「mq 仕組み」に近い情報
「m」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「m」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「m」に関する記事情報

クラウドネイティブ、コンテナ技術とVMwareの関係は? 「Project Tanzu」で考える次の5年のITインフラ

クラウドネイティブ、マルチクラウド。この2つのキーワードは、ITインフラを考えたとき、耳にする機会が増えたはずだ。企業IT基盤として実績の多いVMwareもクラウドネイティブとマルチクラウドを意識したコンセプトを打ち出している。まずは基本と最新事情を押さえておこう。

MyAnalyticsとは? 組織分析ツールとの違い、使えるOffice 365のプラン

仕事を頑張りすぎて病んでしまう、最近はそんな話もよく聞く。そうならないために、自身の働きぶりの健全性を客観的視点で分析するのがマイクロソフトの「MyAnalytics」。組織分析ツールとは何が違うのか。MyAnalyticsを使える「Office 365」のプランとは。

Amazonがカリフォルニア州の議員を「悪人」だと断じたワケ:526th Lap

AmazonはEC事業を世界中で展開して成功を収めているが、実はクラウドサービス事業で大成功している企業でもある。だが性能向上に余念のないWebサービスに思いがけない弱点が発見された。

AI-OCRは「手書き文字」をどこまで正確に読み取れるのか

AI-OCRの読み取り精度は既存のOCRと比べてどこまで実用水準に達しているのか。3つのAI-OCR製品を使って、個人差が大きく識別が困難とされる手書き文字の認識率の違いをMM総研が検証した。

こんなにチャットbotに置き換わるなんて……CRM市場動向

IDC Japanは、国内CRM市場の成長率を広告、コンタクトセンター、カスタマーサービスなど6つの分野に分けて調査した。6つのうち、どの分野が成長しどの分野が落ち込んだのか。

メールマガジン一部リニューアルのお知らせ~HTML版の配信をスタートします!

キーマンズネット編集部がお届けする3つのメールマガジンについて、より読みやすく、分かりやすく情報をお届けする目的でHTML版の配信を開始いたします。受信条件などをご確認ください。

社内情報共有ツールの利用状況(2019)/前編

キーマンズネット会員303人を対象に社内情報共有ツールの利用状況を調査した。2018年の同調査と比べて、Microsoft Teamsの利用率が上がるなどの変化が見られた。

Teamsとは? SkypeやSlackとの違い、メリット、おススメの移行方法をマイクロソフトに聞いた

Microsoftがコミュニケーションの主力ツールと位置付けるMicrosoft Teams(以下、Teams)だが、Skypeなどの同社製品やSlackといった他社製品と何が違うのか。メリットや効果、Teamsならではの機能、最適な移行方法は? 日本マイクロソフトに聞いた。

マイクロソフトが「Windows 1.0」の広告を流したワケ:521st Lap

企業がTwitterやInstagramなどに「公式アカウント」を作成し、情報を発信することは珍しいことではなくなった。だからこそ公式アカウントが奇妙な投稿を始めると「乗っ取りか?」なんて思ってしまうわけだ。

「Windows Virtual Desktop」とは? Horizon Cloud on Azureと何が違う? クラウドVDIの選び方ガイド

2019年後半にもGAが予定されるマイクロソフト純正のマネージド型VDI「Windows Virtual Desktop」に注目が集まる。Windows 10やOffice 365ユーザーにとって見逃せない機能も多い。何ができて、どう使えるか、「VMware Horizon Cloud on Azure」「Citrix Cloud」「Amazon Workspaces」と何が違うのかを整理しておこう。

「m」に関するIT製品情報

NRIが全社導入に選んだビジネスチャットの正体とは

株式会社野村総合研究所

働き方改革によりスピード重視のコミュニケーションが不可欠だ。シンプルなUIで誰でも簡単に気軽に使え、チーム内のコミュニケーションが劇的に加速。そこで注目したいのが、多彩な機能と安全性を両立したチャットツールMattermostだ。

RPA実態調査から見えた日本のトホホな状況――「ロボットが止まる」の声も

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

2017年ころから盛り上がりを見せるRPA(Robotic Process Automation)。成功事例を耳にする機会も増え、熱い視線を集めているが、日本の導入状況は世界と比較しても進んでいるとはいえないようだ。さらに導入企業からは具体的な課題も上がっている。アンケート調査から見えてきた真実とは。

タスクの自動化だけでは不十分、事例に学ぶRPAの生かし方と組織体制の在り方

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

ロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、個々のタスクを自動化するものから、特定業務のプロセスを自動化するものに進化し始めている。RPAベンダーAutomation Anywhereが提供する「デジタルワーカー」がその一例だ。企業ではデジタルワーカーをどう活用しているのか、事例でひもとく。

ハード保守終了が迫るIBM i――クラウド移行で注意すべきポイントとは

日本情報通信株式会社

IBM i(AS/400)は、現在もまだ多くの企業で支持を集めているが、2019年にはメーカーによるハードウェア保守が多くのモデルで終了する。そこで有力な選択肢が「クラウド移行」である。提供ベンダーをどう選ぶべきなのか。

製造企業が知っておきたい、B2Bマーケティング成功に向けたMA実践活用術

株式会社セールスフォース・ドットコム

系列企業や既存顧客を中心としたビジネスに限界が見えてきたことから、日本の製造企業もマーケティングオートメーション(MA)に注目し始めている。今からMAに取り組む企業が成功を収めるためには何を知り、どのように実行すべきだろうか。

「m」に関する新着セミナー

【大阪開催】Teamsを徹底解剖 使いこなそう“Office365”

カコムス株式会社

2019/10/25(金)10:00~16:30

  • 大阪府
無料 | 定員40名 | スマートデバイス | 情報共有システム・コミュニケーションツール | 運用管理

半日でわかる!Veeam Backup & Replicationハンズオントレーニング基礎編

株式会社ネットワールド

2019/11/06(水)13:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員12名 | バックアップ

事例登壇 次世代の ポータルサイト LumApps まるわかりセミナー

電算システム

2019/10/23(水)14:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員60名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「m」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。