「lcmサービス 市場」に近い情報
「市場」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「市場」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「市場」に関する記事情報

「クラウド・バイ・デフォルト」が生むクラウドセキュリティ市場への影響

IDC Japanは2023年までの国内クラウドセキュリティおよびモバイルセキュリティの市場予測を発表した。市場予測から見えたこれからの企業に求められるセキュリティとは。

Twilioが日本法人設立、電話APIを軸にコミュニケーションサービス開発の支援に本気

クラウド型次世代コンタクトセンターソリューションとして、既に多くの実績を持つTwilioが日本法人を設立。国内企業のデジタル変革(DX)拡大を商機とみて日本市場のDXニーズを拾う作戦だ。SIパートナーを拡大し、技術者育成も急ぐ。

Web会議市場再編の兆しか、ブイキューブとNTTテクノクロスが提携

両社の技術とノウハウを持ち寄り、映像コミュニケーション分野で新たな市場を創造する。

こんなにチャットbotに置き換わるなんて……CRM市場動向

IDC Japanは、国内CRM市場の成長率を広告、コンタクトセンター、カスタマーサービスなど6つの分野に分けて調査した。6つのうち、どの分野が成長しどの分野が落ち込んだのか。

NECが順位を落とす……国産ベンダー勢力図激変

IDC Japanは、2018年の国内ITサービス市場のベンダー売り上げランキングを発表した。国産ベンダー勢力図に変化が見られた。

5年後には2018年の約19倍に? 爆発的成長を見込む国内SD-WAN市場

IDC Japanの調査によれば、SD-WAN市場は2019年には揺籃(ようらん)期から成長期に移り市場に広く普及するだろうと予測する。2023年までの市場規模(支出額ベース)を発表した。

国内5G市場の飛躍に欠かせないものとは? 今後市場はどう成長する?

IDC Japanが、国内5G市場予測を発表した。5Gが広く普及するには、通信サービスや多用な端末の普及が欠かせない。国内でこれらの準備が整うのは、いつなのか。

事業環境の変化をどう乗り越える? 商社、医療機器メーカー、重工業 3社それぞれのケーススタディ

業界再編、関連会社の統廃合、市場変化やマネジメントの刷新と、企業を取り巻く環境に落ち着く暇はない。この環境変化に、限られた時間と予算でどう知恵を絞るのか。3社の実例を紹介する。

「ワイヤレスファースト」がけん引するネットワーク機器市場 2023年までの展望は?

IDC Japanの調査によると、企業での「ワイヤレスファースト」の動きが浸透し、2018年の無線LAN機器市場は大きく成長した。2018年から2023年にかけて、企業向けネットワーク機器市場全体はどう変化するだろうか。

Windows Server 2008のサポート終了で激震する国内VDI市場

2019年~2023年の国内クライアント仮想化関連市場は、平均成長率(CAGR)4.2%で成長し、2023年には8858億円まで拡大するという。背景には、Windows 7/Windows Server 2008のサポート終了によるVDIやSBCの需要拡大などがある。

「市場」に関するIT製品情報

実機検証で見えた最新HCIの実力、仮想マシンを300個複製しても容量は変化なし?

SB C&S株式会社

成熟期を迎えつつあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)市場では、その製品の進化も目覚ましい。国内でもいち早く実機検証を進めてきた仮想化業界のスペシャリストを2名招き、最先端製品の実力と国内企業の関心を議論しあった。

分岐点に立つロボティクス、アジア太平洋地域の企業調査で見えた成功要因とは

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

業務の自動化と効率化に寄与するRPAとIAだが、実際に現場に浸透させるには、試行錯誤の時間を要する。この分野での立ち遅れが指摘されるアジア太平洋・オセアニア地域の市場調査を通じ、ロボティクス実装のポイントを探った。

ハイパーバイザー市場で利用シェアが拡大、「Nutanix AHV」が選ばれる3つの理由

TIS株式会社

近年のハイパーバイザー市場において、「Nutanix AHV」が着実に利用シェアを伸ばしている。その「3つの理由」を明らかにするとともに、Nutanix AHVの導入を検討する際に押さえておきたい機能の数々を紹介する。

市場調査から導く、いま選ぶべきオススメHCIとは?

株式会社ネットワールド

既存システムの複雑化やインフラ管理者不足などの課題を解消するものとして、普及が進むHCI。しかし多様な製品の中から自社に合うものを選ぶのはより困難になっている。そこでHCIの特徴を改めて解説しながら、今選ぶべき製品を紹介する。

オールフラッシュアレイ選定ガイド:12社25製品を比較して分かった推奨製品

日本ヒューレット・パッカード株式会社

優れたパフォーマンスやTCOの削減効果から導入が広がるオールフラッシュアレイ。ただ、市場に多数の製品が出そろったことで、その評価も難しくなっている。そこで80以上の製品を比較評価し、特に優れた製品を抽出した。

「市場」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。