「nvidia quadro 搭載 14インチ ノートパソコン」に近い情報
「搭載」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「搭載」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ノートパソコン(ノートPC)とは?

ノートパソコン(ノートPC)とは、小型・薄型・軽量で携帯性に優れた、二つ折りの構造を持ったパーソナルコンピュータ(PC)の総称。モニターなどの表示画面、キーボードやポインティングデバイスなどの入力装置、バッテリーなどが本体と一体化され、ユーザーが任意の場所へ持ち運んで利用することを前提に設計されている。「コンパクトノート」「サブノート」「モバイルノート」「スリムノート」など、メーカーごとにさまざまなカテゴリーが存在する。

「搭載」に関する記事情報

機密情報が危ない? あのCPUに発見された致命的な脆弱性とは:555th Lap

多くのPCに搭載されている”あの”CPUで見つかった致命的な脆弱性とは?

機密情報が危ない? あのCPUに発見された致命的な脆弱性とは:555th Lap

多くのPCに搭載されている”あの”CPUで見つかった致命的な脆弱性とは?

「コグニティブオートメーション」とは? 単独で高度な認識が可能なRPAで何ができるようになるか

単純作業の自動化に向くとされてきたRPA。少しの画面の変更でエラーが出ることもあり、扱いが難しいことも理解されつつある。こうした中、RPAにコグニティブ機能を搭載した製品が登場した。どこまで自動化できるだろうか。

顔認証技術に死角あり? 誤認識されやすい顔立ちってどんな顔:544th Lap

生体認証技術の一つとして「顔認証」の普及が進んでいる。スマホに搭載されたりWindows 10でサポートされたりと身近になった。カメラに顔さえ映せばいいのだから、ユーザーとしても気楽な認証方式といえる。

AI型コールセンターの「予測エンゲージメント」、何ができるようになるか

誰にいつどの商品を推薦すべきか、を即時に判定する人工知能(AI)を搭載したコールセンターソリューションが登場。リアルタイムで行動を分析してペルソナを推定するという。

30周年記念モデルに「IGZOディスプレイ搭載」シャープ傘下のdynabookで東芝のDNAはどうなる

コモディティ化と海外メーカーの台頭をきっかけに、日本企業のPC事業撤退が相次ぐ中、2019年、新たなPCメーカーが誕生した。国産PCメーカーのDNAは受け継がれるようだ。

錯覚を駆使してもいいから生産性を高めたい、レノボ「大和研究所」の成果とは?

想定を超える人気のため出荷時期を変更したことで話題の2in1 PC。目新しい入力技術に注目が集まるが、実はその裏側で利用者の生産性向上を追求し、認知科学の成果を貪欲に取り込む技術者、研究者の本気が垣間見られるすごい成果が搭載されていた。

GPUを必要とする計算処理の存在感が増加

GPUやFPGAなどを搭載したサーバとそれに接続される外付型ストレージを合わせた「アクセラレーテッドコンピューティング」は、2022年に978億2300万円まで成長する。

ああ、バレちゃった……、Appleが“秘密裡”に開発中だったアレ:481st Lap

各種センサーとAIを搭載した自動運転車は、自動車メーカーのみならずテック系企業も参入し、研究開発にシノギを削っている。テック系の最先鋒といえばグーグルであり、もちろん自動運転車の開発を進めていることがちょいちょい話題になっている。

aiboのAIから見るソニーの本気、ディープラーニングツールを公開

新型aiboで注目されるソニー、実は2010年からディープラーニングへの取り組みを開始している。aiboにも搭載されているそのツールの特徴とは?

「搭載」に関するIT製品情報

セキュリティ・管理機能搭載 DHCPアプライアンスサーバ

株式会社インフィニコ

シリーズ全製品が異拠点間冗長に対応、低コストBCP対策を推進

使うほど精度が向上、AI搭載OCRで実現する“ミスなし&手間なし”の請求書処理

株式会社リコー

データ入力や確認、突合チェックなど、ただでさえ手間と時間を要する請求書処理業務だが、特に月末/月初は担当者の負荷が増大しミスが生じやすい。こうした課題を解決するものとして注目されるのが、AI技術を使ったOCRソリューションだ。

Web分離を手軽に実現、クラウドを活用したWebセキュリティ強化

株式会社インターネットイニシアティブ

Webアクセスからの脅威を低減する方法としてWeb分離が注目されている。その反面、コストやユーザー負担の面から実現のハードルが高い。そこで注目したいのが、最新のWeb分離機能を搭載した包括的なWebセキュリティサービスだ。

「第2世代AMD EPYC搭載サーバ」徹底解説――導入企業のエックスサーバーも登壇

Dell Technologies(デル株式会社/EMCジャパン株式会社)

2019年8月にリリースされた新サーバCPU「第2世代AMD EPYC」は、その性能から熱視線を注がれているが、全てのサーバがそのメリットを引き出せるわけではないという。注目すべき性能とともに、搭載サーバに求められる条件、用途を識者に聞いた。

開発ツールやRPA機能も搭載、「基幹系/情報系統合ソリューション」の実力とは

株式会社OSK

業務効率化に向け、基幹系/情報系システムの活用が進んでいる。その一方で、データの二重入力や転記ミスなど、改善の余地は大きい。そこで注目したいのが、基幹系/情報系システムを同一プラットフォームで運用できるソリューションだ。

「搭載」に関する新着セミナー

IT資産管理ソフトSS1の最新版「ver.11」搭載機能をご紹介

株式会社ディー・オー・エス

2019/12/20(金)09:00~2020/10/30(金)17:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 情報システム | ネットワークセキュリティ | 運用管理

「搭載」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。