「it 面白い 技術」に近い情報
「it 技術」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「it 技術」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「it 技術」に関する記事情報

裾野拡大が急務となるAR/VRのビジネス利用動向

 VR(Virtual Reality:仮想現実)やAR(Augmented Reality:拡張現実)の技術が広がりつつあるが、実際の法人活用はどんな状況かのか。ビジネス領域におけるAR/VR動向を見ていく。

かの国の裁判所が続々とAIを導入、まさかの役目とは?:473rd Lap

最新のIT技術の導入にためらいを見せることが少ないお隣の国、中国。交差点で信号無視する人を街角の大型ディスプレイに瞬時に拡大表示したり、トイレのペーパーを一定量提供するのに顔認証技術を採用したりと話題には事欠かない。

社員のスキルを把握できているか? IT時代に見直したい3つのこと

「今後5年間でテクノロジーの進展が仕事に与える変化をどう捉るか?」という質問に、日本人の32%が「脅威」と答えた。技術が発展し、労働をとりまく環境が変化していく中、企業や労働者何をすべきだろうか。

キヤノンITSが「純国産・独自技術」から脱却、GURDIANWALL新ブランド

やはり純国産を続けるのは厳しいのか? キヤノンITソリューションズがこれまで19年間独自開発を続けてきたセキュリティツールGURDIANWALLを、刷新することが判明した。

キヤノン技術者が語る組織改革の手法――AWS Summit 2016 事例(3)

自社のソフトウェア開発体制をどうすればイノベーティブに変えられるか。開発部門の課題を「APIで会話する」ことで解消したキヤノンの事例を紹介する。

IoTを実現するためのITアーキテクチャと必要な技術要素

商用サービスとして徐々に動き出す中、IoTサービスを実現する上で必要なITアーキテクチャのあるべき姿や、IoTサービスに必要な技術要素を「Interop Tokyo」の基調講演で解説した。

インメモリ? クラウド? データベースの新技術とライセンス問題を整理する

企業ITの中のデータベースはアプリケーションとは切っても切れない関係。ライセンスは? クラウドインフラへの対応状況は? 運用実務の課題や疑問を整理する。

本当に“最適化”できているか? あらためて見直すクライアント環境

デスクトップ仮想化は、システム運用管理コストの削減、情報漏えい対策、ワークスタイル変革といった企業のIT課題をコストを抑えて解決する技術の1つだ。

仮想化技術の普及で浮上した難問「TCO削減」の秘策とは?

サーバ仮想化技術はハードウェアのくびきからITリソースを解放し、柔軟に拡張できるシステムを可能にした。だが運用が煩雑になっていないか。

未来の五輪種目が生まれるか、動き出した「超人スポーツ」とは?

人間の身体、五感、頭脳の能力をITをはじめとする技術で拡張した「超人スポーツ」が登場した。未来の五輪へ、新ジャンルとなるか。

「it 技術」に関するIT製品情報

現役エンジニアが徹底支援、場所も時間も選ばないオンライン完結のITスキル研修

キラメックス株式会社

技術者不足の解消につながるIT研修だが、個人のニーズに合うコースがない、費用が高額などの理由から、足踏みをしているケースは少なくない。そこで注目されるのが、手厚いサポートと豊富なコース内容を低価格で提供するオンライン研修だ。

これからの「データ暗号化」で重要な機能は? 信頼性と確実性を高めるための鍵

nCipher Security (Hong Kong) Limited

クラウドやIoT、ブロックチェーン、デジタル決済などの技術がビジネスの在り方を変革する一方、重要データを取り扱う際のセキュリティリスクも高まっている。その対策において重要な暗号化戦略で鍵となる技術や製品とはどのようなものか。

イノベーションはIT部門から――VMwareが実践するビジネス価値創出の手法とは

ヴイエムウェア株式会社

近年、IT部門にはデジタル変革や破壊的イノベーションの実現に向けた取り組みが求められている。革新的な製品、技術、戦略を駆使して大きな成果を挙げているVMwareの取り組みから、いまIT部門が果たすべき役割や成功への道筋を探る。

AIと機械学習で「需給計画」を支援、“真の価値”を引き出す自動化の手法とは?

SAS Institute Japan株式会社

人工知能や機械学習を用いた自動化技術が急速に発展し、さまざまな分野で実用化が進んでいる。その中でも「需要計画」の分野において、新しいビジネス戦略の創出にもつながるインテリジェントな自動化を実現する手法を紹介する。

過半数が顧客体験向上を実感、注目手法「リアルタイムアナリティクス」の始め方

SAS Institute Japan株式会社

顧客体験を向上させ差別化を実現する手法として注目される「リアルタイムアナリティクス」。だが実践には、顧客データを活用するための技術や、意思決定のプロセスなど、必要なことが多い。経営陣や現場は、まずどこから取り組むべきか。

「it 技術」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。