「rpa 調査」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「rpa 調査」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説RPAとは?

RPA(Robotic Process Automation、ソフトウェアロボットによる業務自動化)とは、人間の作業を自動化する仕組みのこと。異なるシステム間のデータやExcelの転記作業などを「ミスなく、素早く、正確に」行うため、働き方改革の一助になるという期待は大きい。

「rpa 調査」に関する記事情報

AIやRPAの台頭で従業員のスキル不足が深刻化――企業ができることは

PwCが発表した「第22回世界CEO意識調査」の結果によれば「自社の従業員に対して、業務上必須のスキルが不足していることに不安がある」と回答したCEOの割合は約8割に上った。実際にどのような悪影響が出ているのか。

RPAの導入状況(2019年)/後編

キーマンズネット会員を対象に、RPAの導入状況に関するアンケート調査を実施した。「RPAの導入効果」や「RPA導入時の障壁」が明らかになった。

RPAの導入状況(2019年)/前編

キーマンズネット会員を対象に、RPAの導入状況に関するアンケート調査を実施した。RPAの導入率や適用業務、ツール選定時に重視するポイントなどが明らかになった。

RPAの利用率は技術大国インドの約5分の1、日本のトホホな事情

Automation AnywhereがRPAとAIの活用に関する調査レポートを発表した。調査結果によると、インドや米国ではこれらの技術に対する期待が大きく、すでに活用している割合も高かった。それに対して日本の状況は立ち遅れている。その割合はいかに。

「AIやRPAは、費用対効果が見えない」 中堅・中小企業の経営実態調査

山田コンサルティンググループが「人手不足」や「働き方改革」をテーマに中堅・中小企業の経営者を中心にアンケート調査を実施した。有効回答数は635件。

関心が集まる「AI」と「RPA」、企業での実利用はどこまで進んでいる?

IDC Japanは、企業でのAI(人工知能)とRPA(Robotic Process Automation)の利用状況について調査結果を発表した。両者は、いま企業ITにおいて話題のキーワードだが、実際のところ利用はどこまで進んでいるのか。

AI、RPA? 勤務先の「2019年度注力投資分野」を聞いた結果

キーマンズネット読者1541人に対して、勤務先での2019年のIT投資分野と今関心のある分野について聞いた。投資を予定する分野では2018年の調査結果と比べて大きく伸びを見せた項目があったが、一体どの分野が伸びたのか。

RPAは使いものにならない……? 導入企業の訴えまとめ【実態調査】

2017年ごろから導入企業が増えつつあるRPAだが、導入企業からは具体的な課題も上がっている。RPA導入の最新事情と、企業が抱える課題について聞いた。

「過剰な期待」に終わらない、現実的なRPA活用の極意

大企業のみならず、中堅・中小企業においても「RPA(Robotic Process Automation)」による業務の自動化に期待が集まっている。だが、「RPAを導入すれば、無駄な手作業が簡単になくなる」というわけではない。市場調査データを分析していきながら、「こんなはずではなかった」とならないためのRPA活用の留意点について見ていくことにしよう。

RPA導入に関する意識調査(2018年)/後編

キーマンズネット会員230人を対象にアンケート調査を実施した。導入を想定する時期や期待する機能などRPAの利用実態が明らかになった。

「rpa 調査」に関するIT製品情報

仕事に“人間らしさ”をもたらすRPAやAI、全社導入のために解決すべき5つの課題

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

AIやRPAといったオーグメンテーション(技術による拡張)によって成果を上げるには、全社的な浸透が鍵となる。その取り組みにおいて多くの企業が直面する5つの課題と解決策を、調査結果から読み解く。

分岐点に立つロボティクス、アジア太平洋地域の企業調査で見えた成功要因とは

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

業務の自動化と効率化に寄与するRPAとIAだが、実際に現場に浸透させるには、試行錯誤の時間を要する。この分野での立ち遅れが指摘されるアジア太平洋・オセアニア地域の市場調査を通じ、ロボティクス実装のポイントを探った。

調査で分かった「RPA」活用の実態、導入/本格展開それぞれにおける課題とは?

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

部分導入にとどまらず、全社的な展開を進める企業も増えてきたRPA。特に活用が進んでいる従業員1000人以上の企業を対象に実態調査を行ったところ、RPAの導入/運用に関する課題や、製品選定で重視すべきポイントが明らかになってきた。

RPA実態調査から見えた日本のトホホな状況――「ロボットが止まる」の声も

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

2017年ころから盛り上がりを見せるRPA(Robotic Process Automation)。成功事例を耳にする機会も増え、熱い視線を集めているが、日本の導入状況は世界と比較しても進んでいるとはいえないようだ。さらに導入企業からは具体的な課題も上がっている。アンケート調査から見えてきた真実とは。

「rpa 調査」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。