「reqtify ダッソー」に近い情報
「re」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「re」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「re」に関する記事情報

7割の企業が“コネ採用”に関心? 人事の本音調査

MyReferが実施した人事の本音調査によると、従業員の人脈を活用して採用活動を行うリファラル採用に関心を示した企業の割合は約7割に上った。注目度を上げているリファラル採用だが、導入の際には課題も浮上する他、導入に至っても成果を出せないケースがあるようだ。

RPAが「as a Service」化すると、中小企業にどんなメリットがもたらされるのか?

Automation Anywhereが「RPA as a Service」というコンセプトを掲げ、クラウド環境でもロボットを展開、活用できる新製品を発表した。大企業だけでなく中堅・中小企業における自動化を助けるというが、具体的にどのようなメリットがあるのか。

クラウドネイティブ、コンテナ技術とVMwareの関係は? 「Project Tanzu」で考える次の5年のITインフラ

クラウドネイティブ、マルチクラウド。この2つのキーワードは、ITインフラを考えたとき、耳にする機会が増えたはずだ。企業IT基盤として実績の多いVMwareもクラウドネイティブとマルチクラウドを意識したコンセプトを打ち出している。まずは基本と最新事情を押さえておこう。

セキュリティビッグデータを視覚化、隠れた脅威を解明する「CURE」誕生

セキュリティ対策の専門組織として企業内での運用が進むSOCやCSIRTだが、組織として最も求められているのが、セキュリティ脅威の早期発見や攻撃行動が判明した場合の対応優先順判断(トリアージ)。膨大なセキュリティアラートや脅威情報の中から、ハイリスクなインシデントを発見して対処するスピードが重要となるが、そのスピードアップに貢献するのが「セキュリティ情報融合基盤」として開発された「CURE」だ。一体どんなものなのだろう。

「Windows Virtual Desktop」とは? Horizon Cloud on Azureと何が違う? クラウドVDIの選び方ガイド

2019年後半にもGAが予定されるマイクロソフト純正のマネージド型VDI「Windows Virtual Desktop」に注目が集まる。Windows 10やOffice 365ユーザーにとって見逃せない機能も多い。何ができて、どう使えるか、「VMware Horizon Cloud on Azure」「Citrix Cloud」「Amazon Workspaces」と何が違うのかを整理しておこう。

DaaSが情シスを"中抜き"も クライアント仮想化に見るデスクトップ環境の攻防

業務に必要なPC環境を検討する上で、多くの企業が選択肢の一つとして考えるであろう、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)をはじめとしたクライアント環境の仮想化。今回は、クライアント仮想化ソフトウェアやDaaSなどのクライアント仮想化サービス、モバイル仮想化ソリューションなどの動向を踏まえながらクライアント仮想化の勘所について見ていく。

RPAの利用率は技術大国インドの約5分の1、日本のトホホな事情

Automation AnywhereがRPAとAIの活用に関する調査レポートを発表した。調査結果によると、インドや米国ではこれらの技術に対する期待が大きく、すでに活用している割合も高かった。それに対して日本の状況は立ち遅れている。その割合はいかに。

Wi-Fi 6とは? IoT時代に最適な無線LAN「IEEE 802.11ax」

2019年度後半に最終承認される予定の無線LAN規格「IEEE 802.11ax」。Wi-Fi 6とも呼ばれる新たな規格がいよいよ実装され、既にReadyな状態で製品出荷も始まっている。このIEEE 802.11axとはどんな規格なのか、スループットを支える技術概要に迫ってみたい。

RPAをAzure上で米国連邦政府機関に提供可能に、Blue PrismがProject Hostsと提携

Blue Prismは、FedRAMP認定を受けたProject Hostsと提携関係を結んだ。これにより、Connected-RPAをMicrosoft Azure上のクラウドサービスとして米国連邦政府機関に提供できるようになる。

裾野拡大が急務となるAR/VRのビジネス利用動向

 VR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)の技術が広がりつつあるが、実際の法人活用はどんな状況かのか。ビジネス領域におけるAR/VR動向を見ていく。

「re」に関するIT製品情報

タスクの自動化だけでは不十分、事例に学ぶRPAの生かし方と組織体制の在り方

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、個々のタスクを自動化するものから、特定業務のプロセスを自動化するものに進化し始めている。RPAベンダーAutomation Anywhereが提供する「デジタルワーカー」がその一例だ。企業ではデジタルワーカーをどう活用しているのか、事例でひもとく。

クラウドのテクノロジーをオンプレミスで活用 Amazon RDS on VMware概要

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

RDBの高可用性を維持するには、インストールやパッチ適用などの面倒な作業が欠かせない。Amazon RDS on VMwareは、オンプレミスの VMware vSphere環境に、Amazon RDSを構築し、オンプレミスのデータベース運用工数の削減に寄与する。

VMware Cloud on AWSを活用したイノベーションのヒント、DX時代のデータ活用とは

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

DXに対応し新規ビジネスを創出するための土台の1つは、ハイブリッド環境とデータ活用基盤だろう。本資料ではAWSとのハイブリッド環境を実現するVMware Cloud on AWSの案内と、データ活用の先駆的企業であるAmazonの事例を解説する。

成長企業ラクスルが上場のために導入した「クラウド会計システム」の実力とは

freee株式会社

攻めの事業を支えるために、バックオフィス業務をどう進化させるべきだろうか。そのヒントとなるのが、印刷・広告・物流を手掛ける成長企業「ラクスル」の取り組みだ。クラウド会計システムを核とした同社の変革を聞いた。

脱Excel――「管理しない管理部門」を目指す、アトラエのバックオフィス刷新

freee株式会社

企業規模の拡大に伴い、少人数のバックオフィス部門では人事労務/会計の管理が困難になっていたアトラエ。Excelベースの管理から脱却すべく同社が導入した、クラウドERPの思想で設計された人事労務/会計ソフトの実力を紹介する。

「re」に関する新着セミナー

国内導入実績No.1* 標的型攻撃対策ソリューション「Cybereason EDR」の最新機能をご紹介

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

2020/02/04(火)15:30~16:20

  • オンラインセミナー
無料 | 定員100名 | 情報システム | エンドポイントセキュリティ

原価管理パッケージ「J-CCOREs」トライアルセミナー【神戸】

JFEシステムズ株式会社

2020/01/10(金)14:00~16:30

  • 兵庫県
無料 | 定員5名 | 基幹系システム

ユーザー事例とデモで学ぶ「Create!Form V11.2」セミナー

インフォテック株式会社

2020/01/23(木)16:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員5名 | 基幹系システム

「re」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。