「ja共済」に近い情報
「ja」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ja」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ja」に関する記事情報

1296社のCIOに聞いた、DX予算よりも深刻な問題

IDC Japanは、1296社のCIO(最高情報責任者)を対象として、IT投資動向に関する調査を行った。企業が投資を増やしている分野や、IT部門が抱える課題が明らかになった。

部分最適DXで新たなサイロ化が進む?

デジタルフォーメーション(DX)というキーワードが叫ばれて久しいが、企業の取り組みは進んでいるのか。IDC Japanは、国内企業を対象にDXの動向調査を実施。同社によれば、多くの企業がDXの効果を実感できていないという。DXの課題とは?

Arcserveが国内でクラウドバックアップ/DRサービス強化、自前でDCを提供

Arcserve Japanがクラウドバックアップ、ディザスターリカバリー(DR:災害復旧)施策を強化。自前のデータセンター提供の他、小規模拠点やエッジデバイスの一元バックアップを視野に入れたサービス提供を開始する。

Dockerブームはウソだった? 1年たってピタリと止まった導入率

IDC Japanは、コンテナインフラストラクチャソフトウェアの「Docker」とコンテナオーケストレーションツールの「Kubernetes」の導入状況について調査した。コンテナの使用状況は2018年と比較してどう変わったのか。

こんなにチャットbotに置き換わるなんて……CRM市場動向

IDC Japanは、国内CRM市場の成長率を広告、コンタクトセンター、カスタマーサービスなど6つの分野に分けて調査した。6つのうち、どの分野が成長しどの分野が落ち込んだのか。

NECが順位を落とす……国産ベンダー勢力図激変

IDC Japanは、2018年の国内ITサービス市場のベンダー売り上げランキングを発表した。国産ベンダー勢力図に変化が見られた。

5年後には2018年の約19倍に? 爆発的成長を見込む国内SD-WAN市場

IDC Japanの調査によれば、SD-WAN市場は2019年には揺籃(ようらん)期から成長期に移り市場に広く普及するだろうと予測する。2023年までの市場規模(支出額ベース)を発表した。

国内5G市場の飛躍に欠かせないものとは? 今後市場はどう成長する?

IDC Japanが、国内5G市場予測を発表した。5Gが広く普及するには、通信サービスや多用な端末の普及が欠かせない。国内でこれらの準備が整うのは、いつなのか。

「ワイヤレスファースト」がけん引するネットワーク機器市場 2023年までの展望は?

IDC Japanの調査によると、企業での「ワイヤレスファースト」の動きが浸透し、2018年の無線LAN機器市場は大きく成長した。2018年から2023年にかけて、企業向けネットワーク機器市場全体はどう変化するだろうか。

NECとBoxが協業、互いの強みを生かした「働き方改革」を支えるソリューションとは

NECとBox Japanはクラウドコンテンツマネジメント分野で協業することを発表した。この協業に関し、BoxとNECはそれぞれどのような強みを生かせるのか。

「ja」に関するIT製品情報

地理的データの活用、視覚化でインサイトを効果的に伝える「4つの要件」とは

Tableau Japan株式会社

データ理解において地図の重要性は言うまでもない。BIツールのダッシュボードにマップ機能を組み合わせることはデータの理解を深め、新たなインサイトの獲得を助けもする。そのためにマッピングツールに求めるべき要件が4つあるという。

なぜ上手に使えない? 企業がBIツールで「メタデータ」を持て余す4つの理由

Tableau Japan株式会社

BIツールが、エンドユーザーの意思決定をサポートするスピーディーなソリューションとしての重要性を高める中で、効果的に活用されていないのが「メタデータ」だ。メタデータを宝の持ち腐れにせず、その価値を引き出すポイントを紹介する。

IT部門のジレンマを解消、ITSMとITOMを協調的に運用するための最初の2ステップ

ServiceNow Japan 株式会社

IT部門の多くが「サービスの可用性向上」と「イノベーションの創出」の両立に悩む現状を打開するには、ITサービス管理(ITSM)とIT運用管理(ITOM)の協調的な運用が必要になる。それを実現する最初の2ステップについて、詳しく解説する。

リアルタイムな意思決定に必須、ITマネジメント全体でビューを統一する方法は?

ServiceNow Japan 株式会社

ITSMとITOMの協調的な運用を実現するためには、6つのステップを踏んでプラットフォームを構築する必要がある。ここでは、その最後の要素となる「ITサービスおよびオペレーション全体でのビューの統一」について、詳しく解説する。

ITSMとITOMの協調的運用の鍵、障害検出/インシデント対応/復旧のポイントは?

ServiceNow Japan 株式会社

IT部門が抱える諸課題を解決するには、ITSMとITOMを統合したインテリジェントなアプローチが必要となる。ここではその6つのステップの中から「プロアクティブな障害の検出」「インシデント対応」「自動復旧」の3つを取り上げて解説する。

「ja」に関する新着セミナー

自動車業界向けIBP-計画・分析の高度化を加速せよ(第1回)

Board Japan株式会社

2019/09/17(火)10:00~11:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 基幹系システム | 情報システム | データ分析

自動車業界向けIBP-計画・分析の高度化を加速せよ(第2回)自動車部品サプライヤー様向IBP

Board Japan株式会社

2019/10/25(金)10:00~11:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 基幹系システム | 情報システム | データ分析

Jenkins Day Japan 2019

テクマトリックス株式会社

2019/10/11(金)12:40~18:00

  • 東京都
無料 | 定員300名 | 開発

「ja」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。