「mips 平均命令実行時間」に近い情報
「mi」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「mi」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説IPS(侵入防止システム)とは?

IPS(Intrusion Protection System)とは、侵入(Intrusion)を検出し、防御(Protection)するシステムで、IDS(侵入検知システム)の機能に防御機能が備わったものである。IDSは、あくまでも不正アクセスや攻撃、またはその予兆をパケットやアクセスログの解析によって検出し、管理者に通知することを目的としていて、防御自体は行わないのに対して、IPSでは多くの場合、ファイアウォールと連係することで、防御までをカバーする。

「mi」に関する記事情報

Microsoft Teamsの“チーム乱立”を防ぐには? Office 365の運用ルール作りにおける成否の分岐点

従業員の自由を奪うことなくOffice 365をの機能を業務に適用するにはガバナンスをどう考えればいいか。今回は、Microsoft Teamsのガイドラインを例に挙げ、Office 365の運用ルール作りのポイントを紹介する。

「Office 365離れ」はなぜ起こる? 導入のプロが語る利用促進の成否の分岐点

数々のOffice 365の導入案件に関わるマイスターは、Office 365導入後もユーザー企業から相談が絶えないという。それは、ツールの定着に関する悩みだ。なぜこうした相談が多く寄せられるのか。またOffice 365から「Microsoft 365」への突然の名称変更についてもコラムで詳しく解説する。

Windows 10の標準機能だけでセキュアなWebブラウザを作る方法

Windows 10が標準で持つ仮想化機能を活用すれば、特別なツールを使わなくてもセキュアなWebブラウジング環境を用意できる。Chromium版Edgeの便利な使い方とセキュアブラウザの実現方法を解説する。

Chromium版Edgeの「IEモード」は仕事で使える? セキュリティや仕事効率化の便利機能もチェックした

Windows 10の標準ブラウザとなった「Chromium版Edge」は果たして仕事に使える? 「Silverlight」でできたWebサイトはどうする? 「Active X」は動く? 実際の使い勝手をレビューした。思いの他「使える」機能も紹介する。

【速報】Chromium版Edge、日本向けの配信は4月1日以降に延期へ

日本マイクロソフトはWindows UpdateによるChromium版Edgeの配信を、日本の利用者に限り、2020年4月1日以降まで延期する。確定申告などの行政機関向け手続きなどへの影響はひとまず回避できそうだ。

「Chromium版Edge」アップデートの問題と対処法~2020年1月15日のWindows Updateの注意点を解説

2020年1月15日、「Windows 10」ユーザーのデフォルトWebブラウザを一斉に変更するアップデートが予定されている。対策を講じない場合は全従業員の端末で設定が変更されるため、PC管理者は不要な混乱が生じないよう、事前に対策を講じる必要がありそうだ。

「Power Automate」とは? 無料で使えるMicrosoft公式の脱Excel RPAツールでできること

Microsoft純正のエンドユーザーコンピューティング基盤の製品群が「Power Platform」だ。脱Excelツール、セルフサービスBI、RPA……と、今までマイクロソフトテクノロジーの周辺技術とされてきた内容を丸ごと取り込んだ機能の全体像を把握しておこう。

社内情報共有ツールの利用状況(2019)/前編

キーマンズネット会員303人を対象に社内情報共有ツールの利用状況を調査した。2018年の同調査と比べて、Microsoft Teamsの利用率が上がるなどの変化が見られた。

Teamsとは? SkypeやSlackとの違い、メリット、おススメの移行方法をマイクロソフトに聞いた

Microsoftがコミュニケーションの主力ツールと位置付けるMicrosoft Teams(以下、Teams)だが、Skypeなどの同社製品やSlackといった他社製品と何が違うのか。メリットや効果、Teamsならではの機能、最適な移行方法は? 日本マイクロソフトに聞いた。

RPAをAzure上で米国連邦政府機関に提供可能に、Blue PrismがProject Hostsと提携

Blue Prismは、FedRAMP認定を受けたProject Hostsと提携関係を結んだ。これにより、Connected-RPAをMicrosoft Azure上のクラウドサービスとして米国連邦政府機関に提供できるようになる。

「mi」に関するIT製品情報

ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」

EVIDIAN-BULL JAPAN株式会社

各種ITリソースに対する「権限の集中管理」を実現

サーバのセキュリティ脅威に早期対応、「プロアクティブな防御」の導入法

株式会社野村総合研究所

サーバ保護に必須の機能を網羅した総合セキュリティ製品「Trend Micro Deep Security」。その運用負荷を軽減するだけでなく、セキュリティログを活用したプロアクティブな防御まで可能とするソリューションとはどのようなものだろうか。

暗号化ソリューション「nShield HSM」

nCipher Security (Hong Kong) Limited

高レベルの暗号化処理により、あらゆるセキュリティリスクから組織を保護

指静脈認証時の秘密鍵アクセスをHSMで保護し、安全性強化

nCipher Security (Hong Kong) Limited

Hitachi Europeでは、自社グループが開発したBioPKIのセキュリティ強化を目指しHSMを導入。高い安全性を誇るソリューションを提供できるようになった。

プライバシーを保護しe-パスポートのセキュリティを強化

nCipher Security (Hong Kong) Limited

フィンランド人口登録センターでは、e-パスポートに埋め込まれるデジタル証明書の真正性を保証するためHSMを導入。e-パスポートの悪用防止につながった。

「mi」に関する新着セミナー

JBS Microsoft Teams オンラインセミナー ~ 考慮すべきセキュリティリスクと対策のポイント~

日本ビジネスシステムズ株式会社

2020/07/08(水)12:10~12:55

  • オンラインセミナー
無料 | 定員1000名 | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール | エンドポイントセキュリティ

OSSのプロジェクト管理「Redmine」ベースにガントチャートなどを包括提供する「Easy Redmine」とは

マジセミ株式会社

2020/06/25(木)16:00~17:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員17名 | 開発

IBMi専用ツールの活用で在宅でも楽々オンライン業務!

NDIソリューションズ

2020/06/10(水)15:00~15:40

  • オンラインセミナー
無料 | 定員50名 | 基幹系システム

「mi」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。