「oracle ebs 電子帳簿保存法 東芝」に近い情報
「oracle」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「oracle」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「oracle」に関する記事情報

仮想化時代のソフトウェア資産管理、ライセンス違反で億円単位の請求も?

Oracle DBやVMなどのライセンス管理はしっかりできているか。煩雑化しがちなサーバ仮想環境のライセンス管理を怠ると数億円レベルの請求があるかもしれない。

「oracle」に関するIT製品情報

Oracle DBユーザーの可用性問題、SE2ライセンスへの制限強化にどう対応する?

サイオステクノロジー株式会社

Oracle Databaseでは可用性確保のための拡張機能としてRACが提供されているが、SEシリーズの最新版では、ライセンス体系の変更や制限事項の強化が起きている。それによりユーザーには、どんな課題が生じるのか。解決策と合わせて解説する。

AIX上でOracle SEを継続利用するためのソケット数制限問題を解決

日本情報通信株式会社

多くの企業で使われるOracle Databaseだが、最新サーバで動かすとライセンス条件から高価なEnterprise Editionを使わざるを得ない。だがOracle Databaseを使いながらコストを抑えるソリューションがある。

加速する基幹系のクラウド化 Oracleも含めたマルチクラウドへの変貌を実現

株式会社日立システムズ

多くの企業が、基幹システムの次期更新時にクラウド化を予定している。昨今のトレンドであるマルチクラウドでの基幹系システム利用に向け、他のパブリッククラウドと容易に接続できるマルチクラウドにOracleを包含、新たにリリースを予定。

トランザクション処理も可能に、進化する自律型データベースクラウドの実力は?

富士通株式会社

自動管理機能によりデータベース管理者の実作業を軽減することが注目される、Oracleの「自律型データベースクラウド」。さらに、トランザクション処理も可能な新サービスが登場した。その実力を解説する。

Oracleが描く2019年の戦略は? クラウド/AI/自動化の領域で与える影響を読む

富士通株式会社

その動向が業界中から注目されるOracleだが、2019年以降も「クラウド」「AI」「自動化」という3領域への注力は加速するとみられている。各分野における同社の今後の戦略とユーザーに与える影響について、分かりやすく解説する。

「oracle」に関する新着セミナー

Oracleの次世代データベース「Autonomous Database」とは?

マジセミ株式会社

2019/11/15(金)15:30~17:30

  • 東京都
無料 | 定員17名 | サーバー

「oracle」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。