「mips とは」に近い情報
「mi」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「mi」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説IPS(侵入防止システム)とは?

IPS(Intrusion Protection System)とは、侵入(Intrusion)を検出し、防御(Protection)するシステムで、IDS(侵入検知システム)の機能に防御機能が備わったものである。IDSは、あくまでも不正アクセスや攻撃、またはその予兆をパケットやアクセスログの解析によって検出し、管理者に通知することを目的としていて、防御自体は行わないのに対して、IPSでは多くの場合、ファイアウォールと連係することで、防御までをカバーする。

「mi」に関する記事情報

M365? Home&Business? テレワーク向きのOfficeはパッケージ版かサブスク版か、お得な選び方は

パッケージ版の買い切りと個人向け/企業向けのMicrosoft 365と、ここのところOfficeの種類が多過ぎて何を選ぶのがお得でどんな機能が付いているのかが分かりにくい。特に企業がこれから導入する場合に、管理面を含めて考えるとどの選択がお得だろうか。筆者が独断で情報を整理した。

Microsoft 365は何がどうなった? 新ライセンス体系と最新ユーザー利用動向を解説

「Office 365」が「Microsoft 365」になってライセンスプランはどう変わったのか。Office 365/Microsoft 365を含むオフィススイートの利用率は2019年と比較してどう変わったのか。無料ブックレット(全18ページ)で解説する。

国内1万社が抱える「オフコン沼」、捨てないけれど塩漬けにしない方法

オフコン技術者は「絶滅寸前」か。今も国内に多数残るIBM i(旧:IBM AS/400)などのシステムを、今後どう扱っていくべきか。DX推進待ったなしの状況で、仕様すら把握できず取り残されるレガシーの救済方法を聞いた。

さよなら「Cortana」AIアシスタント戦争に敗れたCortanaの今後は?:574th Lap

「ヘイSiri!」「オッケーGoogle!」「Alexa!」などの“掛け声”でおなじみのAIアシスタント。その一つであるMicrosoftの「Cortana(コルタナ)」の存在を忘れてはいないだろうか。そのCortanaが今、終了の瀬戸際にある。

「Office 365」と「G Suite」の利用状況(2020年)/後編

後編では、Office 365/Microsoft 365とG Suiteの機能の認知度および利用率について調査した。WordやExcel、G Mailといった有名ツールを除き、トップそしてワースト1位になった機能とは?

Office 365の導入から定着、組織改善まで “導入マイスター”が解説する成否の分岐点

「Office 365」(Microsoft 365)のツールやサービスの利用を組織に広めるにはどういった手だてを講じる必要があるか。Office 365の導入のプロによる解説を無料ブックレット(全28ページ)にまとめて提供する。

大手ITベンダーが次々と顔認識技術の提供、開発の停止を表明 その理由は?:567th Lap

IBMを皮切りに、Amazon、Microsoftが相次いで顔認識技術の提供を停止すると発表した。その理由とは。

新Microsoft 365は何がどうなった? 図解で分かるライセンス選び方ガイド

2020年4月22日、Microsoftは「Office 365」を「Microsoft 365」と統合した。しかし、Office 365の名称は完全になくなったわけではない。大企業向けプランにはまだOffice 365の名称のついたプランが存在する。これがライセンスの理解を難しいものとしているようだ。

Microsoft Teamsの“チーム乱立”を防ぐには? Office 365の運用ルール作りにおける成否の分岐点

従業員の自由を奪うことなくOffice 365をの機能を業務に適用するにはガバナンスをどう考えればいいか。今回は、Microsoft Teamsのガイドラインを例に挙げ、Office 365の運用ルール作りのポイントを紹介する。

「Office 365離れ」はなぜ起こる? 導入のプロが語る利用促進の成否の分岐点

数々のOffice 365の導入案件に関わるマイスターは、Office 365導入後もユーザー企業から相談が絶えないという。それは、ツールの定着に関する悩みだ。なぜこうした相談が多く寄せられるのか。またOffice 365から「Microsoft 365」への突然の名称変更についてもコラムで詳しく解説する。

「mi」に関するIT製品情報

SalesforceとIBM iとのシステム間連携で業務省力化を促進

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

サステックはSalesforceと基幹システムのIBM iを連携させるために、コーディングレスのデータ連携プラットフォームを採用。全社的な作業負荷軽減に貢献している。

BIソリューション「MicroStrategy 2020」

マイクロストラテジー・ジャパン株式会社

ビジネスユーザーとITユーザーの全ユーザー層が使えるBIソリューション

BIツールの導入でシステムのシンプル化や自在な情報分析が可能に

マイクロストラテジー・ジャパン株式会社

ライオンは、保守性の低下などの問題を抱えていた基幹業務システムに代り、BI機能を備えたMicroStrategyを導入。システムのシンプル化や自在な情報分析などを実現した。

ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」

EVIDIAN-BULL JAPAN株式会社

各種ITリソースに対する「権限の集中管理」を実現

サーバのセキュリティ脅威に早期対応、「プロアクティブな防御」の導入法

株式会社野村総合研究所

サーバ保護に必須の機能を網羅した総合セキュリティ製品「Trend Micro Deep Security」。その運用負荷を軽減するだけでなく、セキュリティログを活用したプロアクティブな防御まで可能とするソリューションとはどのようなものだろうか。

「mi」に関する新着セミナー

【オンライン開催】Dynamics 365 Business Central 製品紹介ウェビナー

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

2020/11/25(水)11:00~12:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 基幹系システム

【オンライン開催】Dynamics 365 Business Centralウェビナー ~ 会計モジュール編 ~

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

2020/10/14(水)11:00~12:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 基幹系システム

【オンライン開催】Dynamics 365 Business Centralウェビナー ~ 販売管理モジュール編 ~

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

2020/10/28(水)11:00~12:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 基幹系システム

「mi」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。