「jaバンクeラーニングへようこそ」に近い情報
「ja」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ja」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説eラーニングシステムとは?

eラーニングとは、ITやネットワークを活用して実現される教育の仕組みのこと。このeラーニングを支えるIT基盤がLMS(Learning Management System:学習管理システム)で、受講者の管理や学習コンテンツの配信などを行う。つまりeラーニングシステムとは、LMSの上でデジタル教材(=コンテンツ)を利用する仕組みのことをいう。

「ja」に関する記事情報

NECが順位を落とす……国産ベンダー勢力図激変

IDC Japanは、2018年の国内ITサービス市場のベンダー売り上げランキングを発表した。国産ベンダー勢力図に変化が見られた。

5年後には2018年の約19倍に? 爆発的成長を見込む国内SD-WAN市場

IDC Japanの調査によれば、SD-WAN市場は2019年には揺籃(ようらん)期から成長期に移り市場に広く普及するだろうと予測する。2023年までの市場規模(支出額ベース)を発表した。

国内5G市場の飛躍に欠かせないものとは? 今後市場はどう成長する?

IDC Japanが、国内5G市場予測を発表した。5Gが広く普及するには、通信サービスや多用な端末の普及が欠かせない。国内でこれらの準備が整うのは、いつなのか。

「ワイヤレスファースト」がけん引するネットワーク機器市場 2023年までの展望は?

IDC Japanの調査によると、企業での「ワイヤレスファースト」の動きが浸透し、2018年の無線LAN機器市場は大きく成長した。2018年から2023年にかけて、企業向けネットワーク機器市場全体はどう変化するだろうか。

NECとBoxが協業、互いの強みを生かした「働き方改革」を支えるソリューションとは

NECとBox Japanはクラウドコンテンツマネジメント分野で協業することを発表した。この協業に関し、BoxとNECはそれぞれどのような強みを生かせるのか。

調査で分かった829社のセキュリティ対策実態2019

IDC Japanは、国内企業の情報セキュリティ対策 実態調査結果を発表した。2019年のセキュリティ投資分野やCSIRTの設置状況、過去1年のセキュリティ被害状況と被害額などについて明らかにした。

「スマートフォン」シェア(2019年第1四半期)

IDC Japanは、「2019年第1四半期国内携帯電話・スマートフォン市場実績値」を発表した。2019年春に発表された「分離プラン」は携帯電話、スマートフォン市場にどれだけ影響を与えたか。

アナリストが警告 日本のAI活用が今のままでは“まずい”ワケ

年々拡大を見せるAI市場。IDC Japanによると、2022年にはグローバルで792億ドル規模の市場になると見込む。同社は、国内のAI市場も右肩上がりになるだろうと見ているが、不安要素があるという。

「WANサービス」シェア(2018年)

IDC Japanが「国内WANサービス市場シェア」を発表した。大手5社が市場シェアの8割が占める中、その競争は激化しているという。2018年に首位を取ったサービスベンダーはどこか。

Nutanix Acropolisにもネイティブ対応、Windows ServerのEoS対策も視野にデータ保護を強化したArcserve新版

Arcserve Japanはサーバ向けのバックアップツール2製品の出荷を開始した。イメージバックアップツールのUDP 7.0と、レプリケーションツールのRHA 18.0で、Windows Server 2019など最新のOSに対応した。

「ja」に関するIT製品情報

SIEMの制約事項を解消、分析主導型プラットフォームが求められる7つの理由とは

Splunk Services Japan

イベント関連のログ収集に限定される旧来のSIEMは、検出や調査の限界、安定性の欠如などさまざまな“制約”を抱えている。その代替案として注目される分析主導型のSIEMプラットフォームについて、基本要件や技術的機能を解説する。

DevOpsの俊敏性を最大化、データ分析プラットフォームがもたらすビジネス成果

Splunk Services Japan

DevOpsでは8つのステップを絶え間なく反復するが、各ステップで異なるツールを使用すると、プロセスの可視性や俊敏性の低下を招く。この落とし穴を回避するには、データに基づいてフィードバックを提供する分析プラットフォームが必要だ。

担当するサーバは1人当たり平均59台、調査で判明したITインフラ管理の優先課題

Splunk Services Japan

オンプレミスかクラウドかを問わず、ITインフラの規模と複雑さに起因する問題から、運用能力に不安が残る企業が増えているという。2497人を対象に行ったグローバル調査で判明した「ITインフラ管理における最大の課題」とは。

APMだけでは不十分、アプリケーションの“中断”を回避するための管理手法とは

Splunk Services Japan

ビジネスアプリケーション要件のサポートでは、スピードはもとより“中断”を防ぐことが何より重要になる。だが複雑化の一途をたどるIT環境において、アプリケーション管理を最新化するためには、従来のAPMツールだけでは不十分だという。

AI活用を阻む膨大なデータ、インサイトを獲得するために必要なアプローチとは

Splunk Services Japan

AIと機械学習を意思決定に生かす動きが加速する一方、膨大なデータの精緻化に時間や手間がかかり、価値を実感できないケースは少なくない。そこで必要なのが、分析のための準備を終えたデータに対し、機械学習を適用するソリューションだ。

「ja」に関する新着セミナー

IBP:統合事業計画によるデジタルトランスフォーメーションの推進

Board Japan株式会社

2019/08/20(火)10:00~10:30

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | 基幹系システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール | データ分析

「ja」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。