「k-匿名化」に近い情報
「k-」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「k-」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「k-」に関する記事情報

ビル・ゲイツが行列に並んでまで欲しかったモノ:501st Lap

「IT長者」といえば誰を思い出すだろうか。Amazonのジェフ・ベゾス氏? Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏? ソフトバンクの孫 正義氏? アリババのジャック・マー氏? いやいや、誰か忘れていないか?

無料LINE WORKSはサイボウズLive代替グループウェアになる?

無料グループウェアとして人気の「サイボウズLive」のサービス終了が迫る。乗り換え先に名乗りを上げたLINE WORKSはグループウェア的機能のほとんどを無料で開放する。

これがFBのやり方か? 5000万人もの情報を流出しておきながら……:485th Lap

Facebookのユーザー情報が流出した可能性あるというニュース。もしあなたがFacebookのユーザーだったとしたら何をするだろうか。

ユーザーが丸裸? Facebookが考え出したちょっと危険な新特許:472nd Lap

個人情報の流出問題などで何かと厳しい視線を集めているFacebook。CEOのザッカーバーグ氏が米上院議会の公聴会に呼び出され、スーツ姿でITのことをよく分かっていない議員に対して弁明する姿はちょっとした衝撃だった。どうやらFBIも動き出したようで事態はまだまだ終息する気配をみせない。

Sansanの全従業員がミッションに向かい続けるためのツールとは?

Googleも活用する目標管理の仕組み「OKR」をSansanが採用した。さらにOKRの仕組みを最大限に生かすツールの活用も進めている。急成長する同社を支える仕組みだというが、その効果とは?

Watson AIとコンテナ技術の使いどころ、管理のポイント

2018年3月「Think 2018」発表した内容を基に、日本IBMが国内での展開を整理した。Watsonの名の下で、データ基盤を強化する。全体の概要を整理した。

買い物客の動向が丸見え? その導線を操るIoTツール登場

テックファームは、Beaconを活用した販促支援IoTソリューション「Minaklu(ミナクル)」の提供を5月から開始した。ユーザーの位置情報や会員属性に合わせて適切な情報発信を行い、施設内の買い回りを促進できるという。

「これ、本当に翻訳できたのかな…」63言語を翻訳するIoT端末

 ソースネクストは、音声入力を使った翻訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」が、4月23日からスポーツクラブNASが運用するスポーツクラブにおいて、外国人利用客への接客に活用されることを発表した。

ビジネスチャット3製品を比較、話題のSlackも紹介

チャットアプリは便利だが、仕事でちゃんと「使える」ツールとなると限られる。「Slack」「ChatWork」「LINEWORKS」の使ってみないと分からない便利な機能を基礎から紹介する。

レノボ、ワークスタイル別の「ThinkPad」新シリーズを発表

ThinkPadの新シリーズ14製品が登場した。レノボ・ジャパンの新しい会議システム「ThinkSmart Hub 500」もお披露目された。それぞれの特徴を一覧で紹介する。

「k-」に関するIT製品情報

「XenDesktop」「VMware Horizon」の2大VDIを比較 VMwareがCitrixを猛追

ヴイエムウェア株式会社

Citrix Systemsは、デスクトップ仮想化市場で相変わらず大きく優位を保っている。だが幾つかの要因から、VMwareの市場シェア拡大を許す可能性がある。

AWS社内利用の公式化で、新規サービスの低コストかつ短納期開発を実現

KDDI株式会社

KDDIではクラウド利用のガイドラインを整備してAWSの社内利用を公式化している。「auでんきアプリ」にもAWSを採用し、低コストかつ短納期の開発を実現。

復旧作業の効率化と再発防止に必須、インシデント対応プラン策定の9ステップ

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

インシデント対応を迅速化し再発を防ぐには、KPIの定義やテストの実施、予算やリソース計画をはじめとしたプラン策定が欠かせない。いざというときの復旧作業の妨げにならないよう、チェックしておきたい9つのステップとは?

SIEMが収集した膨大なデータをどう生かす? 海外銀行に学ぶサイバー攻撃対策

マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社

トルコの銀行大手であるFinansbankでは、セキュリティ対策のためSIEM製品を導入していたが、それにより保存される膨大なユーザーデータの活用に頭を悩ませていた。それらを高速で分析し、悪質な行動を特定するため、同社が取った方法とは。

APT攻撃も迅速に検出、オランダの金融機関「Rabobank」の事例に学ぶSIEMの実力

マイクロフォーカスエンタープライズ株式会社

検出が難しく、攻撃に気付かないことも多いAPT攻撃の対策に追われていた、オランダの金融機関「Rabobank」。ログ管理製品で行っていた、セキュリティアラート分析の生産性と有効性を高めるため、同社が選んだSIEM製品の実力を探る。

「k-」に関する新着セミナー

LINE WORKS オンラインセミナー

株式会社サテライトオフィス

2019/03/04(月)16:00~17:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員80名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「Workplace by Facebook」オンラインセミナー

株式会社サテライトオフィス

2019/03/06(水)14:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員80名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール

LINE WORKS 活用セミナー・4/9東京

株式会社サテライトオフィス

2019/04/09(火)14:00~16:30

  • 東京都
無料 | 定員100名 | スマートデバイス | 情報共有システム・コミュニケーションツール

「k-」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。