「service now cti連携 cisco」に近い情報
「service now」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「service now」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説コールセンター/CTIとは?

CTI(=Computer Telephony Integration)は、もともとはコンピュータと電話を統合的に扱うためのテクノロジーで、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用されている。従来CTIの導入に当たっては、PBXをコールセンタごとに設置する必要があったが、その後PBXが不要なunPBXタイプやソフトスイッチタイプのソリューションが登場した。

「service now」に関するIT製品情報

バックオフィス業務のサイロ化を解消、アフラックのDXを支えるプラットフォーム

ServiceNow Japan 株式会社

デジタル技術に長けた新規企業の参入により、既存企業にも変革の波が迫っている。グループウェアの刷新で開発期間を3分の1に短縮し、バックオフィス業務のUI/UX向上を実現したアフラックの事例から、デジタル変革の秘訣を探る。

問い合わせ対応時間を3分の1に、大学の事例で学ぶITサービスデスク改善の秘訣

ServiceNow Japan 株式会社

組織拡大に伴い、ITサービスデスクの対応遅延が問題となっていた沖縄科学技術大学院大学。人員不足とITポータルの性能不足という2つの課題を解消し、問い合わせ件数と対応時間を大幅に減少したプラットフォームの実力とは?

Excelベースの案件・要員・予実管理に限界――アクセンチュアが選んだ打開策は

ServiceNow Japan 株式会社

Excelベースによる案件・要因・予実管理に限界を感じていたアクセンチュア。プロジェクトの進捗状況や問題の可視化、人的リソースの多角的な管理の2点を目指し、同社が選んだあるソリューションの機能と導入効果に迫る。

ITSMでは対応しきれない、マルチクラウド時代のシステム運用課題の解決策とは?

ServiceNow Japan 株式会社

ITシステム運用にまつわる課題は尽きない。マルチクラウドをはじめ、環境の変化は激しく、運用の複雑化やインシデント対応の負荷が増している。ITILに沿ってITSMを導入するだけでは対応しきれない現状に、解決策はないものか。

サービスの可用性を劇的に改善、ITオペレーションマネジメントツールの要件とは

ServiceNow Japan 株式会社

多くの組織が抱えるサービスのダウンタイムリスクを解消するためには、IT環境の可用性を追求することが欠かせない。そこで必要となるのが、アラート対応やリソースの割り当てを効率化する、ITオペレーションマネジメント(ITOM)だ。

「service now」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。