「seqcd 意味」に近い情報
「se」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「se」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「se」に関する記事情報

2020年は何が“来る”のか? エンタープライズITを占う10大予測

2020年は「as a Service」の考え方はSIerにも求められ、働き方改革も次のフェーズへと移るだろうとIDC Japanは考える。これに対して、組織は何を考え、どう意識転換するべきか。

O365やG Suiteのメールアーカイブもクラウドで――Aecserveがクラウドサービスを拡充

クラウドメールのアーカイブを安心して長期保存するには、メールシステムと別でメールアーカイブを持つ必要がある。監査や訴訟、インシデント対応に必須のシステムをシンプルに利用できるサービスが登場した。

「EDR」とは何か? 比較される「EPP」と何が違うか

既存の防御の網の目をすり抜けて侵入した脅威に対し、効果を発揮するEDR(Endpoint Detection and Response)。導入企業からは「効果がイマイチ分かりにくい」「運用が難しい」の声も聞くが、EDRの正しい認識や選定方法、運用のポイントを知ることで、その本来の価値を引き出せる。

PC調達の根本を変える「Device as a Service」リースとは何が違うのか?

2~3年ほど前から大手ベンダーが提供し始めた「Device as a Service(DaaS)」。まだ誕生して間もないサービスで、ユーザー企業の理解も漠然(ばくぜん)とした状態だ。単に「PCの運用管理を丸投げできるサービス」と考えられているようだが、DaaSの本質的なメリットはそこではないという。

RPAが「as a Service」化すると、中小企業にどんなメリットがもたらされるのか?

Automation Anywhereが「RPA as a Service」というコンセプトを掲げ、クラウド環境でもロボットを展開、活用できる新製品を発表した。大企業だけでなく中堅・中小企業における自動化を助けるというが、具体的にどのようなメリットがあるのか。

Arcserveが国内でクラウドバックアップ/DRサービス強化、自前でDCを提供

Arcserve Japanがクラウドバックアップ、ディザスターリカバリー(DR:災害復旧)施策を強化。自前のデータセンター提供の他、小規模拠点やエッジデバイスの一元バックアップを視野に入れたサービス提供を開始する。

ServiceNowとは何か、企業全体の働き方改革にどう効くか

ServiceNowがいよいよ非IT部門を含む日本企業の業務改革全般に本腰を入れる。ITサービスマネジメントで培った標準化と運用のノウハウを、人事やマーケティングその他、全社ワークフローの標準化に適用すべく、エコシステムを拡大する。

Windows Server 2008のサポート終了で激震する国内VDI市場

2019年~2023年の国内クライアント仮想化関連市場は、平均成長率(CAGR)4.2%で成長し、2023年には8858億円まで拡大するという。背景には、Windows 7/Windows Server 2008のサポート終了によるVDIやSBCの需要拡大などがある。

AI画像認識の導入はベンダー任せでいい? 現場が必ずやるべきこと

AI画像認識の導入や活用において、必要な作業をベンダーに丸投げしては期待した効果が得られないまま取り組みが頓挫したり、システム改修のたびに多額のコストが発生したりしてしまいます。現場で必ず行うべきこととは何でしょうか。キーワードは、「内製化」ではなく「DIY(Do It Yourself)」です。

Nutanix Acropolisにもネイティブ対応、Windows ServerのEoS対策も視野にデータ保護を強化したArcserve新版

Arcserve Japanはサーバ向けのバックアップツール2製品の出荷を開始した。イメージバックアップツールのUDP 7.0と、レプリケーションツールのRHA 18.0で、Windows Server 2019など最新のOSに対応した。

「se」に関するIT製品情報

Oracle Database 19cの可用性対策、SE2ライセンスにおける最適解は?

サイオステクノロジー株式会社

Oracle Database 19cで見直されたライセンス体系の影響を特に受けるのが、DBをRAC構成で運用しているケースだ。SE2ライセンスではRACそのものが利用できない。そこで代替策として注目されるのがHAクラスタ構成だ。

コンテナ基盤の運用は楽になる? 「VMware Enterprise PKS」の使い勝手を検証

三井情報株式会社

仮想化基盤に続く次世代インフラと目されるコンテナ環境。ただ、代表的な運用ツールのKubernetesでは不足する機能も多い。そこでエンタープライズレベルの運用ツールの1つ、「VMware Enterprise PKS」を使い、運用負担の変化を検証した。

最大90%のテスト工数削減を実現、デンソーも導入したテスト自動化ツールとは

株式会社SRA

テスト自動化ツールではSeleniumがメジャーだが、利用するにはスキル習得と作成したテストコードにもテストが必要という課題がある。そこで効果的なのが、ノンプログラミングでWebアプリケーションテストを自動化するツールの導入だ。

RPAの「as a Service」化、botストアの登場――RPAの内製化を助ける最新情報

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

RPA(Robotic Process Automation)を導入した多くの企業が、その内製化に課題を抱える。クラウド環境でもロボットを展開・活用できる「RPA as a Service」や、ロボットのテンプレートをダウンロードできるbotストアが解決策になるという。

Oracle DBユーザーの可用性問題、SE2ライセンスへの制限強化にどう対応する?

サイオステクノロジー株式会社

Oracle Databaseでは可用性確保のための拡張機能としてRACが提供されているが、SEシリーズの最新版では、ライセンス体系の変更や制限事項の強化が起きている。それによりユーザーには、どんな課題が生じるのか。解決策と合わせて解説する。

「se」に関する新着セミナー

【Webセミナー】Oracle Database 技術者のための PostgreSQL

富士通株式会社

2020/03/17(火)13:05~14:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | サーバー | 運用管理 | 開発

【3/5 東京】Cybereason Security Analyst Meetup

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

2020/03/05(木)14:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員50名 | エンドポイントセキュリティ

【3/10 大阪】Cybereason Security Analyst Meetup

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

2020/03/10(火)14:30~17:00

  • 大阪府
無料 | 定員50名 | エンドポイントセキュリティ

「se」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。