「icチップリセッター自作」に近い情報
「ic」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「ic」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「ic」に関する記事情報

AI-OCR、プロセスマイニング、 AI音声認識技術の基礎入門

RPA(Robotic Process AUtomation)の活用が進むにつれて関心を集める「AI-OCR」「音声認識技術」「プロセスマイニング」。何となく知ってはいる、聞いたことはあるけれど、本当に使えるの? 気になる方にぜひ読んでいただきたい基礎入門。

「Ice Lake」と「Comet Lake」の違いは? 2020年の主力PC「Wi-Fi 6対応、AIブースター付き」で何ができるか

インテルがようやく次世代のPC向けプロセッサを発表した。中でも注目なのが、軽量PC向けに作られた「Ice Lake」と「Comet Lake」と呼ばれるプロセッサだ。

近未来オフィス予想図:RPAとAIで仕事はどう変わるのか

RPA(Robotic Process Automation)やAI(人工知能)を活用することで未来のオフィスはどう変わるのだろうか。今回は、筆者が最近訪れた米国におけるHR Techのカンファレンスで話題を集めたソリューションを基に、人事業務が今後どのように変化するのかを予想する。AIが人事業務の多くを担う未来も遠くないかもしれない。

PC調達の根本を変える「Device as a Service」リースとは何が違うのか?

2~3年ほど前から大手ベンダーが提供し始めた「Device as a Service(DaaS)」。まだ誕生して間もないサービスで、ユーザー企業の理解も漠然(ばくぜん)とした状態だ。単に「PCの運用管理を丸投げできるサービス」と考えられているようだが、DaaSの本質的なメリットはそこではないという。

RPAが「as a Service」化すると、中小企業にどんなメリットがもたらされるのか?

Automation Anywhereが「RPA as a Service」というコンセプトを掲げ、クラウド環境でもロボットを展開、活用できる新製品を発表した。大企業だけでなく中堅・中小企業における自動化を助けるというが、具体的にどのようなメリットがあるのか。

「RPA」(Robotic Process Automation)シェア

IDC Japanは、「2018年 国内RPAソフトウェア市場シェア」を発表した。2017年度は、国内主要プレイヤーのNTTデータがシェアのトップを獲得したが、2018年度に外資系RPAベンダーが急伸した。2018年に、市場シェアはどう動いたのか。

データの地産地消で地域福祉に貢献する「すれ違いIoT通信」って何?

「あのお宅のご老人、最近外で見掛けないけど大丈夫かしら」などと心配してくれるご近所の代わりをIoTデバイスが務める地域の見守りシステムが誕生しそうだ。Wi-SUNとWi-Fiなどを組み合わせた「データの地産地消」により、高齢者見守りなどを低コストに適時実施できるようにするのが「すれ違いIoT通信」。一体どのような仕組みなのか。同技術を開発した国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)に取材した。

MyAnalyticsとは? 組織分析ツールとの違い、使えるOffice 365のプラン

仕事を頑張りすぎて病んでしまう、最近はそんな話もよく聞く。そうならないために、自身の働きぶりの健全性を客観的視点で分析するのがマイクロソフトの「MyAnalytics」。組織分析ツールとは何が違うのか。MyAnalyticsを使える「Office 365」のプランとは。

「やっぱりPC-8001」“往年のPCキッズ”たちの夢をかなえるプロダクトが新登場か:525th Lap

全国の“往年のPCキッズ”たちがうれしくてうれしくて震える………? 「僕らのあのときの夢」をかなえるプロダクトがついに登場した。N-BASICのプログラムも打ち放題らしい。

社内情報共有ツールの利用状況(2019)/前編

キーマンズネット会員303人を対象に社内情報共有ツールの利用状況を調査した。2018年の同調査と比べて、Microsoft Teamsの利用率が上がるなどの変化が見られた。

「ic」に関するIT製品情報

AWS環境での公開サーバ構築、確実に押さえておくべきセキュリティの基本とは?

トレンドマイクロ株式会社

Amazon Web Services(AWS)では、高いスキルがなくても扱える手軽さが災いして、公開サーバのセキュリティ対策が不十分となりやすい。そこで、AWS環境の公開サーバについて、確実に理解しておきたいセキュリティの知識と対策を解説する。

ITマネジメントの悲しい現実、“現状維持と変革”の板挟みから抜け出すには?

ServiceNow Japan 株式会社

現在、多くのIT部門が「安定的なサービスの維持」と「ビジネス変革への貢献」という2つのニーズの板挟みになっている。この状態から抜け出すためには、ITサービスマネジメントとITオペレーションマネジメントの在り方を見直す必要がある。

ITSM/ITOMを一元的に可視化、“統一ビュー”を確保するための8つのポイント

ServiceNow Japan 株式会社

ITSMとITOMの活動を、戦略/オペレーション/個人のレベルでリアルタイムに可視化するには、単一のレコードシステムと分析機能が不可欠だ。インシデント解決までの時間短縮など、多くのメリットをもたらす“統一ビュー”の実現法に迫る。

IT部門をビジネス貢献できる組織に変える、サービス管理&運用管理の在り方とは

ServiceNow Japan 株式会社

IT部門によるビジネス貢献が強く求められる昨今、多くの担当者がITサービス管理(ITSM)とIT運用管理(ITOM)の改善に頭を悩ませている。IT部門の行動力を奪うこれらの業務を効率化し、インテリジェントな管理を実現するにはどうすべきか?

Webアプリ開発・運用環境を集約、事例に学ぶマネージド型コンテナ基盤の活用法

レッドハット株式会社

企業にとって、アプリケーション開発・運用環境の分散化は大きなリスクとなる。そこで、この課題の解決策となるマネージド型コンテナ基盤「Red Hat OpenShift Dedicated」の特長やメリットについて、成功事例を交えつつ紹介する。

「ic」に関する新着セミナー

新企画!「Kansai Architecture Conference Of MicroSoft」

カコムス株式会社

2019/12/10(火)09:30~17:00

  • 大阪府
無料 | 定員なし | 情報共有システム・コミュニケーションツール | ネットワークセキュリティ | データ分析

【教育機関様限定】明日から試せる Microsoft Teams for Education(東京)

カコムス株式会社

2019/11/29(金)13:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員108名 | スマートデバイス | 情報共有システム・コミュニケーションツール | 運用管理

【教育機関様限定】明日から試せる Microsoft Teams for Education(大阪)

カコムス株式会社

2019/12/02(月)13:30~17:00

  • 大阪府
無料 | 定員70名 | スマートデバイス | 情報共有システム・コミュニケーションツール | 運用管理

「ic」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。