「siルーター とは」に近い情報
「si」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「si」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ルーターとは?

ルーターとは、ルーティング(ネットワーク上で相手のノードにデータを送信するための経路を決定すること)する機器。もう少し具体的に言うと、異なる2つ以上のネットワークを中継(相互接続)するための通信機器である。あるノードにデータを伝送するために利用するのが、IPというOSI参照モデルの第3層(ネットワーク層)のプロトコルである。IPでデータを伝送するには、データをパケット(IPパケット)という小さな塊に分割し、そこに送信元IPアドレス、送信先IPアドレスなどの伝送するために必要な情報も併せて格納する。ルーターは送られてきたIPパケットを経路表(ルーティングテーブル)に基づき経路選択するという役割を担う。

「si」に関する記事情報

SIer依存体質のニッポン企業が考えるべきIaaSベンダーの選定ポイント

企業におけるパブリッククラウド活用の動きも鮮明になってきた。しかし、システムだけでなくクラウド活用においてもSIer依存体質が色濃く残る国内企業には幾つかの課題がある。

Chromium版Edgeの「IEモード」は仕事で使える? セキュリティや仕事効率化の便利機能もチェックした

Windows 10の標準ブラウザとなった「Chromium版Edge」は果たして仕事に使える? 「Silverlight」でできたWebサイトはどうする? 「Active X」は動く? 実際の使い勝手をレビューした。思いの他「使える」機能も紹介する。

地場のSIerは生き残れるか? IT支出に見る地域格差

2020年の国内IT市場は前年のPC更新需要などの反動があってか、落ち着きそうな気配だ。しかし2021年以降の市場を見ると、IT支出が伸びる地域とそうでない地域があり、地域格差が生じることが分かった。

2020年は何が“来る”のか? エンタープライズITを占う10大予測

2020年は「as a Service」の考え方はSIerにも求められ、働き方改革も次のフェーズへと移るだろうとIDC Japanは考える。これに対して、組織は何を考え、どう意識転換するべきか。

Google vs. IBM、「量子超越性」で大混乱? 何が起きているのか:536th Lap

突然「量子コンピュータ」の話題でIT業界が持ち切りだ。その計算力は従来のコンピュータを「古典コンピュータ」と称してしまうほどだが、誰も真の実力は分からなかった。Googleが「実証した」と言い出すまでは……。

ハードウェアトロイとは? LSIに隠された不正回路を検知する技術に迫る

スパイウェアの代表格である「トロイの木馬」は、セキュリティに関心のある方ならご存じだろう。システムに潜伏し、あるきっかけで活動を開始し、システム内の情報を外イブ外部に流出したり、改ざん、破壊活動を行ったりする厄介なマルウェアだ。そのハードウェア版「ハードウェアトロイ」が猛威を振るいつつある。

どん底の町工場が手組みの基幹システムでV字回復、過去最高益を出せたワケ

従業員約30人で事業を支える今野製作所。リーマンショックの打撃で売り上げが激減、窮地に立たされた。業績回復に向け取り組んだのは特注品製造の強化。しかし、そのためには生産工程の合理化が必須だった。そこで、SIに頼らず自力で基幹システムの開発に乗り出した。

Twilioが日本法人設立、電話APIを軸にコミュニケーションサービス開発の支援に本気

クラウド型次世代コンタクトセンターソリューションとして、既に多くの実績を持つTwilioが日本法人を設立。国内企業のデジタル変革(DX)拡大を商機とみて日本市場のDXニーズを拾う作戦だ。SIパートナーを拡大し、技術者育成も急ぐ。

「やっぱりPC-8001」“往年のPCキッズ”たちの夢をかなえるプロダクトが新登場か:525th Lap

全国の“往年のPCキッズ”たちがうれしくてうれしくて震える………? 「僕らのあのときの夢」をかなえるプロダクトがついに登場した。N-BASICのプログラムも打ち放題らしい。

お前もか! Siriとの会話が第三者に盗み聞きされている疑惑が浮上:524th Lap

セキュリティやプライバシー保護にはかなり厳格な態度をとってきたAppleが、Siriの音声データを利用者の意図しない方法で使っていた可能性があるという。テロリストのスマホロックすら拒んできた会社が、まさかそんなことをするなんて。

「si」に関するIT製品情報

AIと機械学習で「需給計画」を支援、“真の価値”を引き出す自動化の手法とは?

SAS Institute Japan株式会社

人工知能や機械学習を用いた自動化技術が急速に発展し、さまざまな分野で実用化が進んでいる。その中でも「需要計画」の分野において、新しいビジネス戦略の創出にもつながるインテリジェントな自動化を実現する手法を紹介する。

高度化するサイバー攻撃を低コストで-死角のないセキュリティ対策の実現法とは

日本情報通信株式会社

インシデントの検知と対応の迅速化に欠かせないSIEM製品。しかし、従来の製品は専門スキルを要することが導入のハードルとなっていた。そこで低コストかつ、セキュリティアナリストによる導入サポートも付随したサービスが注目されている。

顧客に最適なオファーを0.5秒で計算、テレコム業界に見るアナリティクス活用術

SAS Institute Japan株式会社

変化の早いテレコム業界で勝ち残るため、多くの通信事業者が顧客体験の改善に取り組んでいる。ここで重要となるのが、接触してきた顧客が関心を持ちそうなオファーを瞬時に計算できるようなアナリティクス環境の整備だ。

Dynamics 365 Business Central(ERP/基幹システム)

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

世界16万社以上の導入実績。多言語・多通貨対応ERP

統合基幹ソリューション「WorkVision販売管理」

株式会社WorkVision

販売管理システムの効率化・迅速化を実現し、業務パフォーマンスを大きく向上させる

「si」に関する新着セミナー

【オンライン開催】Dynamics 365 Business Central 製品紹介ウェビナー

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

2020/04/10(金)14:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 基幹系システム

Dropbox Business(企業向けDropbox)オンラインセミナー

株式会社サテライトオフィス

2020/04/03(金)14:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員80名 | ストレージ | 情報共有システム・コミュニケーションツール

次世代のOSSライセンス&セキュリティ管理ツールFOSSID紹介セミナー

テクマトリックス株式会社

2020/05/27(水)15:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員10名 | 開発

「si」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。