「ich-eai」に近い情報
「ic」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ic」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説EAIとは?

EAI(Enterprise Application Integration:企業内アプリケーション統合)は、企業内にバラバラに存在しているシステムを相互に連携させて、全体としてビジネスの効率を高めるための技術。従来のように個々のシステムを1対1で接続するのではなく、システムの中心にハブと呼ばれるデータ連携基盤を置き、ここに各システムを自転車のスポークのようにつなげることで相互の連携を実現する。また新しいシステムが増えた場合でもハブにつなげるだけで、他のシステムとの連携が可能になる。

「ic」に関する記事情報

Microsoft 365 Appsで“映える”資料を作るには? 今すぐ役立つ3つの支援機能

Microsoft 365に含まれるMicrosoft 365 Appsは、単にWordやExcel、PowerPointなどのOfficeツールを詰め込んだものではない。Microsoft 365ならではの機能が盛り込まれており、見栄えの良い資料を効率的かつ簡単に作成できる。連載第2回では、それらの機能を一つ一つ解説する。

Teamsを使い倒せ これでZoomを追い抜くか? 知っておきたい6つの追加機能

コロナ禍でWeb会議の実施数は大幅な伸びを見せ、コラボレーションツールの利用も進んだ。Microsoft 365に含まれる「Microsoft Teams」もそのうちの一つだ。2020年にMicosoftはTeamsの機能強化を発表した。そのアップデート内容を一つ一つ見ていく。

法務に“優秀な”担当者は不要となるか? 契約書レビュークラウドが範囲を拡大

GVA TECHは、企業向けAI契約書レビュー支援クラウド「AI-CON Pro」に、12類型27種類の契約書レビューと約100種類の契約書作成を追加した。これで法務部門はどこまでラクできるのか。

「as a Service」でPCの“お守り”から解放された情シスの役割はどう変わるのか

Device as a Serviceは単なる「モノ」の提供ではない。つまりPC運用を「as a Service化」することで何がどう変わるのか。PCの“お守り”をしてきた情シスの役割はどう変化するのか。

「モノの管理」から「ユーザー中心の管理」へ、Device as a ServiceでIT管理者はどこまでラクになるのか

Device as a ServiceはPC運用を簡素化するだけでなく、IT担当者を「モノの管理」から解放する手段でもある。Device as a ServiceでIT管理者はどこまでラクできるのか?

「PC調達は投資」の時代はもう終わり? Device as a ServiceはPC運用の在り方をどう変えるのか

今まではPCを必要分だけ一括調達して使い回していた。しかし、人材の流動性が高い現代において、従来のPC運用はマッチしていない。現代におけるPC運用の在り方とは。そして、Device as a Serviceは今までのPC運用をどう変えるのか。

Microsoft 365が従業員を監視? 管理者に働きぶりが筒抜けだった件:590th Lap

普段、何気なしに業務で利用している「Microsoft 365」(旧「Office 365」)が、あなたの“働きぶり”を監視しているとしたら……?

「Device as a ServiceはPCのサブスク」が間違っているワケ

PCを月額課金で利用できるDevice as a Serviceは「単なるPCのサブスクだ」と捉えられがちだが、それは間違いだ。それには理由がある。Device as a Serviceを正しく理解するために、4つのステップに分けて解説する。

M365? Home&Business? テレワーク向きのOfficeはパッケージ版かサブスク版か、お得な選び方は

パッケージ版の買い切りと個人向け/企業向けのMicrosoft 365と、ここのところOfficeの種類が多過ぎて何を選ぶのがお得でどんな機能が付いているのかが分かりにくい。特に企業がこれから導入する場合に、管理面を含めて考えるとどの選択がお得だろうか。筆者が独断で情報を整理した。

Microsoft 365は何がどうなった? 新ライセンス体系と最新ユーザー利用動向を解説

「Office 365」が「Microsoft 365」になってライセンスプランはどう変わったのか。Office 365/Microsoft 365を含むオフィススイートの利用率は2019年と比較してどう変わったのか。無料ブックレット(全18ページ)で解説する。

「ic」に関するIT製品情報

デバイス・ネットワーク制御「InterSafe DeviceControl」

アルプス システム インテグレーション株式会社

データ持出しの制御からセキュリティレベルを高める

セキュリティUSBメモリ作成ソフト「InterSafe SecureDevice」

アルプス システム インテグレーション株式会社

汎用USBメモリを、セキュリティUSBメモリに

教育現場に最適、文科省ガイドラインに沿ったセキュリティ環境へ

アルプス システム インテグレーション株式会社

佐々木学園 鶯谷中学・高等学校では、校内ICT環境の整備とネットワーク刷新に伴い、文科省の公開したセキリュティに関するガイドラインに準拠した環境づくりに取り組んだ。

AWS環境での公開サーバ構築、確実に押さえておくべきセキュリティの基本とは?

トレンドマイクロ株式会社

Amazon Web Services(AWS)では、高いスキルがなくても扱える手軽さが災いして、公開サーバのセキュリティ対策が不十分となりやすい。そこで、AWS環境の公開サーバについて、確実に理解しておきたいセキュリティの知識と対策を解説する。

フルディスク暗号化ソリューション: WinMagic SecureDoc

ウインマジック・ジャパン株式会社

テレワーク・在宅勤務の時代に情報漏えいを許さないフルディスク暗号/暗号鍵管理ソリューション

「ic」に関する新着セミナー

【2/26開催】Zoom創業者エリック氏登壇決定!Communication Tech Conference 2021

モビルス株式会社

2021/02/26(金)13:00~18:25

  • オンラインセミナー
無料 | 定員なし | スマートデバイス | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール

1/20-21無料Webセミナー/NECのテレワーク取組み事例から考える NewNormalに向けた企業変革とICT活用

NEC

2021/01/20(水)13:00~15:55

  • オンラインセミナー
無料 | 定員250名 | オフィス機器 | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール

NTT東日本からのOEM提供を活用して、ICTサブスクリプションビジネスに参入する方法

マジセミ株式会社

2021/01/21(木)16:00~17:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員30名 | 運用管理

「ic」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。