「lcmサービス 市場」に近い情報
「市場」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「市場」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「市場」に関する記事情報

好調な無線LAN頼みか、厳しい成長率が続くネットワーク機器市場予測

企業内のネットワーク環境には、イーサネットスイッチやルーターなど有線ネットワークを構成する機器をはじめ、アクセスポイントなど無線ネットワークを構成するためのネットワーク機器が存在する。これらネットワーク機器における2024年までの成長率に関する予測について見ていきたい。

コロナ禍なのにコラボレーション市場が"谷"を迎えたワケ

IDC Japanによれば、国内ユニファイドコミュニケーション、コラボレーティブワークスペース市場は、2020年は一時的に鈍化するものの2021年以降は堅調な伸びが予測されるという。

グループウェアの利用状況(2020年)/前編

グループウェア市場にはさまざまなプレイヤーが存在し、製品やサービスも多様化している。現在最も利用されているグループウェアを探るために、勤務先で利用しているグループウェアを読者に尋ねたところ、2019年の順位と比べて変化があった。

さらに沈むICT市場、新型コロナはどこまで追い打ちをかけるのか?

IDC Japanは、新型コロナ感染症拡大の現状を受け、下方修正を発表した。2020年4月3日の予測で唯一プラス成長を維持した「Software」が最も大きな下方修正となるという。

IaaS/PaaSの市場規模がハウジングを抜く 国内データセンタービジネス市場予測

富士キメラ総研の調査によると、従来データセンターサービス市場の中心であったハウジング市場をIaaS/PaaS市場が上回る結果となり、今後もその傾向は顕著になると予測されている。また、これまで半々だった国内のオンプレミスとデータセンター内稼働サーバの割合にも、大きな変化が訪れそうだ。

新型コロナウイルス感染症がICT市場に与えるインパクト

2020年4月現在、世界規模で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が猛威を振るっており、日本においては緊急事態宣言が発出されるなど、ビジネス環境での変化も避けられない状況だ。ここで、COVID-19の最新状況を考慮した国内ICT市場予測について見ていきたい。

「ウェアラブルデバイス」シェア(2019年第4四半期、通年)

音声アシスタント技術の進展により2019年第4四半期および通年のウェアラブルデバイス市場は耳装着型デバイスが大きく躍進した。2019年第4四半期および通年で世界と国内のウェアラブルデバイス市場のトップ5を占めたベンダーはどこか。

「外付型ストレージ」シェア(2019年第4四半期、2019年通年)

IDC Japanは国内外付型エンタープライズストレージ市場の2019年第4四半期(10月~12月)および2019年通年実績を発表した。調査開始以来、国内大手3社の合計シェアは最低となった。

パブリッククラウド市場はどこまで伸びる? 4年後の市場を予測

IDC Japanの見立てによる4年後の2024には、国内パブリッククラウドサービス市場の支出額ベースの規模は1兆円を超すだろうという。

「コロナ禍」で国内IT市場は4.5%縮小、最悪のシナリオはさらに下振れも、IDC Japan予測

IDC Japanは2020年4月3日、「新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内ICT市場予測」を発表した。悲観的シナリオもあるが、各自の施策で状況を改善できる可能性もあるという。

「市場」に関するIT製品情報

市場停滞期を乗り越える鍵、プラットフォームビジネス参入を成功させる成長戦略

日本電気株式会社

既存ビジネスの停滞への危機感から、ライフライン関連の従来型企業の間でも、顧客ロイヤリティーを高めるための取り組みが始まっている。その中でも大きな可能性を秘めている「プラットフォームビジネス」を成功させるための成長戦略とは?

アナリティクスで全従業員を強化――5つの障壁を超えて「データ主導型企業」へ

クリックテック・ジャパン株式会社

市場の絶え間ない変化に対応しながら、ビジネスを成功に導くためには、企業全体にデータ活用の文化を根付かせなければならない。しかし、その実現のためには、データ主導型企業への変革を阻む5つの障壁を乗り越える必要がある。

海外輸出入の大幅な業務効率化を達成できた要因とは?

株式会社パシフィックビジネスコンサルティング

アジア市場規模の急拡大により、手作業での業務が限界だったグローブライドでは、業務を全面的に見直し、業務効率を大幅アップすることに成功した。その成功要因を探る。

非エンジニア人材にもAI学習を、そのメリットと効率的な育成のポイントとは

キラメックス株式会社

2030年、日本のAI市場は現在の4倍になるとの試算もあり、AI人材の需要が高まっている。こうして人材の争奪戦が激化する中で、注目され始めたのが非エンジニア人材へのAI研修だ。そのメリットと効率的な育成のポイントを紹介する。

問い合わせ件数が10倍増、事例に学ぶアジア市場でも負けないWebマーケティング

株式会社セールスフォース・ドットコム

市場の成熟や社会の情報化が急速に進む中で、アウトバウンド営業に頼った従来型の営業活動で伸び悩む企業が増えている。このような企業が、自らリードを獲得し、成約できる営業力を獲得するためには、何が必要となるのだろうか。

「市場」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。