「o365 活用」に近い情報
「活用」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「活用」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「活用」に関する記事情報

「RPAは高い、作る暇がない」の悲鳴――RPA女子が作るロボットパーツで解決

RPAのロボットを月額数万円でダウンロードして活用できるサービスが生まれた。RPAのハードルはどれだけ下がるのか?

ディープラーニング、必要な画像データ数と種類の真実

ディープラーニングを画像認識に活用するためには、学習の段階でどのようなステップを踏む必要があるのしょうか。必要な画像データ数や、画像の種類は? 具体例で説明します。

もはや議事録係も不要? NTT Comの新AIサービスで会議はどうラクになるか

組織にとって業務の効率化が大きな課題となる中、いまだに効率化が進んでいないのが「会議」だ。NTTコミュニケーションズは、AIを活用して会議の効率化を図ろうと新サービスを発表した。これによって、どこまで会議はラクになるのだろうか。

費用1000万円以上は普通――ライオンの「口臭チェックアプリ」で学ぶ、AI活用の勘所

ライオンがAI画像認識の技術を活用した口臭チェッカ―アプリを開発した。「AI活用ではデータの前処理に工数がかかる」「本開発に6カ月、費用は1000万円以上がかかるのが普通」といった知見を得たという。同社が語るAI活用の勘所とは。

全力すぎるRPA導入 月316時間を効率化した運用ポイント

ディー・エヌ・エー(DeNA)はRPAを2017年6月に導入した。外部コンサルタントに頼らず、社内リソースでRPAの活用を定着させたことが大きな特徴だ。同社はどのようにRPAを運用しているのか。

肩越しに手元を見ながら作業を教えてくれる 「遠隔操作ロボット二人羽織」って何?

まるで自分の両手のように自在に動く「二人羽織」ロボット。今後、どういった活用が期待されるのだろうか。開発の背景を聞いた。

AI-OCRとは? OCRとの違い、選定ポイントと導入の注意点

RPAと連携することで自動化の範囲を押し広げるOCR(光学的文字認識)技術に注目が集まる。近年は、機械学習や深層学習といったAI技術を活用するAI-OCRが話題だ。果たしてその実力とは? OCRとの違いや失敗しない製品選定のポイント、導入の注意点を解説する。

裾野拡大が急務となるAR/VRのビジネス利用動向

 VR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)の技術が広がりつつあるが、実際の法人活用はどんな状況かのか。ビジネス領域におけるAR/VR動向を見ていく。

今のAIブームは単なるお祭り騒ぎか 1541人に聞いたAIビジネス利用実態

第3次AIブームと呼ばれる現在、RPAと並び企業の関心が高いAI。今のブームは一時的な盛り上がりなのか、それとも定着の前段階なのか。それを探るために、1541人の読者に対して勤務先でのAI活用状況について聞いた。

VRとARのビジネス活用はこの1年でどこまで進んだか

IDC Japanは、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)の国内ビジネス利用に関する調査を実施した。2017年に実施した調査結果から状況はどう変わったのか。また、VRとARの今後のビジネス活用を阻む要因とは何か。

「活用」に関するIT製品情報

マルチクラウドを“放置状態”にしない、「導入後」を見据えた運用術とは?

日本アイ・ビー・エム株式会社

クラウド活用が当たり前となった昨今だが、マルチクラウドにより実務が煩雑化したことで、運用開始後の機能やコストへの評価が曖昧になっているケースは多い。これは、導入時のスペック比較に時間をかけすぎていることに原因があるという。

正常な通信パターンを“自己学習”、未知の脅威に強い最新機械学習セキュリティ

ダークトレース・ジャパン株式会社

未知の脅威への有効策として注目される、機械学習を活用したセキュリティ対策。だが学習には既存の攻撃DBが必要になるため、作成の手間や見落としは避けられない。そうした人間の介在による課題を解決する、新たな機械学習アプローチとは?

未知の脅威への自動対処を実現、9つの事例で探るAIセキュリティの実力とは?

ダークトレース・ジャパン株式会社

脅威の兆候を示す“逸脱”を特定、数秒のうちに無害化するAIの活用は、セキュリティ対策に不可欠なものとなりつつある。マルウェアやフィッシング詐欺、IoTデバイスやクラウド環境など9つの事例から、その実力を探る。

人手による基準のバラつきを解消、AIで進化する脅威検知ソリューション

ダークトレース・ジャパン株式会社

人間がルールを設定するSIEM製品などで“異常”な通信を識別することは、基準のバラつきや非効率な運用といった課題を生む。そこで有効なのが、確率論的判断を用いて機器やネットワークの“生活パターン”を自己学習する「AI」の活用だ。

脅威検知とネットワーク可視化が急務、大規模医療DBを確実に保護する方法とは?

ダークトレース・ジャパン株式会社

大規模医療データベースを確実に保護するため、脅威検知とネットワーク内部の可視化が急務となったメディカル・データ・ビジョン。同社がSIEM製品やプロキシサーバではなく、AIを活用したアプライアンス製品に着目した理由とその効果とは?

「活用」に関する新着セミナー

未来工場におけるデータの利活用 ~デジタルトランスフォーメーションに求められる仕組みや技術~

マクニカネットワークス株式会社

2019/06/06(木)14:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員30名 | 基幹系システム

未来工場におけるデータの利活用 ~デジタルトランスフォーメーションに求められる仕組みや技術~

マクニカネットワークス株式会社

2019/06/07(金)14:30~17:00

  • 栃木県
無料 | 定員30名 | 基幹系システム

未来工場におけるデータの利活用 ~デジタルトランスフォーメーションに求められる仕組みや技術~

マクニカネットワークス株式会社

2019/06/14(金)14:30~17:00

  • 神奈川県
無料 | 定員30名 | 基幹系システム

「活用」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。