「quadro k600 600 違い」に近い情報
「600 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「600 違い」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「600 違い」に関する記事情報

被害額2600万円、とうとうAIが「オレオレ詐欺」を働いた?:529th Lap

電話を使った特殊詐欺、いわゆるオレオレ詐欺は、電話機の向こうにいる「自分の息子」の声にだまされてしまうというのが定石だ。ここに、いよいよAIが参入してしまったという。

6000億円、ホントに持ってる? ビットコイン発明者を自称しちゃった男、資産大放出へ:528th Lap

「われこそは、世界で唯一のサトシ・ナカモトである!」と宣言する人は世界中にいるようだ。だが名乗ってしまった結果、持っているかどうかが怪しい資産を差し出す羽目になった男がいる。人は一人では生きていけないのだから、友人は大事にしたいものだね。

民泊で仰天物件、「清潔なコテージ」を予約したはずだったのに……:514th Lap

民泊という言葉を一般的にしたWebサービスの1つに「Airbnb」がある。個人宅などを中心に宿泊施設と泊りたい客とをマッチングするサービスだ。公式データによれば、191の国や地域で600万件以上の民泊施設が登録されている。

「外付け型ストレージ」シェア(2018年第3四半期)

外付け型エンタープライズストレージシステムの国内支出額は、前年同期比5.6%増の449億5600万円だった。ストレージベンダーがシェア拡大に求められるものとは。

何でもRPA化で無法地帯……秘伝のロボ術で起死回生した百貨店企業

2016年からRPAを導入し、年間4600時間分の削減したJ.フロント リテイリング。しかし、その過程では「IT部門が関与しないところでRPAが作られ、“無法地帯が生まれる」といった苦労を経験した。苦労の中で編み出した、秘伝のロボット活用術を紹介する。

約7000人の従業員に活用を促した、電通のRPA導入成功の鍵

全社約7000人の従業員を抱える電通では、全社を対象とした大規模導入を行い、約600もの業務へのRPA大規模適用させ、継続的な効果を創出している。同社の大規模導入の手法、スケールのポイントは?

AI市場は今後5年間で10倍に成長、注目分野は?

AI(人工知能)を活用したIT製品が続々と登場している。国内における2017年のコグニティブ/AIシステム市場の推定規模は、ユーザー支出額ベースで274億7600万円に達した。

「BA(ビジネスアナリティクス)」シェア(2013年)

前年比7.7%増の1621億1600万円規模となった2013年の国内BAソフトウェア市場。シェア情報を紹介する。

「国内テキストマイニング」シェア(2010年度)

2010年度、前年比11.3%増の24億6000万円に拡大した「国内テキスト・マイニング」。シェア情報を紹介する。

「600 違い」に関するIT製品情報

ログ分析でアプリ利用状況を棚卸し、6000万円のコストを抑制

株式会社ラネクシー

ミツカングループでは、Officeアプリケーション買い替えの際、ユーザーのログを取得・分析し、本当に必要なライセンスのみに絞ったことで約6000万円のコストを削減できた。

6000ユーザー、440を超える店舗間の情報共有の秘訣

サイボウズ株式会社

ほけんの窓口グループでは、本社と店舗の情報共有基盤にグループウェアを使用していたが、ユーザーの拡大に伴いレスポンスが悪化。同社はこの課題をどう解決したのか。

1日400通のメール送信を効率化し入力ミスや二重対応を防ぐ方法

サイボウズ株式会社

1日400通近いメールを顧客に送るブックオフオンライン。約600のテンプレートで定型的な返信を効率化し、二重対応などを防ぐために対応状況を視覚化した。

全国展開するマツモトキヨシが、オムニチャネルの販促施策を自動化できた理由

日本アイ・ビー・エム株式会社

全国に1600超の店舗を展開するマツモトキヨシホールディングスがオムニチャネル化に注力する中で、取り組んだのが「顧客理解の高度化」「販売施策の自動化」だった。そのためにはアナリティクスのPDCAサイクルを自動化する必要があった。

5年間のROIは600%以上に、企業調査で分かったHCI導入のインパクト

EMCジャパン株式会社

ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の導入は、実際に企業にどれだけの価値をもたらすのか。定番製品の導入企業調査から、ROIや利益、計画外ダウンタイムなどにもたらされた価値を定量化し、そのインパクトを明らかにした。

「600 違い」に関する新着セミナー

「GeneXus Day 2020 Webinar」を2020年11月12日(木)にオンラインにて開催

ジェネクサス・ジャパン株式会社

2020/11/12(木)13:00~16:55

  • オンラインセミナー
無料 | 定員600名 | 開発

AIパスポート受験セミナー

株式会社アーク

2020/11/09(月)09:30~18:30

  • 東京都
66,000円(税込) | 定員12名 | 情報システム | 通信サービス | 運用管理

「600 違い」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。