「rpa ツール比較」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「rpa ツール比較」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説RPAとは?

RPA(Robotic Process Automation、ソフトウェアロボットによる業務自動化)とは、人間の作業を自動化する仕組みのこと。異なるシステム間のデータやExcelの転記作業などを「ミスなく、素早く、正確に」行うため、働き方改革の一助になるという期待は大きい。

「rpa ツール比較」に関する記事情報

RPA、読者が1番利用しているツールは? 実態調査

RPA(Robotic Process Automation)がもてはやされる一方、その課題や失敗事例もクローズアップされているが、実際はどうなのか。また、RPAを利用中の企業はどのベンダーのツールを使っているのか? 9つのツールの順位が明らかに。

「Power Automate」とは? 無料で使えるMicrosoft公式の脱Excel RPAツールでできること

Microsoft純正のエンドユーザーコンピューティング基盤の製品群が「Power Platform」だ。脱Excelツール、セルフサービスBI、RPA……と、今までマイクロソフトテクノロジーの周辺技術とされてきた内容を丸ごと取り込んだ機能の全体像を把握しておこう。

営業部門の業務課題とIT活用(2019年)

キーマンズネットは2019年11月に「営業部門の業務課題」に関するアンケートを実施した。営業部門が今後導入を検討しているITツールの1位はRPAであることなどが明らかになった。

RPAに150のAIモジュールを連携可能に、老舗RPAベンダーの意地と底力

老舗RPAベンダーのBlue Prismが、日本市場での活動強化を宣言した。決して、日本市場に早期に乗り出せたとはいえない同社だが、他社製のRPAツールからの移行案件も増えているという。どのような強みを推し出しているのか。

RPAの導入状況(2019年)/前編

キーマンズネット会員を対象に、RPAの導入状況に関するアンケート調査を実施した。RPAの導入率や適用業務、ツール選定時に重視するポイントなどが明らかになった。

RPAの導入効果を高めるために 「取りあえず人気ツールを導入してみよう」がミスのはじまり

RPAの導入効果を得るためには、最低でも4つのポイントを押さえなければいけません。今回は、その内「RPAの導入目的を明確にする」「目的に応じたツールを選ぶ」の2点について専門家が説明します。「取りあえず人気のツールを入れてみよう」と考える企業は、逆に成功から遠ざかっている――?

ツール選定の失敗、運用の挫折 RPAの落とし穴を避ける方法

RPAを導入し、全社展開に取り組むものの思ったような効果を得られない。これからRPAの全社展開を目指す企業が、必ず押さえて欲しい項目を紹介する。

自動化ロボットは減税対象? 2018年、激動のRPA事情

RPAツール「WinActor」の販売を手掛けるTDCソフトの佐野弘幸氏が、RPAを取り巻く最新事情とともに、導入に成功した企業はどのようなポイントを押さえているのかを解説した。

ロボット作成が無制限、月額課金型RPAとは?

煩雑な業務を自動化するRPA(Robotic Process Automation)。導入企業は大企業が中心であるものの、最近では中小企業における関心も高まり、多様なニーズに応えるようにRPAツールの提供形態が登場している。

RPA、AI、チャットbot、期待はあるが一般化はまだ先

RPA、AI、チャットbot。働き方改革を実現する手段として注目を集める業務効率化のツールだ。ツールへの期待が過熱する中、業務の自動化に関する企業の取り組みはどうなっているのか。

「rpa ツール比較」に関するIT製品情報

RPA導入を成功に導く、業務整理から運用保守までトータルに支援するサービス

株式会社システナ

年々注目度が高まるRPAだが、どのツールを選べばよいか分からない、ノウハウがなく使いこなせない、といった声は多い。そこで注目したいのが、RPA導入に向けた業務整理から運用保守に至るまで、トータルで支援するソリューションだ。

情報チェックを支える数万件のデータ加工が3日から15分に短縮

アステリア株式会社

メディアドゥでは、取引先の電子書店に情報が正しく載っているかを目視で確認していた。その自動化のRPAを支えるデータ連携ツールにより、処理の高速化などを実現した。

クラウド&Webベースの最新RPA製品は従来型のツールからどう変わったのか?

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

業務プロセスが複雑化する中、デスクトップレベルの業務自動化だけでは大きな成果は得難い。RPAの導入には全社展開を見据え、業務、開発、管理部門全ての利便性を考慮したRPAが効果的だ。新機能を含むWebベースの製品特徴を見ていこう。

RPAツールとデータ連携ミドルウェアの活用で業務を完全自動化

アステリア株式会社

フォーバルテレコムはRPAツールとデータ連携ミドルウェアの活用で業務自動化を実現。情報システム部門の業務時間と負荷は減り、手動操作による誤実行もなくなった。

開発ツールやRPA機能も搭載、「基幹系/情報系統合ソリューション」の実力とは

株式会社OSK

業務効率化に向け、基幹系/情報系システムの活用が進んでいる。その一方で、データの二重入力や転記ミスなど、改善の余地は大きい。そこで注目したいのが、基幹系/情報系システムを同一プラットフォームで運用できるソリューションだ。

「rpa ツール比較」に関する新着セミナー

【ウェビナー】コロナ共生時代到来!リモートワーク時代に求められるRPAツールとは

株式会社アシスト

2020/07/14(火)16:00~17:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員30名 | 開発

「rpa ツール比較」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。