「it市場」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「it市場」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「it市場」に関する記事情報

「コロナ禍」で国内IT市場は4.5%縮小、最悪のシナリオはさらに下振れも、IDC Japan予測

IDC Japanは2020年4月3日、「新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内ICT市場予測」を発表した。悲観的シナリオもあるが、各自の施策で状況を改善できる可能性もあるという。

特需の嵐が去った国内ITサービス市場、今後4年間の見通しは?

元号の改正に消費増税、「WIndows 7」のサポート終了に伴うクライアントPCの買い替え需要など、2019年の国内IT市場は多くの特需に恵まれた1年だった。その反動で2020年の成長率はやや鈍化するというが、国内ITサービス市場の成長率は今後どう変化するか。

地場のSIerは生き残れるか? IT支出に見る地域格差

2020年の国内IT市場は前年のPC更新需要などの反動があってか、落ち着きそうな気配だ。しかし2021年以降の市場を見ると、IT支出が伸びる地域とそうでない地域があり、地域格差が生じることが分かった。

IT投資は2019年度以降も増加基調、特に伸びるソフトウェアは?

矢野経済研究所が、2019年度の国内企業のIT投資実態と今後の動向に関する調査をまとめた。2018年度のIT市場規模を前年度比2.8%増の12兆4930億円と推計する。

Win 10リプレースや消費増税で好調な国内IT市場、2020年以降の見通しは?

2019年の国内IT市場は、Windows 10へのリプレースや働き方改革、消費増税などが需要を後押しし、プラス成長になるとみている。2020年以降のIT市場の見通しはどうか。

「国内SMB IT市場」今後成長が見込まれる産業はどれ?

IDC JapanはSMB(中堅中小企業)におけるIT支出の成長予測を発表した。PCのリプレースや増税により、順調な成長が見込まれるという。今後、IT支出が拡大する産業はどれか。

中堅・中小企業のIT支出、プラス成長は2019年までか

国内の中堅・中小企業(SMB)向けIT市場は、2019年までプラス成長が予想される。しかし、2020年以降は、消費税の増税などによって成長が鈍化する可能性が高い。

レガシーITをレノボが破壊するか? データセンター向け新ブランドを発表

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズがエンタープライズ製品の新ブランドを発表した。新社長が予測する2020年のIT市場とレノボの戦略とは?

成長鈍化は避けられないのか、2020年に向けてのIT投資トレンド

マイナス成長が続くIT市場だが、2020年に向けての動向はいかに。企業のIT投資トレンドと今後5年先の動きをアナリストが概観する。

「it市場」に関するIT製品情報

1TBの仮想マシンのバックアップも1分以内に――最新HCIが変えた企業の運用環境

日本ヒューレット・パッカード株式会社

伸び悩む国内IT市場にあっても導入が進んでいる製品の1つがハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。運用の属人化やバックアップ、現場への環境の展開などの課題を解決した国内企業事例から、最新HCIの効果を明らかにする。

「it市場」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。