「ntpサーバ アプライアンス」に近い情報
「アプライアンス」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「アプライアンス」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説サーバとは?

ここで取り上げている「サーバ」は、コンピュータネットワーク上で他のコンピュータ(クライアント)に対して、各種サービスを提供したり、データ共有などを許可するコンピュータのことを指す。サーバの種類には「PCサーバ」「UNIXサーバ」「メインフレーム」などがあり、特定の機能を持ったサーバは「Webアプリケーションサーバ」「データベースサーバ」「ファイルサーバ」などといったものがある。サーバに搭載されるOSは「サーバOS」と呼ばれ、「UNIX」「Windows Server」「Linux」などといった種類があり、それぞれ特長があって用途によって選択される。またサーバ運用にあたっては、「KVMスイッチ」や「UPS(無停電電源装置)」といった周辺機器の存在も重要である。

「アプライアンス」に関する記事情報

国内セキュリティ製品市場、2022年に大きく成長する分野は?

2018年のセキュリティ市場はソフトウェアとSaaS(Software as a Services)型ソフトウェア、アプライアンスともに成長傾向にあると予測する。2019年以降もこの成長は続くとみられるが、中でも今後大きく成長する分野とは。

クラウド時代にハコモノを“あえて出す”ベリタスの意図

2020年には売り上げを現在の2倍にする。そう意気込んだベリタステクノロジーズが新製品として発表したのが2つのアプライアンス。このクラウド時代になぜ“ハコモノ”をリリースしたのだろうか?

3時間でハイブリッドクラウド構築できるデルのアプライアンス製品とは?

デルのサーバやストレージに「Windows Server 2012」や「Windows Azure Pack」が搭載されたアプライアンスが登場した。

「BIツール」シェア(2013年)

データ量が増える中、高速なDBアプライアンス製品の導入による基盤系システムの再構築とともに導入が進む同市場。シェア情報を紹介する。

「DWHアプライアンス」シェア(2011年度)

景気回復とともに投資が増え拡大した「DWHアプライアンス」市場。特定業務のビジネスアナリティックのための技術力などが評価され1位になったのは?

「UTMアプライアンス」シェア(2011年度)

ネットワークに対する脅威が複雑化する中、運用が容易なために中堅中小企業などを中心に導入が拡大する「UTMアプライアンス」市場。シェア情報を紹介する。

「UTMアプライアンス」シェア(2011年度)

既存のUTMからのリプレースなどを中心に拡大するUTMアプライアンス市場。複数機能の活用が進む中、シェア1位のベンダーは?

「SSL VPNアプライアンス」シェア(2009年度)

2009年度の市場が前年対比5.3%増の35.8億円であった「SSL VPNアプライアンス」。シェア情報を紹介する。

「メールセキュリティアプライアンス」シェア(2008年)

2012年には数量ベースで1万7720台、金額ベースで236億5000万円に達すると予測されるメールセキュリティアプライアンス。シェア情報を紹介する。

「UTM(統合脅威アプライアンス)」シェア(2007年)

2007年の市場規模が前年対比67.6%増の315億円と見込まれ、今後大企業への導入進むと予測される「UTM」。シェア情報を紹介する。

「アプライアンス」に関するIT製品情報

Fortinet セキュアSD-WAN

株式会社日立ソリューションズ

クラウド向け通信のブレイクアウトなどにより、ネットワーク負荷の軽減を実現するSD-WAN機能とUTMによる脅威対策を1台のアプライアンスで実現。

クラウド連携からランサムウェア対策まで、バックアップツールの賢い使い方

東京エレクトロン デバイス株式会社

クラウド環境での複雑なバックアップに悩む運用管理者が増える中、必要な機能をアプライアンス1台に統合した、“ハイパーコンバージド型バックアップ専用機”とも呼べるデータ管理基盤が注目されている。その機能と活用方法を紹介する。

バックアップもクラウド時代へ――次世代データ管理基盤は従来製品とどう違う?

東京エレクトロン デバイス株式会社

ストレージの進化に比べ、バックアップ分野では今も旧来の技術が使用され停滞を続けている。この状況を一変させるのが、オンプレミスとクラウド両方におけるバックアップ/リカバリーに必要な機能を、一台に集約したアプライアンス製品だ。

徹底的な効率化で“無劣化I/O”を実現、次世代HCIアプライアンスの実力とは?

シネックスジャパン株式会社

需要が高まり続けるハイパーコンバージド市場の中で、ストレージ処理専用チップや高度なインメモリ技術により、徹底的に効率化を追求した次世代HCIアプライアンスが登場した。ユーザー評価と事例を交えて、その実力を探る。

脅威検知とネットワーク可視化が急務、大規模医療DBを確実に保護する方法とは?

ダークトレース・ジャパン株式会社

大規模医療データベースを確実に保護するため、脅威検知とネットワーク内部の可視化が急務となったメディカル・データ・ビジョン。同社がSIEM製品やプロキシサーバではなく、AIを活用したアプライアンス製品に着目した理由とその効果とは?

「アプライアンス」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。