「sap 2025年」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「sap 2025年」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「sap 2025年」に関する記事情報

SAPが「2025年の崖」転落期日を延長、現行ERPは20年保証を明言

SAPの2025年問題について、SAP自身が延長を表明した。少なくとも2025年以降、5年間の猶予を提示する一方で現行のS/4HANAは今後20年間の保証を確約した。

SAPのクラウド移行先はどこに? Microsoft、AWS、Googleが支援を本格化

SAPユーザーのクラウド移行に主要プロバイダー3社がそろってシステム移行で協力する。2018年に経済産業省が発表した「DXレポート」に取り上げられたことで注目を集める基幹業務システムの「2025年の崖」。渦中の古いSAP ERPユーザーも「崖」から救うか。

RPA×AI連携を数クリックで――Connected-RPAが実現する世界

大手製薬会社のファイザーが、RPAとOCRの連携で22万時間分もの作業を削減しました。AIとの連携でも大きな成果を上げています。また、ある企業はSAPの2025年問題の解決策としてRPAの活用を考えています。RPAを上手に使っていく上で重要なトレンドを紹介します。

SAP ERPの「2025年問題」とは? 概要と対策

人手不足が本格化するといわれる2025年。この年、企業の基幹業務を支えてきた古い「SAP ERP」の保守サポートが終了する可能性がある。導入プロジェクトをけん引してきた人材が不在になる前に検討しておくポイントは?

「sap 2025年」に関するIT製品情報

80%が移行に未着手のSAP S/4HANA、課題となる影響分析をどう効率化すべきか

Panaya Japan 株式会社

基幹システム「SAP ERP 6.0」のサポートが2025年に終了する。移行に未着手の企業が80%を占めるが、まだ時間があると楽観はできない。SAP S/4HANAは進化が大きく、移行負担が重いため、アウトソース先の枯渇は既に始まっているのだ。

SAP ERPからS/4HANAへの移行、選択肢は「オンプレ」と「プライベートクラウド」

株式会社アイブリッジ

2025年にSAP ERPのサポートが終了する予定だ。移行に必要なインフラの切り替えは簡単ではないため、今から移行準備を進めないと間に合わない可能性がある。本稿では、S/4HANAに移行するときに検討しておきたい事柄について詳しく説明する。

SAPユーザーに迫る「2025年問題」、今後も安心して使い続けていくためには ?

株式会社アイブリッジ

世界中で広く使われるSAP ERP。自社の業務に合わせカスタマイズするユーザーも多いが、バージョンアップ時には負担も伴う。2025年までのサポート期限もある。コストを削減しつつ今後も安心してSAPを使い続けるには、どうすればいいのか。

SAPユーザーに迫る2025年問題、SAP S/4HANAへの移行課題をどう乗り越えるか

Panaya Japan 株式会社

SAP ERPユーザーにとって保守期限を迎える「2025年問題」が大きな悩みの種となっている。だが、後継製品への移行にはさまざまな障壁が立ちはだかる。有力な選択肢であるシステムコンバージョンを例に、その最適な移行計画を探る。

「sap 2025年」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。