「smdr課金装置とシステム料金」に近い情報
「sm」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「sm」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「sm」に関する記事情報

クラウドサービス選定を効率化する 新セキュリティ評価制度「ISMAP」とは

2020年6月、政府機関のクラウドサービス調達にフォーカスしたセキュリティ評価制度「ISMAP」がついにスタートした。ISMS認証などの評価制度や各種基準とは何が違い、民間企業などではどう生かせるのか? 制度のポイントを整理しておこう。

クラウドサービス選定を効率化する 新セキュリティ評価制度「ISMAP」とは

2020年6月、政府機関のクラウドサービス調達にフォーカスしたセキュリティ評価制度「ISMAP」がついにスタートした。ISMS認証などの評価制度や各種基準とは何が違い、民間企業などではどう生かせるのか? 制度のポイントを整理しておこう。

RPAに150のAIモジュールを連携可能に、老舗RPAベンダーの意地と底力

老舗RPAベンダーのBlue Prismが、日本市場での活動強化を宣言した。決して、日本市場に早期に乗り出せたとはいえない同社だが、他社製のRPAツールからの移行案件も増えているという。どのような強みを推し出しているのか。

RPAをAzure上で米国連邦政府機関に提供可能に、Blue PrismがProject Hostsと提携

Blue Prismは、FedRAMP認定を受けたProject Hostsと提携関係を結んだ。これにより、Connected-RPAをMicrosoft Azure上のクラウドサービスとして米国連邦政府機関に提供できるようになる。

ROIは560%、事務職20人減でも残業ゼロに――昭和リースのRPA導入、現場では何が起きていた?

RPAで「ROI 560%」を実現した昭和リース。バックオフィスの人員を減らしながら、残業もゼロにした同社がBlue Prismのイベントで講演。完全に内製しているプロジェクトの裏側と成功のポイントを語った。

「国内SMB IT市場」今後成長が見込まれる産業はどれ?

IDC JapanはSMB(中堅中小企業)におけるIT支出の成長予測を発表した。PCのリプレースや増税により、順調な成長が見込まれるという。今後、IT支出が拡大する産業はどれか。

業務自動化の切り札「プロセスマイニング(Process Mining)」とは何か

生産性向上の切り札、業務標準化。標準化は将来的な自動化の第一歩でもあるが、多くの企業が失敗を経験する。その理由は「業務の真実」を発見できないことにある。いま、この課題を解決する手法として「プロセスマイニング」に注目が集まっている。本稿ではまず概要を見ていく。

老舗RPAベンダーの野望 「第三の労働力」のインテリジェント化とは?

2001年に創業した英Blue Prismは、主要なRPAベンダーの中では最古参の部類に入る。インテリジェント機能を強化した最新バージョンは業務自動化に何をもたらすのか。

中堅・中小企業のIT支出、プラス成長は2019年までか

国内の中堅・中小企業(SMB)向けIT市場は、2019年までプラス成長が予想される。しかし、2020年以降は、消費税の増税などによって成長が鈍化する可能性が高い。

「2018年は1社にRPA100体が当たり前」知っておくべき3つの課題

 RPAのロボットは制作が簡単なこと、さまざまな業務に適応できることから、スケールに至るまでの期間が短い。ロボットが増えすぎて手に負えなくなる前に、あらかじめ課題とリカバリー方法を知っておく必要がある。NTTデータ イントラマート 久木田 浩一氏が課題を整理し「RPAとBPM(Business Process Management)を組み合わせる解決法を語った。

「sm」に関するIT製品情報

3カ月で20業務をデジタル化。ミス30%減、スピードは2倍に

株式会社ドリーム・アーツ

日本特殊陶業の人事部門では、これまで紙・Excelで行っていた申請業務の効率化とミスの低減のため、人事部門自ら「SmartDB」で業務のデジタル化を進めた。

大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB(スマートデービー)」

株式会社ドリーム・アーツ

プログラミング不要!ノーコードで業務をデジタル化できるクラウドサービス。幅広い業務をカバーする機能を備え、部門を横断する複雑な業務フローにも対応可能。

AI/機械学習で顧客からの問い合わせ対応を迅速化、事例で学ぶAPI活用の秘訣

Twilio Japan合同会社

SMSやチャット、音声通信を統合し、AIの活用で顧客問い合わせへのタイムリーな回答を実現するとして注目される「コミュニケーションAPI」。その特長を端的に解説するとともに、実際に顧客体験を向上させた2社の活用事例を紹介する。

Webシングルサインオン 「Evidian Web Access Manager」

EVIDIAN-BULL JAPAN株式会社

Webアプリ/サービスのためのシングルサインオンと認証連携

顧客体験を損なう電話対応の「待ち時間」、オペレーターを増やさず解決するには

株式会社インターコム

電話問い合わせ対応の長時間化は、顧客満足度の低下を招く重大な課題だが、人員増員や回線増加はコスト面の負担が大きい。そこで注目したいのが、専用Webサイトへの誘導や折り返し電話の予約受付をSMS経由で行える「ビジュアルIVR」だ。

「sm」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。