だった。

日本企業にも影響必須か NIST「SP800-171」ルールのチェックポイント

サイバー攻撃などに遭った際に求められるのは「すぐさま対応できる」ことだ。米国「SP800-171」ではどう規定しているか。概要を紹介する。

「2018年は1社にRPA100体が当たり前」知っておくべき3つの課題

 RPAのロボットは制作が簡単なこと、さまざまな業務に適応できることから、スケールに至るまでの期間が短い。ロボットが増えすぎて手に負えなくなる前に、あらかじめ課題とリカバリー方法を知っておく必要がある。NTTデータ イントラマート 久木田 浩一氏が課題を整理し「RPAとBPM(Business Process Management)を組み合わせる解決法を語った。

LINEのチャットbotと会話して日報や報告書を作成

ビズオーシャンは10月3日、「IBM Watson」の音声解析機能を利用し、LINEのチャットbotと会話することでドキュメント作成ができるサービス「SPALO」の提供を開始した。

日本は最もランサムウェア攻撃を受ける割合が高い

Kaspersky Labが、2016年度のサイバー脅威の統計を公開。1年間に検出したランサムウェアの亜種は5万4000種以上にもなった。

基幹系システムのクラウド移行は進むのか? 日本のIaaS、PaaS事情

企業のクラウド活用は一般的となったが、IaaSやPaaSの活用領域は想像以上に狭い。その理由と領域拡大のために必要なものとは?

IaaS、PaaS、SaaSの利用状況(2016年)/後編

キーマンズネット会員456人を対象にIaaS、PaaS、SaaSに関するアンケート調査を実施した。導入率や導入後の課題などの実態が明らかになった。製品別の認知度などが明らかになった。

IaaS、PaaS、SaaSの利用状況(2016年)/前編

キーマンズネット会員456人を対象にIaaS、PaaS、SaaSに関するアンケート調査を実施した。導入率や導入後の課題などの実態が明らかになった。

「DLP」シェア(2013年度)

14億円規模と見込まれる2013年度の国内DLP(Data Loss Prevention)市場。シェア情報を紹介する。

IaaS/PaaSの導入状況(2014年)

「IaaS/PaaSの導入状況」について調査を実施。「導入状況」「導入目的」「導入しない理由」など他社の気になる実態が明らかになった。

「sp」に関するIT製品情報

コストと自由度で“迷わず決めた”、EC支援サービスが認めたさくらの専用サーバ

さくらインターネット株式会社

「アシスト店長」や「楽楽リピート」など、ECサイト向けのASPサービスを提供するネットショップ支援室。同社のスピーディーかつ柔軟なサービス展開を支えているのが、低コストで自由度の高い“さくらの専用サーバ”だ。

SIEMの制約事項を解消、分析主導型プラットフォームが求められる7つの理由とは

Splunk Services Japan

イベント関連のログ収集に限定される旧来のSIEMは、検出や調査の限界、安定性の欠如などさまざまな“制約”を抱えている。その代替案として注目される分析主導型のSIEMプラットフォームについて、基本要件や技術的機能を解説する。

DevOpsの俊敏性を最大化、データ分析プラットフォームがもたらすビジネス成果

Splunk Services Japan

DevOpsでは8つのステップを絶え間なく反復するが、各ステップで異なるツールを使用すると、プロセスの可視性や俊敏性の低下を招く。この落とし穴を回避するには、データに基づいてフィードバックを提供する分析プラットフォームが必要だ。

担当するサーバは1人当たり平均59台、調査で判明したITインフラ管理の優先課題

Splunk Services Japan

オンプレミスかクラウドかを問わず、ITインフラの規模と複雑さに起因する問題から、運用能力に不安が残る企業が増えているという。2497人を対象に行ったグローバル調査で判明した「ITインフラ管理における最大の課題」とは。

APMだけでは不十分、アプリケーションの“中断”を回避するための管理手法とは

Splunk Services Japan

ビジネスアプリケーション要件のサポートでは、スピードはもとより“中断”を防ぐことが何より重要になる。だが複雑化の一途をたどるIT環境において、アプリケーション管理を最新化するためには、従来のAPMツールだけでは不十分だという。

「sp」に関する新着セミナー

セキュリティ運用の自動化を実現!Splunk Phantomご紹介セミナー

マクニカネットワークス株式会社

2019/06/26(水)15:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員16名 | ネットワークセキュリティ | データ分析 | 運用管理

Splunkを使ったマシンデータ活用セミナー

マクニカネットワークス株式会社

2019/07/12(金)10:00~12:00

  • 大阪府
無料 | 定員12名 | データ分析

Splunkハンズオンセミナー

マクニカネットワークス株式会社

2019/07/12(金)13:00~17:30

  • 大阪府
無料 | 定員12名 | データ分析

「sp」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。