「sap 企業」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「sap 企業」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「sap 企業」に関する記事情報

20年たってこう変わった、SAPのCRM、BI、ERP最新事情

SAPによると、国内企業のCRM、BI、ERPのシステム対応にはまだまだ課題点が残るという。それぞれの分野における“マズイ”点を指摘するとともに、SAPのSaaSの特徴を深掘りする。

RPA×AI連携を数クリックで――Connected-RPAが実現する世界

大手製薬会社のファイザーが、RPAとOCRの連携で22万時間分もの作業を削減しました。AIとの連携でも大きな成果を上げています。また、ある企業はSAPの2025年問題の解決策としてRPAの活用を考えています。RPAを上手に使っていく上で重要なトレンドを紹介します。

中堅企業にSAPが提案する「脱・入力業務」とはどんなものか

現場の細かな業務データをくまなく拾って会計監査などにも耐える業務フローを整備するには、大きなシステム導入でないとムリ? 「今と変わらぬ人員で効率よく運用したいなら入出力業務をなくしてしまえばよい」こんな潔ぎ良い提案が聞こえてきた。さて、どんな仕掛けか。

SAP ERPの「2025年問題」とは? 概要と対策

人手不足が本格化するといわれる2025年。この年、企業の基幹業務を支えてきた古い「SAP ERP」の保守サポートが終了する可能性がある。導入プロジェクトをけん引してきた人材が不在になる前に検討しておくポイントは?

AIを活用する次世代ERPの実力

ビジネスのデジタル化が加速し、企業はより正確で素早い意思決定が必要となった。AIを活用する次世代型ERP製品として「HUE」と「SAP S/4HANA」を紹介しよう。

「sap 企業」に関するIT製品情報

80%が移行に未着手のSAP S/4HANA、課題となる影響分析をどう効率化すべきか

Panaya Japan 株式会社

基幹システム「SAP ERP 6.0」のサポートが2025年に終了する。移行に未着手の企業が80%を占めるが、まだ時間があると楽観はできない。SAP S/4HANAは進化が大きく、移行負担が重いため、アウトソース先の枯渇は既に始まっているのだ。

従来の考え方が通用しないクラウドERP――導入・評価における適切な進め方とは

SAPジャパン株式会社

クラウドERPに対して、企業独自の処理や従来機能の再現性を重視するよりも、クラウドならではの優位性を評価し、業務の効率化や柔軟性を重視する企業が増えてきた。このようなマインドシフトが、いま必要とされる理由とは。

クラウドERPの5つのビジネス価値:コストやコンプライアンスにもたらす変化とは

SAPジャパン株式会社

クラウドファースト戦略を多くの企業が進める中、基幹システムを担うERPにもその波が押し寄せている。そこでコストやコンプライアンスなど5つの側面から、クラウドERPがもたらすビジネス価値を考察する。

業績を左右する人材開発、企業の将来を支えるタレントマネジメントの在り方とは

SAPジャパン株式会社

2700人以上の経営幹部を対象としたグローバル調査によると、企業の業績と人材開発には強い相関関係があるという。各企業による要員管理の傾向やリーダーシップ開発への取り組みから、将来のタレントマネジメントの在り方を探る。

リソース・お金・戦略の「3つの不足」 中堅・中小企業はどれから解消すべき?

SAPジャパン株式会社

中堅・中小企業にとって、リソース・お金・戦略の不足は永遠の課題といえる。ただでさえ不足に悩む企業がこれらを同時に解決するのは難しいため、まず改善に着手したいのが「リソース不足」だ。その理由と解決策を解説する。

「sap 企業」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。