「ictic セキュリティ」に近い情報
「セキュリティ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「セキュリティ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説コールセンター/CTIとは?

CTI(=Computer Telephony Integration)は、もともとはコンピュータと電話を統合的に扱うためのテクノロジーで、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用されている。従来CTIの導入に当たっては、PBXをコールセンタごとに設置する必要があったが、その後PBXが不要なunPBXタイプやソフトスイッチタイプのソリューションが登場した。

「セキュリティ」に関する記事情報

セキュリティ対策の最優先課題はやっぱりアレ……Dell EMCの実態調査レポート2019

KPMGコンサルティングとEMCジャパンのRSAが、企業におけるサイバーセキュリティ対策状況をまとめた「サイバーセキュリティサーベイ2019」を発表した。サイバー攻撃および不正侵入の検出状況や、企業にセキュリティ対策の最優先課題は?

NISTプライバシーフレームワーク(PRF)とは? サイバーセキュリティフレームワークとの違い、注目される理由を知る

もしも、買収先企業が知らぬうちにプライバシー情報を漏洩していたら? 数百億の制裁金も冗談ではない危険な世界を安全に航海するための指針は、どんなものか。

「クラウド・バイ・デフォルト」が生むクラウドセキュリティ市場への影響

IDC Japanは2023年までの国内クラウドセキュリティおよびモバイルセキュリティの市場予測を発表した。市場予測から見えたこれからの企業に求められるセキュリティとは。

企業を狙うランサムウェア、脅威の可視化が急務――トレンドマイクロ報告

トレンドマイクロが報告書「2019年 上半期セキュリティラウンドアップ:法人システムを狙う脅迫と盗用」を公開した。日本と海外の脅威動向をまとめている。

ハードウェアトロイとは? LSIに隠された不正回路を検知する技術に迫る

スパイウェアの代表格である「トロイの木馬」は、セキュリティに関心のある方ならご存じだろう。システムに潜伏し、あるきっかけで活動を開始し、システム内の情報を外イブ外部に流出したり、改ざん、破壊活動を行ったりする厄介なマルウェアだ。そのハードウェア版「ハードウェアトロイ」が猛威を振るいつつある。

お前もか! Siriとの会話が第三者に盗み聞きされている疑惑が浮上:524th Lap

セキュリティやプライバシー保護にはかなり厳格な態度をとってきたAppleが、Siriの音声データを利用者の意図しない方法で使っていた可能性があるという。テロリストのスマホロックすら拒んできた会社が、まさかそんなことをするなんて。

“回転すし屋”のアプローチが必要なIoTセキュリティ実装

全てのものをインターネットに接続する手段であるIoT(Internet of Things)。第4次産業革命におけるキーテクノロジーの一つであり、企業変革をもたらすキーフレームとしての役割を持つIoTは、既に多くの企業で積極的に活用されていることだろう。ただし、インターネットに接続可能なIoTデバイスだけに、これまでのITと同様、セキュリティに対しては配慮が必要だ。そこで今回は、そんなIoTセキュリティにおける現状と、理解しておきたいセキュリティの考え方について紹介したい。

AI翻訳はどこまで実務で使えるか 「100種類超の文書を2カ月で翻訳」を迫られた神戸製鋼の実例

以前から日本語を母語としない従業員を採用してきたが、日本語の読み書きができないスタッフを迎え入れるのは初めてだ。しかし、社内文書の多くは日本語版。そこで自動翻訳サービスを利用することを思い付いた。しかし、セキュリティ、コスト、短期導入と求める条件は多い。神戸製鋼はどうしたか。

セキュリティビッグデータを視覚化、隠れた脅威を解明する「CURE」誕生

セキュリティ対策の専門組織として企業内での運用が進むSOCやCSIRTだが、組織として最も求められているのが、セキュリティ脅威の早期発見や攻撃行動が判明した場合の対応優先順判断(トリアージ)。膨大なセキュリティアラートや脅威情報の中から、ハイリスクなインシデントを発見して対処するスピードが重要となるが、そのスピードアップに貢献するのが「セキュリティ情報融合基盤」として開発された「CURE」だ。一体どんなものなのだろう。

調査で分かった829社のセキュリティ対策実態2019

IDC Japanは、国内企業の情報セキュリティ対策 実態調査結果を発表した。2019年のセキュリティ投資分野やCSIRTの設置状況、過去1年のセキュリティ被害状況と被害額などについて明らかにした。

「セキュリティ」に関するIT製品情報

RPA、企業がはまりやすい落とし穴と対処法――セキュリティが鬼門に

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

「ロボティックプロセスオートメーション」(RPA)は適切な導入戦略と環境があれば効果を発揮するが、決して魔法のつえではない。さらに活用を進める上ではセキュリティリスクなどにも気を付ける必要がある。RPA導入で企業がはまりやすい落とし穴と対処法とは。

RPAを役割・責任で3分割、エンタープライズレベルのセキュリティはこう実装する

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

RPAは、「APIが欠如していると自動化できない」という課題を克服し、自動化領域を大きく拡大し続けている。一方で、この権限拡大に対応し得るエンタープライズレベルのセキュリティの確保も課題となっている。その解決策とは?

サーバのセキュリティ脅威に早期対応、「プロアクティブな防御」の導入法

株式会社野村総合研究所

サーバ保護に必須の機能を網羅した総合セキュリティ製品「Trend Micro Deep Security」。その運用負荷を軽減するだけでなく、セキュリティログを活用したプロアクティブな防御まで可能とするソリューションとはどのようなものだろうか。

プロキシサーバとどう違う? コンテンツ変換機能付き中継サーバの4つの特徴

株式会社コネクトワン

レガシーWebに手を加えず、モバイル対応やセキュリティ強化を実現できる「コンテンツ変換機能付き中継サーバ」。通常のプロキシサーバとどう違うのか、コンテンツ変換の仕組みはどうなっているのか。4つの技術的特徴を軸に解説する。

手が付けられないレガシーWeb、モバイル化やセキュリティ強化を実現するには?

株式会社コネクトワン

レガシーWebが業務フローの基幹を担う企業はいまだに多いが、ブラックボックス化してシステム修正ができないまま運用を続けているケースは多い。その中身に“手を付けず”に、モバイル化やセキュリティ対策の課題を解決できる方法に迫る。

「セキュリティ」に関する新着セミナー

【11/7 名古屋】Cybereason 攻撃デモ&ハンズオンセミナー

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

2019/11/07(木)14:30~17:00

  • 愛知県
無料 | 定員25名 | エンドポイントセキュリティ

Symantec Web Isolation丸分かりセミナー

マクニカネットワークス株式会社

2019/11/15(金)14:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員8名 | エンドポイントセキュリティ

Bot対策ならImperva!WebAppセキュリティセミナー

マクニカネットワークス株式会社

2019/11/27(水)10:00~12:00

  • 東京都
無料 | 定員25名 | エンドポイントセキュリティ

「セキュリティ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。