「ja共済」に近い情報
「ja」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ja」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ja」に関する記事情報

「第3のプラットフォーム」2023年までに最も成長する産業分野はコレ

IDC Japanは、「第3のプラットフォーム」市場における成長予測を発表した。同市場で「CAGRが12%超え」の産業分野があるというが、その分野とは?

「Future of Work」は2020年の一大潮流となるか

働き方改革の次の考え方とされる「Future of Work」。言葉の定義や意味はまだはっきりとしていない部分もあるが、単なる働き方改革の延長線にあるものではなさそうだ。IDC Japanは、2020年の重要なキーワードとなると予測している。

2020年以降、セキュリティ市場はどう変わる? 2023年までの展望を解説

IDC Japanの調査によれば、クラウドシフトの動きによりSaaS型セキュリティソフトウェアのニーズが高まっているという。また2020年秋以降は政府が主導するクラウド・バイ・デフォルトにより、市場に変化がありそうだ。

1000社の働き方改革事情――RPAの導入率は? 次に注目する技術は?

IDC Japanが約1000社を対象に働き方改革の動向を調査。企業における取り組みの実施状況や、改革をけん引する業種、働き方改革を背景に導入、注目されているテクノロジーが明らかになった。RPAの導入率は? 企業が注目している技術は?

2020年は何が“来る”のか? エンタープライズITを占う10大予測

2020年は「as a Service」の考え方はSIerにも求められ、働き方改革も次のフェーズへと移るだろうとIDC Japanは考える。これに対して、組織は何を考え、どう意識転換するべきか。

「スマートフォン」シェア(2019年第3四半期)

IDC Japanは、「2019年第3四半期国内携帯電話・スマートフォン市場実績値」を発表した。スマートフォン市場を縮小させる要因とは。

「PC」シェア(2019年第3四半期)

IDC Japanは、2019年第3四半期のPC出荷台数を発表した。第2四半期に続き好調が続く中、前期と比べるとわずかに市場占有率を落とした“1社負け”のベンダーがあった。

「ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム」シェア(2018年)

国内の企業の間で、ネットワークの仮想化および自動化が進む。企業はどのベンダーのサービスを利用しているのだろうか。IDC Japanが2018年の売り上げ別市場シェアを発表した。

「PC」シェア(2019年第2四半期)

IDC Japanは、2019年第2四半期のPC出荷台数を発表した。前年と比較して出荷台数はどう変わったのだろうか。また、トップ5のベンダーはどこか。

2019年に1番もうかるセキュリティ分野は?

2019年のセキュリティ市場は、どの分野に最も投資されるのだろうか。また、業種別、地域別、企業規模別にみるセキュリティ分野への投資状況は? IDC Japanが調査した。

「ja」に関するIT製品情報

経営管理の「9つの重要トレンド」が示す、データ活用プラットフォームの必要性

BOARD Japan株式会社

2018年、企業の未来を左右する重要トレンドとして注目される分野が9つある。それらの実現のカギとなるのが、BIや業績管理、アナリティクスといった意思決定に必要な機能を統合したデータ活用プラットフォームだ。その実力を探る。

財務計画と分析でどう差をつける? 成功企業に学ぶ「12の秘訣」とは

BOARD Japan株式会社

自社の財務計画/分析のプロセスに不満を抱く企業が多い一方で、継続的に成果を上げ続けている企業もある。戦略を効果的に実行し、リソースの最適化やプロジェクトの協調を達成するため、成功企業が実践している「12の秘訣」とは?

BIと企業業績管理を統合、KPMG Financeの意思決定プロセスを変えたツールとは?

BOARD Japan株式会社

KPMG Financeでは、市場変化の早さに対応するため、データ分析や経営計画、予算シミュレーションなどを、総合的に扱えるシステムを必要としていた。ユーザーの操作性とデータへのアクセス性を要件に、同社が選んだツールの実力に迫る。

BI・予測分析・業績管理を統合、次世代経営管理プラットフォームで何が変わる?

BOARD Japan株式会社

企業の各部門が、それぞれ固有のBIやExcelによる管理で計画を策定している状況では、組織全体の予実や計画・シミュレーション管理の効率化は難しい。そこで、BI、予測分析、業績管理を統合した次世代の経営管理プラットフォームを紹介する。

BIと財務機能を統合、コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズに学ぶ経営変革

BOARD Japan株式会社

財務・経営管理の課題を解決したい企業にとって、デジタルイノベーションへの期待は大きい。そこで本資料では、コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズの事例から、財務の簡素化や計画立案手法の改革の方法を探る。

「ja」に関する新着セミナー

失敗例から見る、JUnitによるJava単体テストの課題と、工数削減の方法~Jtestとは~

マジセミ株式会社

2020/03/13(金)15:00~16:50

  • 東京都
無料 | 定員17名 | 開発

「ja」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。