「sophos server protection enterprise 価格」に近い情報
「server 価格」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「server 価格」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ERPとは?

ERP(Enterprise Resource Planning)は“統合基幹業務システム”と訳され、ヒト・モノ・カネといった企業の所有する資源を統合的に管理し、最適化するためのシステム。全業務共通のデータベースを構築し、それを中心に各業務システムがシームレスに連携する。具体的には、企業の基幹業務を統合的に管理するためのERPパッケージを指し、会計、人事、給与、販売管理、生産管理、在庫管理などの各機能を提供する。

「server 価格」に関する記事情報

Windows Server 2008のサポート終了で激震する国内VDI市場

2019年~2023年の国内クライアント仮想化関連市場は、平均成長率(CAGR)4.2%で成長し、2023年には8858億円まで拡大するという。背景には、Windows 7/Windows Server 2008のサポート終了によるVDIやSBCの需要拡大などがある。

Nutanix Acropolisにもネイティブ対応、Windows ServerのEoS対策も視野にデータ保護を強化したArcserve新版

Arcserve Japanはサーバ向けのバックアップツール2製品の出荷を開始した。イメージバックアップツールのUDP 7.0と、レプリケーションツールのRHA 18.0で、Windows Server 2019など最新のOSに対応した。

【まとめ読み】Windows Server 2008の延命策、問題の本質と実態、解決策

エンタープライズ向けサーバOSとしての完成度の高さから、多くの企業が導入したWindows Server 2008/2008 R2。サポート終了まであと1年を切った今、何をどう対策すべきだろうか。問題点と対策をまとめて解説する。

この数年で大転換を迫られる企業IT、時系列で分かる「何をいつまでにどうすればよいか」

Windows Server 2008のサポート終了への対応に注目が集まるが、問題はそれだけではない。これから2025年までの数年は企業情報システムの大転換期になる。いつ何がどうなるかを整理した。

Windows Server 2008/2008 R2を使い続ける「裏技」、今からチェックすべき6項目

2020年1月がサポート期限とされていたWindows Server 2008/2008 R2には、それ以降も使い続ける裏技がある。ただし使い続けるには「ある条件」が必要だ。急いで移行するか、じっくり移行するか?

Windows Server 2008サポート終了問題への対策状況(2018年)/後編

キーマンズネット会員144人を対象にアンケート調査を実施した。移行計画の有無や移行先のインフラ基盤など、Windows Server 2008のサポート終了に伴う企業の対策状況が明らかになった。

国内50万台に影響、Windows Serverサポート終了問題とは?

国内でいまだに50万台が稼働する「Windows Server 2008」および「2008 R2」の延長サポート終了の期日が2020年1月14日に迫る。アップグレードだけではない、戦略的なシステム更新の選択肢を見ていこう。

Windows Server 2008サポート終了問題への対策状況(2018年)/前編

キーマンズネット会員144人を対象にアンケート調査を実施したところ、Windows Serverの利用状況やサポート時期の認識の有無などが明らかになった。

次のWindows Serverサポート切れが来るまでに、日本企業が取るべきアプローチ

日本企業のクラウド利用は「虫食いだらけ。あと数年で立ちゆかなくなる時期が来る」――ではどうすればよいか? 世界中の企業の変革を支援した実績から導き出された「いま日本企業がやるべきこと」を聞いた。

3時間でハイブリッドクラウド構築できるデルのアプライアンス製品とは?

デルのサーバやストレージに「Windows Server 2012」や「Windows Azure Pack」が搭載されたアプライアンスが登場した。

「server 価格」に関するIT製品情報

サポート終了目前のWindows Server 2008/R2、今からでも間に合う延命策とは?

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

2020年1月にEOSが迫るWindows Server 2008/R2だが、時間の制約からリプレースが難しいケースも多い。そこで、体制が整うまで既存OSを延命したい企業に注目されているのが、現環境のまま手間なく移行できるクラウドサービスだ。

迫るWindows Server 2008のサポート期限、延命必須のシステムをどう守る?

兼松エレクトロニクス株式会社

仮想ネットワークによるマイクロセグメンテーションは、標的型攻撃の被害を防ぐのに効果的なセキュリティ対策だ。特に、サポート期限が迫るWindows Server 2008の延命や、製造業の拠点システムなどにおいて強力な効果を発揮する。

公開型生体認証基盤「Biometric Signature Server」

株式会社日立ソリューションズ

「PBI(Public Biometrics Infrastructure)」認証技術を用いることで、生体情報の管理を不要にしながら高いセキュリティと利便性を実現した生体認証基盤ソリューション

Windows Server 2008のEOSまでに終わらせる、Azure移行の3つのステップとは?

Veeam Software Japan 株式会社

Windows Server 2008の延長サポート終了が迫り、既存環境をAzureなどクラウドサービスへ移行する機運が高まっている。移行に必要な準備やテストといったプロセスを効率化し、短期移行を確実に実現するための3つのステップを解説する。

Windows Server 2008のEoSを機に考える、サーバ構成“全面刷新”のコツ

シネックスジャパン株式会社

Windows Server 2008/R2のサポート終了に伴い、多くの企業が移行作業に追われる昨今だが、単純リプレースよりもITインフラの全面刷新が最適な場合もある。企業の課題別に、サーバ移行や統合、仮想化など、最適な方法を提案する。

「server 価格」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。