「idtとは」に近い情報
「id」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「id」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「id」に関する記事情報

2019年に1番もうかるセキュリティ分野は?

2019年のセキュリティ市場は、どの分野に最も投資されるのだろうか。また、業種別、地域別、企業規模別にみるセキュリティ分野への投資状況は? IDC Japanが調査した。

「サーバ」シェア(2019年第2四半期)

IDC Japanは、2019年第2四半期(4月~6月)の国内サーバ市場の実績値(売上額ベース)を発表した。出荷台数は増加したものの、売上額で見るとマイナス成長であった。その要因とは。

DXのPoC疲れ、意欲減退はなぜ起こる? 400人に聞いた調査結果

デジタルフォーメーション(DX)のPoC疲れや意欲減退はなぜ起こるのか。企業はどの段階でDXにつまづくのか。IDC Japanが調査した。

「PC」シェア(2019年第2四半期)

国内の法人向けPCの出荷台数は前年同期比45.0%増の405万台だった。「Windows 7」の延長サポートの終了に伴い、出荷台数が増えたとIDC Japanは見ている。

「RPA」(Robotic Process Automation)シェア

IDC Japanは、「2018年 国内RPAソフトウェア市場シェア」を発表した。2017年度は、国内主要プレイヤーのNTTデータがシェアのトップを獲得したが、2018年度に外資系RPAベンダーが急伸した。2018年に、市場シェアはどう動いたのか。

「スマートフォン」シェア(2019年第2四半期)

国内のスマートフォンと従来型携帯電話の出荷台数は前年同期比1.4%減の707.3万台だった。アップルのiPhone出荷が前年を上回る出荷を実現しシェアを維持した一方、Android陣営はハイエンド機種の出荷抑制傾向によって伸び悩んだ。

「クラウド・バイ・デフォルト」が生むクラウドセキュリティ市場への影響

IDC Japanは2023年までの国内クラウドセキュリティおよびモバイルセキュリティの市場予測を発表した。市場予測から見えたこれからの企業に求められるセキュリティとは。

1296社のCIOに聞いた、DX予算よりも深刻な問題

IDC Japanは、1296社のCIO(最高情報責任者)を対象として、IT投資動向に関する調査を行った。企業が投資を増やしている分野や、IT部門が抱える課題が明らかになった。

部分最適DXで新たなサイロ化が進む?

デジタルフォーメーション(DX)というキーワードが叫ばれて久しいが、企業の取り組みは進んでいるのか。IDC Japanは、国内企業を対象にDXの動向調査を実施。同社によれば、多くの企業がDXの効果を実感できていないという。DXの課題とは?

Dockerブームはウソだった? 1年たってピタリと止まった導入率

IDC Japanは、コンテナインフラストラクチャソフトウェアの「Docker」とコンテナオーケストレーションツールの「Kubernetes」の導入状況について調査した。コンテナの使用状況は2018年と比較してどう変わったのか。

「id」に関するIT製品情報

侵入を前提とするセキュリティ対策、金融・保険業界が選んだ「多層防御」とは

トレンドマイクロ株式会社

昨今のサイバー犯罪動向や金融庁の指針から、金融・保険業界では脅威の侵入を前提とした対策が求められている。PCI DSS要件への対応や標的型メール攻撃への対策などの課題を解消し、「多層防御」を実現した11社の事例を紹介する。

契約相手が多いほど効果を実感、Paidy運営企業が実践する「電子署名」活用法

ドキュサイン・ジャパン株式会社

後払い決済サービスを提供する「Paidy」。同社では、電子署名ツールを導入し、迅速な契約締結を実現している。使い勝手の良さから、「手放せない」という声が出るほど好評を得ている電子署名ツールの活用例を詳しく紹介する。

盗んだ認証情報を不正ログインに悪用、botを使った新たな攻撃手法への対策は?

F5ネットワークスジャパン合同会社

盗んだ認証情報を利用し、botによって総当たり的に不正ログインを試みる「クレデンシャルスタッフィング攻撃」が拡大している。この被害を軽減するには、ID/アクセスセキュリティの徹底と、bot管理の両方が必要になる。

損害保険会社に学ぶ特権ID管理の効率化、月8時間の台帳作業をなくした方法は

ゾーホージャパン株式会社

ひとたび悪用されれば、組織にとって致命的なダメージとなりかねない特権ID。そのセキュアな管理と、煩わしさのない効率的な運用を両立できるようなツールが待望されている。エイチ・エス損害保険の事例から、運用改善策を探った。

5分で分かる「特権ID管理」の課題と解決策、コスト&労力を最小化する秘訣とは

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

特権IDを厳密に管理するためには、職務分離やアクセス制限、証跡管理などを実施する必要がある。ただ、これらに個別に専門のツールを導入しては運用が複雑化してしまう。統合的な管理ツールで、セキュリティと運用効率の両立を図りたい。

「id」に関する新着セミナー

【第7回】 特権ID管理 比較検討セミナー ~特権ID管理ツールの選定ポイントと、iDoperationの導入効果~

NTTテクノクロス株式会社

2019/11/21(木)15:30~17:20

  • 東京都
無料 | 定員6名 | 情報システム | エンドポイントセキュリティ | 運用管理

【NRI主催】最新のID管理と統制を実現!オープンソースソフトウェア「midPoint」とは?

株式会社野村総合研究所

2019/12/13(金)15:00~17:30

  • 東京都
無料 | 定員36名 | エンドポイントセキュリティ

FIDO2対応の指紋認証デバイスでパスワード不要のシングルサインオンを実現する

マジセミ株式会社

2019/11/22(金)14:00~16:30

  • 東京都
無料 | 定員27名 | エンドポイントセキュリティ

「id」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。