「rpa 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「rpa 違い」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説RPAとは?

RPA(Robotic Process Automation、ソフトウェアロボットによる業務自動化)とは、人間の作業を自動化する仕組みのこと。異なるシステム間のデータやExcelの転記作業などを「ミスなく、素早く、正確に」行うため、働き方改革の一助になるという期待は大きい。

「rpa 違い」に関する記事情報

中堅・中小製造業のRPA導入、AI、IoT活用の実際は? 事例で理解する自動化のコツ

製造系の企業が既存のシステムを生かしながら生産性を高めるには、RPAやAIなどを頼るのも一案だ。機械、現場、基幹系……今ある3つの情報を今あるシステムを生かしながら効率化し、生産性向上につなげる方法を取材した。

基幹システムをRPAでストレスフリーに? 中小企業が考えた妙案とは

フルスクラッチで開発した基幹システムをERPに置き換えたものの、現場からは「帳票を出力するのにワンアクション増えた」といった声が数々寄せられた。そこで、“ストレスフリー”の基幹システムに変えるためにRPAの活用を思い付いた。

AI、RPAで不動産の「2大闇作業」を変えた――オープンハウス情シスの奮闘

不動産業界の旧態依然とした業務から脱却を図るオープンハウス。AI・RPAを活用した3つのプロジェクトは、現場の業務を劇的に変えた。情シスが挑むプロジェクトの舞台裏とは。

RPA、読者が1番利用しているツールは? 実態調査

RPA(Robotic Process Automation)がもてはやされる一方、その課題や失敗事例もクローズアップされているが、実際はどうなのか。また、RPAを利用中の企業はどのベンダーのツールを使っているのか? 9つのツールの順位が明らかに。

AI導入「必要」86%、実際の導入率は18%……RPAと混同する声も

「AI」ブームの盛り上がりは衰えを知らず、2019年も技術導入から開発、人材育成など多方面で話題が盛り上がった。調査では、現場のAI利用もさらに現実味を帯びていることが分かった一方で、AIに対する誤った認識も浮かび上がった。

「コグニティブオートメーション」とは? 単独で高度な認識が可能なRPAで何ができるようになるか

単純作業の自動化に向くとされてきたRPA。少しの画面の変更でエラーが出ることもあり、扱いが難しいことも理解されつつある。こうした中、RPAにコグニティブ機能を搭載した製品が登場した。どこまで自動化できるだろうか。

1000社の働き方改革事情――RPAの導入率は? 次に注目する技術は?

IDC Japanが約1000社を対象に働き方改革の動向を調査。企業における取り組みの実施状況や、改革をけん引する業種、働き方改革を背景に導入、注目されているテクノロジーが明らかになった。RPAの導入率は? 企業が注目している技術は?

「Power Automate」とは? 無料で使えるMicrosoft公式の脱Excel RPAツールでできること

Microsoft純正のエンドユーザーコンピューティング基盤の製品群が「Power Platform」だ。脱Excelツール、セルフサービスBI、RPA……と、今までマイクロソフトテクノロジーの周辺技術とされてきた内容を丸ごと取り込んだ機能の全体像を把握しておこう。

AIやRPA時代に求められる「共感スペシャリスト」とは?

UiPathの代表取締役社長CEOを務める長谷川康一氏は、RPAやAIを活用することの本当の価値は、人間が「共感」する心を持てるようになることだという。

RPAが乗っ取られてシステムが破壊される――ロボット時代のセキュリティに不可欠なものとは

 RPA(Robotic Process Automation)やクラウド利用が進む中、「管理者権限の乗っ取り」というリスクが浮上している。これに対処する方法は。

「rpa 違い」に関するIT製品情報

純国産RPAソフト「Robo-Pat(ロボパット)」

株式会社FCEプロセス&テクノロジー

日本企業のDX実現に貢献する多彩な機能を備えたRPA

システム運用には「RPA」より「RBA」? 3ステップで進めるシステム運用自動化

株式会社野村総合研究所

システム運用の負担減のためRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を検討するケースがあるが、自動化対象が限定的だ。システム運用に適した自動化の3ステップと、「RBA(ランブック・オートメーション)」について紹介する。

情報チェックを支える数万件のデータ加工が3日から15分に短縮

アステリア株式会社

メディアドゥでは、取引先の電子書店に情報が正しく載っているかを目視で確認していた。その自動化のRPAを支えるデータ連携ツールにより、処理の高速化などを実現した。

RPA、企業がはまりやすい落とし穴と対処法――セキュリティが鬼門に

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)は適切な導入戦略と環境があれば効果を発揮するが、決して魔法のつえではない。さらに活用を進める上ではセキュリティリスクなどにも気を付ける必要がある。RPA導入で企業がはまりやすい落とし穴と対処法とは。

大規模環境でのRPA導入は要注意、ロボット管理で直面する「6つの課題」とは?

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

複数部門や全社でのRPA活用を進める企業が増えているが、ロボットの数が増える大規模環境では、小規模環境とは違う課題が生まれる。管理面で解決すべき6つの課題を解説するとともに、それらを網羅的に解決するソリューションを紹介する。

「rpa 違い」に関する新着セミナー

【Webセミナー】Excel操作のAI-OCR/RPAで紙・PDF帳票のデータ化入力業務を自動化

TDCソフト株式会社

2020/06/03(水)16:00~16:45

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 情報システム | PCソフト

【Webセミナー】RPAを活用して業務自動化を実現

TDCソフト株式会社

2020/06/10(水)16:00~16:45

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 情報システム | PCソフト

RPA再考察: ビジネス成果を出すためのRPA学び直し 第6回

Blue Prism 株式会社

2020/05/26(火)12:00~13:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員200名 | 情報システム

「rpa 違い」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。