「ictic セキュリティ」に近い情報
「セキュリティ」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「セキュリティ」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説コールセンター/CTIとは?

CTI(=Computer Telephony Integration)は、もともとはコンピュータと電話を統合的に扱うためのテクノロジーで、企業が顧客対応を行うための各種接点で利用されている。従来CTIの導入に当たっては、PBXをコールセンタごとに設置する必要があったが、その後PBXが不要なunPBXタイプやソフトスイッチタイプのソリューションが登場した。

「セキュリティ」に関する記事情報

「たまごっち」がWi-Fiセキュリティを強化するかもって、どういうこと?:545th Lap

かつて小さなモノクロドット液晶を内蔵したタマゴ型のゲーム端末を子どもから大人まで持ち歩いていた。エサやりだ、トイレ掃除だとゲーム中の仮想ペットが鳴らすアラート音が会議中に鳴り響いたのも良い思い出だ。

RPAが乗っ取られてシステムが破壊される――ロボット時代のセキュリティに不可欠なものとは

 RPA(Robotic Process Automation)やクラウド利用が進む中、「管理者権限の乗っ取り」というリスクが浮上している。これに対処する方法は。

IT責任者が抱く「分散型クラウド」「IoT」「5G」への期待と懸念

分散型クラウドやIoT、5Gへの期待が寄せられる中、サービスプロバイダーが自社のセキュリティインフラに強い懸念を抱いていることが明らかになった。

モバイル脅威対策「MTD」とは? MDMやEMMとの違い、製品選定のポイント

スマートフォンやタブレット端末などモバイルの脅威が、ここ最近深刻化している。「MDMやEMMを入れているから大丈夫」と考える企業はも少なくない。本当に現状のセキュリティ安心できるのだろうか。モバイル脅威対策「MTD」の必要性について解説する。

セキュリティ大手のカスペルスキーが新しいアンチ○○を送り出す:540th Lap

セキュリティ大手が次に目を付けたのは意外な分野だった。カスペルスキーが世に送り出す新しい「アンチ○○」って?

2019年に1番もうかるセキュリティ分野は?

2019年のセキュリティ市場は、どの分野に最も投資されるのだろうか。また、業種別、地域別、企業規模別にみるセキュリティ分野への投資状況は? IDC Japanが調査した。

標的型攻撃への対策状況(2019年)/後編

キーマンズネット会員を対象にアンケート調査を実施し、セキュリティ対策における社内体制や、導入しているセキュリティ製品など、企業の標的型攻撃への対策状況が明らかになった。

標的型攻撃への対策状況(2019年)/前編

キーマンズネットの読者を対象に標的型攻撃の対策状況を聞いた。前編では企業におけるセキュリティ被害の経験の有無や、その具体的な内容を明らかにしている。

今、ユーザー企業がプライベートクラウドに期待するものとは

セキュリティに対する懸念が払しょくされ、パブリッククラウドに対する注目度が高まっている。一方で、プライベートクラウドもマネージドサービスの拡充が進み市場の成長を促している。

セキュリティ対策の最優先課題はやっぱりアレ……Dell EMCの実態調査レポート2019

KPMGコンサルティングとEMCジャパンのRSAが、企業におけるサイバーセキュリティ対策状況をまとめた「サイバーセキュリティサーベイ2019」を発表した。サイバー攻撃および不正侵入の検出状況や、企業にセキュリティ対策の最優先課題は?

「セキュリティ」に関するIT製品情報

年間平均被害額は4年連続2億円超、最新調査で見えた法人組織のセキュリティ実態

トレンドマイクロ株式会社

2019年にセキュリティインシデントを経験した法人組織は57.6%に上り、年間平均被害額は4年連続で2億円超という結果となった。経営層の関与状況や、業種特融のインシデントなどを調査したレポートを基に、今後組織が取るべき対策を探る。

2020年脅威動向予測:IoTを狙う攻撃やAIによる“なりすまし”をどう防ぐ?

トレンドマイクロ株式会社

2020年は新たな脅威の10年を迎える節目になるといわれており、IoTを狙う攻撃やAIを利用したなりすましなど、新たな脅威の登場が予測されている。セキュリティ専門家の知見を基に、想定されるシナリオと企業が取るべき対策を考察する。

DB診断はなぜ必要? 情報漏えい発生後の対応費用は4億円超の試算も

日本情報通信株式会社

企業や組織が持つ機密データを狙うサイバー攻撃が激化する一方で、個人情報保護に関する規制が年々強化されている。データベースやセキュリティの専門家がいない企業や、セキュリティ予算の限られる企業は、この状況にどう対処すべきか。

ネットワーク内部の脅威を即座に検知、日本マクドナルドに学ぶ「EDR」の選び方

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

グループを挙げてセキュリティ強化に取り組むマクドナルド。その日本法人では、入口対策をすり抜ける脅威の検知と、ネットワーク内部のリスクの可視化という課題を解消すべく、あるEDR製品を導入した。その決め手となったポイントとは?

自社のSOCは信頼できる? 調査で見えた「脅威ハンティング」能力の格差

サイバーリーズン・ジャパン株式会社

ある調査によると、自動セキュリティツールは脅威の約半数を見逃しているという。その一方で、能動的に脅威を見つけ出す「脅威ハンティング」に取り組む企業・組織は少ない。いまや失われつつあるSOCの信頼を取り戻すにはどうすべきか?

「セキュリティ」に関する新着セミナー

ADとAzureADをどう使い分けるのか?クラウドや社内システムのIDをどう統合管理するべきか?

マジセミ株式会社

2020/02/13(木)14:30~16:00

  • 東京都
無料 | 定員25名 | エンドポイントセキュリティ

アラクサラネットワークス 実践!注目ソリューションセミナー2020

アラクサラネットワークス株式会社

2020/02/14(金)14:30~17:30

  • 愛知県
無料 | 定員60名 | ネットワークセキュリティ | ネットワーク機器 | 運用管理

アラクサラネットワークス 実践!注目ソリューションセミナー2020

アラクサラネットワークス株式会社

2020/02/19(水)14:30~17:30

  • 宮城県
無料 | 定員40名 | ネットワークセキュリティ | ネットワーク機器 | 運用管理

「セキュリティ」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。