「idc japan メインフレーム 年間出荷台数」に近い情報
「idc japan」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「idc japan」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説メインフレームとは?

主に基幹業務で使われてきた大型のコンピュータシステムのこと。WindowsやUNIXなどを搭載したオープンシステムとは異なり、各ベンダーで独自に開発したオペレーティングシステム、ハードウェアアーキテクチャ、アプリケーションで構成されており、高速処理が可能。また、信頼性や可用性にも優れており、ほとんどの場合、24時間365日、無停止で稼働している。

「idc japan」に関する記事情報

「ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム」シェア(2018年)

国内の企業の間で、ネットワークの仮想化および自動化が進む。企業はどのベンダーのサービスを利用しているのだろうか。IDC Japanが2018年の売り上げ別市場シェアを発表した。

「PC」シェア(2019年第2四半期)

IDC Japanは、2019年第2四半期のPC出荷台数を発表した。前年と比較して出荷台数はどう変わったのだろうか。また、トップ5のベンダーはどこか。

2019年に1番もうかるセキュリティ分野は?

2019年のセキュリティ市場は、どの分野に最も投資されるのだろうか。また、業種別、地域別、企業規模別にみるセキュリティ分野への投資状況は? IDC Japanが調査した。

「サーバ」シェア(2019年第2四半期)

IDC Japanは、2019年第2四半期(4月~6月)の国内サーバ市場の実績値(売上額ベース)を発表した。出荷台数は増加したものの、売上額で見るとマイナス成長であった。その要因とは。

DXのPoC疲れ、意欲減退はなぜ起こる? 400人に聞いた調査結果

デジタルフォーメーション(DX)のPoC疲れや意欲減退はなぜ起こるのか。企業はどの段階でDXにつまづくのか。IDC Japanが調査した。

「PC」シェア(2019年第2四半期)

国内の法人向けPCの出荷台数は前年同期比45.0%増の405万台だった。「Windows 7」の延長サポートの終了に伴い、出荷台数が増えたとIDC Japanは見ている。

「RPA」(Robotic Process Automation)シェア

IDC Japanは、「2018年 国内RPAソフトウェア市場シェア」を発表した。2017年度は、国内主要プレイヤーのNTTデータがシェアのトップを獲得したが、2018年度に外資系RPAベンダーが急伸した。2018年に、市場シェアはどう動いたのか。

「クラウド・バイ・デフォルト」が生むクラウドセキュリティ市場への影響

IDC Japanは2023年までの国内クラウドセキュリティおよびモバイルセキュリティの市場予測を発表した。市場予測から見えたこれからの企業に求められるセキュリティとは。

1296社のCIOに聞いた、DX予算よりも深刻な問題

IDC Japanは、1296社のCIO(最高情報責任者)を対象として、IT投資動向に関する調査を行った。企業が投資を増やしている分野や、IT部門が抱える課題が明らかになった。

部分最適DXで新たなサイロ化が進む?

デジタルフォーメーション(DX)というキーワードが叫ばれて久しいが、企業の取り組みは進んでいるのか。IDC Japanは、国内企業を対象にDXの動向調査を実施。同社によれば、多くの企業がDXの効果を実感できていないという。DXの課題とは?

「idc japan」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。