「lync 音声 途切れる」に近い情報
「音声」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「音声」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「音声」に関する記事情報

音声認識AIがあればセールスの成約率はアップするか

音声認識技術を生かした業務支援サービスが増えつつある。インサイドセールス業務を支援するサービスもリアルタイムで応答内容を分析して会話の作戦を支援する。

AI-OCR、プロセスマイニング、 AI音声認識技術の基礎入門

RPA(Robotic Process AUtomation)の活用が進むにつれて関心を集める「AI-OCR」「音声認識技術」「プロセスマイニング」。何となく知ってはいる、聞いたことはあるけれど、本当に使えるの? 気になる方にぜひ読んでいただきたい基礎入門。

音声認識技術とは? 議事録作成ツールの現在地、オンプレミスとクラウドの違いと選定ポイント

音声認識技術にあらためて注目が集まる。近年は、働き方改革を背景として、議事録作成支援ツールやコールセンターを中心にビジネスでの活用が広まっている。その実力とは? 認識精度やメリット、オンプレミスとクラウドAPIの違い、製品選定のポイントを解説する。

お前もか! Siriとの会話が第三者に盗み聞きされている疑惑が浮上:524th Lap

セキュリティやプライバシー保護にはかなり厳格な態度をとってきたAppleが、Siriの音声データを利用者の意図しない方法で使っていた可能性があるという。テロリストのスマホロックすら拒んできた会社が、まさかそんなことをするなんて。

「Alexa、このワード共有するね!」 Amazonがスマートスピーカーで盗聴ってホント?:510th Lap

「アレクサ」と呼びかければLEDの点滅とともにAIアシスタント「Alexa」が起動し、音声コマンドでさまざまな操作を可能とするAmazonのスマートスピーカー「Echo」シリーズ。2018年第4四半期には全世界で1370万台も出荷されたそうだ。

音声のクラウド化で進む「脱固定電話」「脱PBX」の実態

PBX更改や働き方改革などを契機に、脱固定電話、脱PBXの動きが加速している。音声コミュニケーションの実態に触れながら、クラウドPBXサービスやFMCサービスの仕掛けを紹介する。

「これ、本当に翻訳できたのかな…」63言語を翻訳するIoT端末

 ソースネクストは、音声入力を使った翻訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」が、4月23日からスポーツクラブNASが運用するスポーツクラブにおいて、外国人利用客への接客に活用されることを発表した。

カメラ×AIで何ができる? 専用演算チップを積んだファーウェイの新スマホの実力

スマホのAIといえば「Hey Siri」などの音声アシスタントがおなじみだが、ファーウェイのAIは一味違う。ライカのレンズと連携することで実現する、新機能とは?

LINEのチャットbotと会話して日報や報告書を作成

ビズオーシャンは10月3日、「IBM Watson」の音声解析機能を利用し、LINEのチャットbotと会話することでドキュメント作成ができるサービス「SPALO」の提供を開始した。

ユーザーインタフェースとしてのAI進化論

新たなユーザーインタフェースとしてクローズアップされているAI技術。音声アシスタントやチャットボットなど最新動向を解説する。

「音声」に関するIT製品情報

二要素認証を簡単&スピーディーに実装、音声通話にも対応したAPIサービス

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ

“なりすまし”による不正アクセスを防ぐために欠かせない「二要素認証」だが、導入に当たっては、コストや手間がネックとなる。そこで注目したいのが、二要素認証の機能をAPIで呼び出して自社システムへ簡単に組み込めるサービスだ。

テレワークで、本当に「使ってもらえる」Web会議サービスとは?

プレミアコンファレンシング株式会社

働き方が多様化し、テレワークの必要性が高まる中、Web会議ツールの導入が進んでいる。しかし、「操作性」や「音声品質」の問題からツールが定着しないケースも多い。こうした課題を解決する新たなWeb会議ツールとはどのようなものだろうか。

Wi-Fi最新規格「IEEE 802.11ax」解説、導入に向けて知っておきたいポイントは?

株式会社日立ソリューションズ

Wi-Fi最新規格「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)が注目されている。スループットキャパシティーが従来の4倍になった上、マルチユーザー機能が強化され、音声やビデオなど遅延に敏感な通信にも強くなった。新規格のポイントを確認しておこう。

オンライン会議 「GlobalMeet コラボレーション」

プレミアコンファレンシング株式会社

Dolby音声で圧倒的に高音質なコミュニケーションを実現するオンライン会議サービス。誰でも簡単に使えるシンプルなインターフェースが特徴。

ドキュメント配信管理クラウド「ビジュアモール スマートカタログ」

ソフトバンク株式会社

業務に必要なドキュメントをクラウド上のシステムで管理し、動画や音声を手軽に追加して訴求力の高いコンテンツを作成し、各種デバイスに配信・共有できるサービス。

「音声」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。