「it部署名」に近い情報
「it部」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「it部」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「it部」に関する記事情報

1296社のCIOに聞いた、DX予算よりも深刻な問題

IDC Japanは、1296社のCIO(最高情報責任者)を対象として、IT投資動向に関する調査を行った。企業が投資を増やしている分野や、IT部門が抱える課題が明らかになった。

“ポケモン”の管理はもう限界……G ドライブでもファイルサーバでもなくBoxにしたワケ

ファイルサーバでのデータ共有に限界を感じていたポケモンのBox導入の裏側を同社のIT部門が明かした。Boxと連携すると便利な外部ツール、複数のクラウドストレージの使い分けといった「試行錯誤の上で見いだした」ポイントも伝授する。

ServiceNowとは何か、企業全体の働き方改革にどう効くか

ServiceNowがいよいよ非IT部門を含む日本企業の業務改革全般に本腰を入れる。ITサービスマネジメントで培った標準化と運用のノウハウを、人事やマーケティングその他、全社ワークフローの標準化に適用すべく、エコシステムを拡大する。

「クラウドに移行したらコスト増大」が発生するカラクリ

日本企業のクラウド利用は進んでいる。なのに、どうにもコスト削減に結びついていない上にIT部門は煩雑なExcel仕事が増えがちだという。日本企業のITインフラの現状と課題を取材した。

何でもRPA化で無法地帯……秘伝のロボ術で起死回生した百貨店企業

2016年からRPAを導入し、年間4600時間分の削減したJ.フロント リテイリング。しかし、その過程では「IT部門が関与しないところでRPAが作られ、“無法地帯が生まれる」といった苦労を経験した。苦労の中で編み出した、秘伝のロボット活用術を紹介する。

BtoBメーカーの業界再編、三菱商事グループ3社が選択したIT基盤「合従連衡」策とは

事業の統廃合や買収、企業グループ間の移動はもはや当たり前によくある話。ワークフローを整理してすぐに成果を出さなきゃいけない時代に、IT部門に課されるお題はムチャぶりだらけ。どうすれば効率よくできる?

IT部門として理解しておくべきHRテクノロジー

労働人口減少への対応や働き方改革といった人事部門が直面する課題解決に役立つHRテクノロジー。トレンドについて徹底解説する。

伸びる事業部門のIT支出、積極的な業界はどこ?

IT予算を持つ事業(LOB)部門が増えている。IDC Japanの調査によれば、その割合は全体の約4割となった。まだまだIT部門の方が大きいが今後5年の成長率ではLOB部門が上回っている。

見知らぬ国から訴えられても大丈夫? IT部門の証拠開示能力が問われる訴訟リスク対策

知らない国から訴えられた結果、証拠が足りなくて罰金刑、退職者が取引記録を消去してしまえば罰金請求。事業規模を問わず起こり得るリスクに、どう対処するか。

短期間でのシステム再構築、IT部門の汗と涙の6カ月間

オフィス業務を支えるシステム基盤が年内で使用できなくなる。頭を抱えるような問題にぶつかった昭和シェル石油は、約6カ月という短期間で社内のシステム基盤を再構築し、“最新ピッカピカ”の状態へと刷新した。

「it部」に関するIT製品情報

フリーWi-Fiの業務利用に付きまとうジレンマ、安全に利用する手段はないのか?

アルプス システム インテグレーション株式会社

情報漏えいリスクさえ解消できれば、フリーWi-Fiはモバイルワークを推進したい企業にとって安価で便利な手段となる。IT部門の意識調査から、あらためてフリーWi-Fiの利点とリスクを確認するとともに、今のニーズに合う解決策を探る。

インフラ刷新の理想形、Software-Defined Data Center導入の最も簡単な方法

ヴイエムウェア株式会社

IT部門に求められるタスクが高度化する中で、次世代型インフラへの期待感が高まっている。その理想形の1つである「Software-Defined Data Center(SDDC)」への移行において、最も簡単な方法とはどのようなものだろうか。

IT部門の新たな役割、セルフサービスアナリティクスのためのガバナンス戦略構築

インフォマティカ・ジャパン株式会社

デジタル変革によりデータ活用の手法が変化する中、IT部門と業務部門のコラボレーションを前提とした「セルフサービスアナリティクス」の実現が不可欠となっている。こうした中で組織に求められるガバナンス戦略とは?

IT部門のジレンマを解消、ITSMとITOMを協調的に運用するための最初の2ステップ

ServiceNow Japan 株式会社

IT部門の多くが「サービスの可用性向上」と「イノベーションの創出」の両立に悩む現状を打開するには、ITサービス管理(ITSM)とIT運用管理(ITOM)の協調的な運用が必要になる。それを実現する最初の2ステップについて、詳しく解説する。

ITSMとITOMの協調的運用の鍵、障害検出/インシデント対応/復旧のポイントは?

ServiceNow Japan 株式会社

IT部門が抱える諸課題を解決するには、ITSMとITOMを統合したインテリジェントなアプローチが必要となる。ここではその6つのステップの中から「プロアクティブな障害の検出」「インシデント対応」「自動復旧」の3つを取り上げて解説する。

「it部」に関する新着セミナー

IT部門ではない人のためのスクラム入門【1日間・6PDU】

ラーニング・ツリー・インターナショナル株式会社

2019/10/30(水)10:00~17:00

  • 東京都
50,000円(税抜) | 定員20名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール | 開発

「it部」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。