「rpa オープンソース」に近い情報
「rpa」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「rpa」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説オープンソースとは?

オープンソースとは、ソフトウェアのソースコード(プログラム)を、インターネットなどを通じて無償で公開し、そのソフトウェアに対して誰でも改良や再配布が行えるようになっているソフトウェアのこと。オープンソースでは、これを促進・啓蒙する非営利組織として1998年に「Open Source Initiative(OSI)」が設立されており、国内においても2000年に「オープンソースグループ・ジャパン」が設立されている。OSIやオープンソースグループ・ジャパンではオープンソースの定義として「Open Source Definition(OSD)」を定めており、OSDに合致するソフトウェアに対して承認活動を行っている。

「rpa」に関する記事情報

RPAで店内の売り場チェックも効率化――西友が情シス主導で2万時間削減した舞台の裏側

情報システム部が主導するRPAプロジェクトで2万時間に上る業務時間を削減した西友。情報システム部が主導するメリットや開発フローのポイントなどを「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

RPAに150のAIモジュールを連携可能に、老舗RPAベンダーの意地と底力

老舗RPAベンダーのBlue Prismが、日本市場での活動強化を宣言した。決して、日本市場に早期に乗り出せたとはいえない同社だが、他社製のRPAツールからの移行案件も増えているという。どのような強みを推し出しているのか。

RPAが「as a Service」化すると、中小企業にどんなメリットがもたらされるのか?

Automation Anywhereが「RPA as a Service」というコンセプトを掲げ、クラウド環境でもロボットを展開、活用できる新製品を発表した。大企業だけでなく中堅・中小企業における自動化を助けるというが、具体的にどのようなメリットがあるのか。

国産RPAと迫りくる外資系RPAの攻防 2018年の市場シェアにみる勢力図

IDC Japanは、「2018年 国内RPAソフトウェア市場シェア」を発表した。2017年度は、国内主要プレイヤーのNTTデータがシェアのトップを獲得したが、2018年度に外資系RPAベンダーが急伸した。2018年に、市場シェアはどう動いたのか。

RPAで一難去ってまた一難、年間2万8000時間を削減した遠州鉄道の壮絶な1年半

導入から約1年半でRPAの全社展開を果たした遠州鉄道。各フェーズで課題に見舞われたという、プロジェクトの全貌を「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

RPAとAI-OCR、失敗企業に共通してみられる傾向を専門家が分析

RPAの失敗企業に共通してみられる、ある傾向とは。さらにAI-OCRを活用する際の盲点は。

RPAを現場主導で導入した企業が陥りやすい落とし穴とは

RPAを現場主導で導入した企業ではRPAの効果を継続的に出すために重要な「あること」が欠けている傾向にあります。それは何か、誰が率先してやるべきことなのか――解説します。

RPAの導入状況(2019年)/後編

キーマンズネット会員を対象に、RPAの導入状況に関するアンケート調査を実施した。「RPAの導入効果」や「RPA導入時の障壁」が明らかになった。

RPAの導入状況(2019年)/前編

キーマンズネット会員を対象に、RPAの導入状況に関するアンケート調査を実施した。RPAの導入率や適用業務、ツール選定時に重視するポイントなどが明らかになった。

RPAで削減時間をKPIにしない 2000人の社員をザワめかせたニチレイロジの逆転劇

RPA導入当初、従業員に懐疑的な目を向けられたニチレイロジグループ。そこから、どのようにして現場主導のRPAを進めたのか。現場主導のリスクを排除する取り組みとは。

「rpa」に関するIT製品情報

エンタープライズRPAに求められる4つの要件:全社規模での活用を実現するには?

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

複数部門や全社活用など、大規模環境でのRPA導入においては、将来を見据えたさまざまな要件の検討が必要となる。ロボットの開発や管理、拡張性など、エンタープライズ企業がRPA活用において直面しがちな4つの課題と、解決法を解説する。

RPAで非構造化データ処理も自動化? コグニティブオートメーションの6ステップ

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

ビジネスプロセスの自動化で注目される「RPA」だが、中でも最大のトレンドが“認知機能”を追加し、意思決定などを支援する「コグニティブオートメーション」だ。そのメリットと、導入を成功させるための「6つのステップ」を解説する。

RPAを役割・責任で3分割、エンタープライズレベルのセキュリティはこう実装する

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

RPAは、「APIが欠如していると自動化できない」という課題を克服し、自動化領域を大きく拡大し続けている。一方で、この権限拡大に対応し得るエンタープライズレベルのセキュリティの確保も課題となっている。その解決策とは?

分岐点に立つロボティクス、アジア太平洋地域の企業調査で見えた成功要因とは

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

業務の自動化と効率化に寄与するRPAとIAだが、実際に現場に浸透させるには、試行錯誤の時間を要する。この分野での立ち遅れが指摘されるアジア太平洋・オセアニア地域の市場調査を通じ、ロボティクス実装のポイントを探った。

RPA実態調査から見えた日本のトホホな状況――「ロボットが止まる」の声も

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

2017年ころから盛り上がりを見せるRPA(Robotic Process Automation)。成功事例を耳にする機会も増え、熱い視線を集めているが、日本の導入状況は世界と比較しても進んでいるとはいえないようだ。さらに導入企業からは具体的な課題も上がっている。アンケート調査から見えてきた真実とは。

「rpa」に関する新着セミナー

RPA ハンズオンセミナー(NEC Software Robot Solution)

キーウェアソリューションズ株式会社

2019/10/24(木)14:00~16:30

  • 東京都
無料 | 定員5名 | PCソフト

第1回 RPA活用拡大セミナー

株式会社日立システムズ

2019/11/06(水)14:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員40名 | 情報システム

【Webセミナー】第5回RPAで経理部門の働き方改革

株式会社日立システムズ

2019/11/08(金)11:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員10名 | 情報システム

「rpa」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。