「reqtify 価格」に近い情報
「re」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「re」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「re」に関する記事情報

HDD不正転売事件から学ぶ 情報保護・情報ガバナンス市場の実態

情報保護や情報ガバナンスの強化に向けて、企業ではさまざまな対策を実施しているが、その中心となるソリューションが、「暗号化・鍵管理」や「DLP」(Data Loss Prevention)、そして「eディスカバリーアプリケーション」などだ。これら情報保護対策につながるソリューションの現状と市場予測についてお伝えする。

「EDR」とは何か? 比較される「EPP」と何が違うか

既存の防御の網の目をすり抜けて侵入した脅威に対し、効果を発揮するEDR(Endpoint Detection and Response)。導入企業からは「効果がイマイチ分かりにくい」「運用が難しい」の声も聞くが、EDRの正しい認識や選定方法、運用のポイントを知ることで、その本来の価値を引き出せる。

7割の企業が“コネ採用”に関心? 人事の本音調査

MyReferが実施した人事の本音調査によると、従業員の人脈を活用して採用活動を行うリファラル採用に関心を示した企業の割合は約7割に上った。注目度を上げているリファラル採用だが、導入の際には課題も浮上する他、導入に至っても成果を出せないケースがあるようだ。

RPAが「as a Service」化すると、中小企業にどんなメリットがもたらされるのか?

Automation Anywhereが「RPA as a Service」というコンセプトを掲げ、クラウド環境でもロボットを展開、活用できる新製品を発表した。大企業だけでなく中堅・中小企業における自動化を助けるというが、具体的にどのようなメリットがあるのか。

クラウドネイティブ、コンテナ技術とVMwareの関係は? 「Project Tanzu」で考える次の5年のITインフラ

クラウドネイティブ、マルチクラウド。この2つのキーワードは、ITインフラを考えたとき、耳にする機会が増えたはずだ。企業IT基盤として実績の多いVMwareもクラウドネイティブとマルチクラウドを意識したコンセプトを打ち出している。まずは基本と最新事情を押さえておこう。

セキュリティビッグデータを視覚化、隠れた脅威を解明する「CURE」誕生

セキュリティ対策の専門組織として企業内での運用が進むSOCやCSIRTだが、組織として最も求められているのが、セキュリティ脅威の早期発見や攻撃行動が判明した場合の対応優先順判断(トリアージ)。膨大なセキュリティアラートや脅威情報の中から、ハイリスクなインシデントを発見して対処するスピードが重要となるが、そのスピードアップに貢献するのが「セキュリティ情報融合基盤」として開発された「CURE」だ。一体どんなものなのだろう。

「Windows Virtual Desktop」とは? Horizon Cloud on Azureと何が違う? クラウドVDIの選び方ガイド

2019年後半にもGAが予定されるマイクロソフト純正のマネージド型VDI「Windows Virtual Desktop」に注目が集まる。Windows 10やOffice 365ユーザーにとって見逃せない機能も多い。何ができて、どう使えるか、「VMware Horizon Cloud on Azure」「Citrix Cloud」「Amazon Workspaces」と何が違うのかを整理しておこう。

DaaSが情シスを"中抜き"も クライアント仮想化に見るデスクトップ環境の攻防

業務に必要なPC環境を検討する上で、多くの企業が選択肢の一つとして考えるであろう、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)をはじめとしたクライアント環境の仮想化。今回は、クライアント仮想化ソフトウェアやDaaSなどのクライアント仮想化サービス、モバイル仮想化ソリューションなどの動向を踏まえながらクライアント仮想化の勘所について見ていく。

RPAの利用率は技術大国インドの約5分の1、日本のトホホな事情

Automation AnywhereがRPAとAIの活用に関する調査レポートを発表した。調査結果によると、インドや米国ではこれらの技術に対する期待が大きく、すでに活用している割合も高かった。それに対して日本の状況は立ち遅れている。その割合はいかに。

Wi-Fi 6とは? IoT時代に最適な無線LAN「IEEE 802.11ax」

2019年度後半に最終承認される予定の無線LAN規格「IEEE 802.11ax」。Wi-Fi 6とも呼ばれる新たな規格がいよいよ実装され、既にReadyな状態で製品出荷も始まっている。このIEEE 802.11axとはどんな規格なのか、スループットを支える技術概要に迫ってみたい。

「re」に関するIT製品情報

HCIはVMware vSAN、VxRailが好調 Nutanixはソフトウェア中心へ転換

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

現在のハイパーコンバージドインフラ(HCI)市場は、VMwareやDell EMCといったDellグループがけん引しているという。強さの源泉はどこにあるのか。

Pure StorageとVeeam連携による快適バックアップ&リカバリー

SB C&S株式会社

多様なデータがストレージに保存される昨今、仮想マシンの保護は重要な課題だ。特に既存インフラの性能に影響のないバックアップの実現は管理者の悩みのタネとなる。こうした悩みはPure StorageとVeeamの連携ソリューションで解決できる。

セキュリティUSBメモリ作成ソフト「InterSafe SecureDevice」

アルプス システム インテグレーション株式会社

汎用USBメモリを、セキュリティUSBメモリに

超高速開発プラットフォーム「AZAREA」

株式会社シーエーシー

プログラム自動生成、ETLのバッチ処理高速化、ワークフロー、ビジネスルールなど、業務アプリケーション開発に必要な各機能を備えた超高速開発プラットフォーム。

移行が進むハイブリッドクラウド、Azure環境特有のセキュリティ課題の解決策は

トレンドマイクロ株式会社

クラウドが浸透するにつれ、以前のようなセキュリティへの漠然とした不安は薄れ、具体的な課題が見えてきている。とりわけ対応が困難なAzureを含むハイブリッドクラウド環境において、セキュリティを強固にする術を識者に聞いた。

「re」に関する新着セミナー

【名古屋開催】Alfrescoにおけるアクセス権限の管理と、人事異動対応の自動化について

マジセミ株式会社

2020/01/28(火)17:00~18:15

  • 愛知県
無料 | 定員25名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール

レガシーとの連携でDXを推進!脱属人化×安定稼働を実現する Syncsort DMExpressハンズオンセミナー

株式会社アシスト

2020/02/13(木)13:30~15:30

  • 大阪府
無料 | 定員10名 | データ分析

EDB Postgres紹介セミナー

株式会社アシスト

2020/02/26(水)14:00~15:30

  • 大阪府
無料 | 定員10名 | 基幹系システム | 運用管理 | 開発

「re」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。