「go!scan 20 価格」に近い情報
「20 価格」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「20 価格」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説キーマンズネットとは?

キーマンズネットは企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイトです。ご利用は完全無料。IT初心者から上級者まで、皆さまのさまざまなニーズにお応えします。

「20 価格」に関する記事情報

名刺管理ツールの利用状況(2019年)/ 前編

名刺管理にまつわる本音を探るために、勤務先での名刺管理状況と望む管理方法について尋ねた。名刺管理ツールを勤務先で導入してほしいかという問いでは、2018年の調査と結果が逆転し、勤務先に名刺管理ツールの導入を求める声が多く寄せられる結果となった。

セキュリティ対策の最優先課題はやっぱりアレ……Dell EMCの実態調査レポート2019

KPMGコンサルティングとEMCジャパンのRSAが、企業におけるサイバーセキュリティ対策状況をまとめた「サイバーセキュリティサーベイ2019」を発表した。サイバー攻撃および不正侵入の検出状況や、企業にセキュリティ対策の最優先課題は?

「PC」シェア(2019年第2四半期)

国内の法人向けPCの出荷台数は前年同期比45.0%増の405万台だった。「Windows 7」の延長サポートの終了に伴い、出荷台数が増えたとIDC Japanは見ている。

RPAで店内の売り場チェックも効率化――西友が情シス主導で2万時間削減した舞台の裏側

情報システム部がけん引するRPAプロジェクトで2万時間に上る業務時間を削減した西友。情報システム部が主導するメリットや開発フローのポイントなどを「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

バックアップツールの導入状況(2019年)

バックアップツールの満足度調査はいつも「満足」とする回答者が多い。だが満足の中身を見てみると、あまり使いこなしていないからこそ満足なのかもしれない。リプレース意欲を積極的に発信した回答者はどのくらいいただろうか。

「RPA」(Robotic Process Automation)シェア

IDC Japanは、「2018年 国内RPAソフトウェア市場シェア」を発表した。2017年度は、国内主要プレイヤーのNTTデータがシェアのトップを獲得したが、2018年度に外資系RPAベンダーが急伸した。2018年に、市場シェアはどう動いたのか。

56%の企業はインシデントレスポンスが遅れて撃沈、カスペルスキーが激白

カスペルスキーが2018年に対処したインシデントレスポンスのうち、50%超がサイバー攻撃による損害後に依頼を受けたものだった。なぜ企業の対応が遅れるのか。同社がその原因とともに、インシデントに対して効果的に対応するための7つのポイントを解説する。

Zoomとは? なぜ人気なのか 使い方や機能を試した

働き方改革や2020年のビッグイベント時のテレワーク体制の構築などを背景に、あらためてWeb会議を導入する意欲が高まっている。なかでも、後発ながらシェアを伸ばしているZoomミーティングにフォーカスを当て、Web会議のトレンドを追いかけてみたい。

RPAで一難去ってまた一難、年間2万8000時間を削減した遠州鉄道の壮絶な1年半

導入から約1年半でRPAの全社展開を果たした遠州鉄道。各フェーズで課題に見舞われたという、プロジェクトの全貌を「BizRobo! LAND 2019 TOKYO」で語った。

企業におけるBCPの策定状況(2019年)

自然災害が多発する昨今、社会インフラの寸断など、業務の継続が難しくなる事態を想定した対策の必要性がますます高まっているが、対策「していない」とする企業の割合を見ると課題が山積していることがわかる。

「20 価格」に関するIT製品情報

国内3社に1社が侵入の危険度高、標的型攻撃には侵入段階別の可視化と対策を

トレンドマイクロ株式会社

近年の標的型攻撃は、その侵入の隠匿に長けており、ますます「気付けない攻撃」になっている。だが、深刻な被害につながる標的型攻撃にも、有効な対策はある。2018年の標的型攻撃データを基に、技術的対策のポイントをまとめた。

ランサムウェア攻撃件数は減少も感染は増加、巧妙化が進んだ2019年の脅威動向

トレンドマイクロ株式会社

サイバー攻撃のトレンドは刻一刻と変化する。ランサムウェアは全体的な件数こそ減少したものの法人での感染被害件数はむしろ増加、その進化を見せつけた。その他にも攻撃手法に多様な変化が見られた2019年上半期の脅威レポートをお届けする。

サポート終了目前のWindows Server 2008/R2、今からでも間に合う延命策とは?

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

2020年1月にEOSが迫るWindows Server 2008/R2だが、時間の制約からリプレースが難しいケースも多い。そこで、体制が整うまで既存OSを延命したい企業に注目されているのが、現環境のまま手間なく移行できるクラウドサービスだ。

SAP ERPからS/4HANAへの移行、選択肢は「オンプレ」と「プライベートクラウド」

株式会社アイブリッジ

2025年にSAP ERPのサポートが終了する予定だ。移行に必要なインフラの切り替えは簡単ではないため、今から移行準備を進めないと間に合わない可能性がある。本稿では、S/4HANAに移行するときに検討しておきたい事柄について詳しく説明する。

SAPユーザーに迫る「2025年問題」、今後も安心して使い続けていくためには ?

株式会社アイブリッジ

世界中で広く使われるSAP ERP。自社の業務に合わせカスタマイズするユーザーも多いが、バージョンアップ時には負担も伴う。2025年までのサポート期限もある。コストを削減しつつ今後も安心してSAPを使い続けるには、どうすればいいのか。

「20 価格」に関する新着セミナー

マーケティングオートメーション「Pardot」導入の手引き《導入検討 / 情報収集向け》

toBeマーケティング株式会社

2019/10/25(金)11:00~12:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 情報システム

Google for Education / G Suite for Education 活用セミナー!/東京12/20

株式会社サテライトオフィス

2019/12/20(金)14:30~17:00

  • 東京都
無料 | 定員100名 | スマートデバイス | 情報システム | 情報共有システム・コミュニケーションツール

GitHub Enterpriseを活用してビジネス競争力を向上しよう

マクニカネットワークス株式会社

2019/10/28(月)15:00~17:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 開発

「20 価格」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。