「idc japan メインフレーム 年間出荷台数」に近い情報
「idc japan」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「idc japan」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説メインフレームとは?

主に基幹業務で使われてきた大型のコンピュータシステムのこと。WindowsやUNIXなどを搭載したオープンシステムとは異なり、各ベンダーで独自に開発したオペレーティングシステム、ハードウェアアーキテクチャ、アプリケーションで構成されており、高速処理が可能。また、信頼性や可用性にも優れており、ほとんどの場合、24時間365日、無停止で稼働している。

「idc japan」に関する記事情報

改善傾向を見せるIT市場、新型コロナの影響は2020年下半期以降どうなる?

IDC Japanは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によるIT市場予測の、上方修正を発表した。2020年5月7日の予測からインフラストラクチャ関連が最も大きく改善した。

「エンタープライズインフラ」シェア(2019年)

IDC Japanは国内エンタープライズインフラ市場のベンダーシェアを発表した。上位6ベンダーのうち、3社が二桁増の高成長を達成したという。その3社とは。

「スマートフォン」シェア(2020年第1四半期)

IDC Japanが発表した2020年第1四半期の携帯電話およびスマートフォンの出荷台数は、コロナ禍でありながらわずかにプラス成長を見せた。

コロナ禍なのにコラボレーション市場が"谷"を迎えたワケ

IDC Japanによれば、国内ユニファイドコミュニケーション、コラボレーティブワークスペース市場は、2020年は一時的に鈍化するものの2021年以降は堅調な伸びが予測されるという。

さらに沈むICT市場、新型コロナはどこまで追い打ちをかけるのか?

IDC Japanは、新型コロナ感染症拡大の現状を受け、下方修正を発表した。2020年4月3日の予測で唯一プラス成長を維持した「Software」が最も大きな下方修正となるという。

「外付型ストレージ」シェア(2019年第4四半期、2019年通年)

IDC Japanは国内外付型エンタープライズストレージ市場の2019年第4四半期(10月~12月)および2019年通年実績を発表した。調査開始以来、国内大手3社の合計シェアは最低となった。

パブリッククラウド市場はどこまで伸びる? 4年後の市場を予測

IDC Japanの見立てによる4年後の2024には、国内パブリッククラウドサービス市場の支出額ベースの規模は1兆円を超すだろうという。

「コロナ禍」で国内IT市場は4.5%縮小、最悪のシナリオはさらに下振れも、IDC Japan予測

IDC Japanは2020年4月3日、「新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内ICT市場予測」を発表した。悲観的シナリオもあるが、各自の施策で状況を改善できる可能性もあるという。

「サーバ」シェア(2019年通年)

IDC Japanは、2019年通年の国内サーバ市場動向の調査結果を発表した。2018年と比較し売上額、出荷台数ともに首位のベンダーは変わらなかったという。

国内大手企業でもAI活用に足踏み 「先駆的利用」はわずか7.6%

IDC Japanは、国内大手ユーザー企業を対象に企業のAI活用を調査を。結果を分析したところ、AIを先駆的に活用できている企業はわずか7.6%にとどまることが分かった。

「idc japan」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。