「rpa製品比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「rpa製品比較」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説RPAとは?

RPA(Robotic Process Automation、ソフトウェアロボットによる業務自動化)とは、人間の作業を自動化する仕組みのこと。異なるシステム間のデータやExcelの転記作業などを「ミスなく、素早く、正確に」行うため、働き方改革の一助になるという期待は大きい。

「rpa製品比較」に関する記事情報

AI導入「必要」86%、実際の導入率は18%……RPAと混同する声も

「AI」ブームの盛り上がりは衰えを知らず、2019年も技術導入から開発、人材育成など多方面で話題が盛り上がった。調査では、現場のAI利用もさらに現実味を帯びていることが分かった一方で、AIに対する誤った認識も浮かび上がった。

「コグニティブオートメーション」とは? 単独で高度な認識が可能なRPAで何ができるようになるか

単純作業の自動化に向くとされてきたRPA。少しの画面の変更でエラーが出ることもあり、扱いが難しいことも理解されつつある。こうした中、RPAにコグニティブ機能を搭載した製品が登場した。どこまで自動化できるだろうか。

1000社の働き方改革事情――RPAの導入率は? 次に注目する技術は?

IDC Japanが約1000社を対象に働き方改革の動向を調査。企業における取り組みの実施状況や、改革をけん引する業種、働き方改革を背景に導入、注目されているテクノロジーが明らかになった。RPAの導入率は? 企業が注目している技術は?

「Power Automate」とは? 無料で使えるMicrosoft公式の脱Excel RPAツールでできること

Microsoft純正のエンドユーザーコンピューティング基盤の製品群が「Power Platform」だ。脱Excelツール、セルフサービスBI、RPA……と、今までマイクロソフトテクノロジーの周辺技術とされてきた内容を丸ごと取り込んだ機能の全体像を把握しておこう。

AIやRPA時代に求められる「共感スペシャリスト」とは?

UiPathの代表取締役社長CEOを務める長谷川康一氏は、RPAやAIを活用することの本当の価値は、人間が「共感」する心を持てるようになることだという。

RPAが乗っ取られてシステムが破壊される――ロボット時代のセキュリティに不可欠なものとは

 RPA(Robotic Process Automation)やクラウド利用が進む中、「管理者権限の乗っ取り」というリスクが浮上している。これに対処する方法は。

営業部門の業務課題とIT活用(2019年)

キーマンズネットは2019年11月に「営業部門の業務課題」に関するアンケートを実施した。営業部門が今後導入を検討しているITツールの1位はRPAであることなどが明らかになった。

5分で約300件の怪しいリストを作成 富士通製「“転売er”捜索ロボ」の仕事ぶりは?

川崎フロンターレと富士通は、チケットの不正転売をRPAによって自動的に発見する実証実験を行った。5分で最大約300件の不正転売チケットをリスト化したというが、その仕組みは?

中堅中小企業にRPAが普及する日はくるのか

「RPAを開発できる人材がいない」「RPA化できるだけの大量の定型作業がない」「コストをかけられない」といった理由で、中堅中小企業にとってRPA導入のハードルはまだまだ高い。この課題に対する解決策を各ベンダーが打ち出し始めた。ざっくりと、どのようなものがあるのかを見ていきたい。

日本RPA市場に乗り込んだ「Kofax」台頭なるか――感情を読み取るAIで機能強化も

インテリジェント・オートメーション(IA)分野で実績を持つKofaxが、同社のIAプラットフォームの機能強化と日本市場における戦略を発表した。他社のRPA製品とは何が違うのか。

「rpa製品比較」に関するIT製品情報

経理業務の自動化で工数を約10%削減、事例に学ぶRPA製品選びのポイントとは?

ロジウム株式会社

バックオフィス業務を自動化/効率化する手段として、多くの企業から注目されるRPA。経理部門の人員不足を解消し、全体工数を約10%削減した企業の事例から、RPA製品選定のポイントや、サポート体制の重要性を読み解く。

効果的な業務自動化を、利用者目線のサポートで中小企業のニーズに応えるRPA

ロジウム株式会社

業務効率化の有効策として注目されるRPAだが、成果を上げるには業務課題に適した製品選びが重要になる。そこで有効なのが、価格や用途など幅広いビジネスニーズに応えるだけでなく、利用者目線で開発されている“人ありきのRPA”だ。

開発ツールやRPA機能も搭載、「基幹系/情報系統合ソリューション」の実力とは

株式会社OSK

業務効率化に向け、基幹系/情報系システムの活用が進んでいる。その一方で、データの二重入力や転記ミスなど、改善の余地は大きい。そこで注目したいのが、基幹系/情報系システムを同一プラットフォームで運用できるソリューションだ。

システム運用には「RPA」より「RBA」? 3ステップで進めるシステム運用自動化

株式会社野村総合研究所

システム運用の負担減のためRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を検討するケースがあるが、自動化対象が限定的だ。システム運用に適した自動化の3ステップと、「RBA(ランブック・オートメーション)」について紹介する。

クラウド&Webベースの最新RPA製品は従来型のツールからどう変わったのか?

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

業務プロセスが複雑化する中、デスクトップレベルの業務自動化だけでは大きな成果は得難い。RPAの導入には全社展開を見据え、業務、開発、管理部門全ての利便性を考慮したRPAが効果的だ。新機能を含むWebベースの製品特徴を見ていこう。

「rpa製品比較」に関する新着セミナー

RPAだけじゃない!今、注目の「EAI」とは?!パート2 ~デジタルなデータをフル活用する時代へ~

日本電通株式会社

2020/02/25(火)15:00~15:45

  • オンラインセミナー
無料 | 定員50名 | 基幹系システム | データ分析 | 運用管理

「OCRの勘所」~OCRとRPAで真の業務改善を~

日本電通株式会社

2020/02/14(金)15:00~16:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員50名 | 基幹系システム | PCソフト | 運用管理

【Webセミナー】第8回RPAで経理部門の働き方改革

株式会社日立システムズ

2020/02/14(金)11:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員10名 | 基幹系システム | 情報システム

「rpa製品比較」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。