「esx 仮想化設計 パラメータシート」に近い情報
「es」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「es」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説仮想化とは?

仮想化とは、コンピュータやネットワーク、ストレージ、アプライアンスなどを物理的なシステム構成で管理するのではなく、論理的なシステム構成で管理することを指す。最初に仮想化技術が普及し始めたのはサーバの世界だ。仮想サーバを導入すると、1台のサーバの中に複数の論理サーバを設定でき、あたかも複数のサーバが同時に稼働しているように使うことができる。同じ技術を元に、ストレージやデスクトップの分野にも仮想化技術が導入されるようになった。デスクトップ仮想化では、サーバ上に仮想化したクライアントOSを集約し、ユーザーはさまざまなデバイスを使って、LANやインターネットなどのネットワーク経由で仮想クライアントOSを利用できる。また、ストレージ仮想化では、システムの中に点在するストレージ(サーバ内蔵ストレージやNAS、SANなど)を単一の論理空間(ストレージプール)で仮想的に統合する。ネットワークの仮想化技術では、ソフトウェアで通信経路を制御するSDN(Software Defined Network)や、仮想化技術を使ってネットワーク機器の機能をソフトウェア的に実装するネットワーク機能仮想化(NFV)などの技術開発も盛んに行われている。

「es」に関する記事情報

Dockerブームはウソだった? 1年たってピタリと止まった導入率

IDC Japanは、コンテナインフラストラクチャソフトウェアの「Docker」とコンテナオーケストレーションツールの「Kubernetes」の導入状況について調査した。コンテナの使用状況は2018年と比較してどう変わったのか。

「Windows Virtual Desktop」とは? Horizon Cloud on Azureと何が違う? クラウドVDIの選び方ガイド

2019年後半にもGAが予定されるマイクロソフト純正のマネージド型VDI「Windows Virtual Desktop」に注目が集まる。Windows 10やOffice 365ユーザーにとって見逃せない機能も多い。何ができて、どう使えるか、「VMware Horizon Cloud on Azure」「Citrix Cloud」「Amazon Workspaces」と何が違うのかを整理しておこう。

DaaSが情シスを"中抜き"も クライアント仮想化に見るデスクトップ環境の攻防

業務に必要なPC環境を検討する上で、多くの企業が選択肢の一つとして考えるであろう、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)をはじめとしたクライアント環境の仮想化。今回は、クライアント仮想化ソフトウェアやDaaSなどのクライアント仮想化サービス、モバイル仮想化ソリューションなどの動向を踏まえながらクライアント仮想化の勘所について見ていく。

Slackのbotはどこまで進化した? ユースケースに学ぶ働き方改革のヒント

DeNAやヤフーなどで活用が進むビジネス向けチャットツールのSlack。Slack TechnologiesのCTOが、最新機能を含め、Slackでどのように業務を変えられるのかを力説した。残業時間を半減させた事例もあるという。

関心が集まる「AI」と「RPA」、企業での実利用はどこまで進んでいる?

IDC Japanは、企業でのAI(人工知能)とRPA(Robotic Process Automation)の利用状況について調査結果を発表した。両者は、いま企業ITにおいて話題のキーワードだが、実際のところ利用はどこまで進んでいるのか。

社員2000人の次は認定技術者1万人 Salesforceはどのくらい頼れる?

「Salesforceエンジニアになりたいならば全力で支援する」。今後数年続くと予想される「商機」にセールスフォース・ドットコムが本気でエンジニア確保に動く。

業務自動化の切り札「プロセスマイニング(Process Mining)」とは何か

生産性向上の切り札、業務標準化。標準化は将来的な自動化の第一歩でもあるが、多くの企業が失敗を経験する。その理由は「業務の真実」を発見できないことにある。いま、この課題を解決する手法として「プロセスマイニング」に注目が集まっている。本稿ではまず概要を見ていく。

国内セキュリティ製品市場、2022年に大きく成長する分野は?

2018年のセキュリティ市場はソフトウェアとSaaS(Software as a Services)型ソフトウェア、アプライアンスともに成長傾向にあると予測する。2019年以降もこの成長は続くとみられるが、中でも今後大きく成長する分野とは。

いまさら聞けないRPAの基礎知識 面倒な仕事はロボットにお任せ

RPA(Robotic Process Automation)は、現場業務をどう省力化、合理化できるかといった課題に、大規模開発やシステム改修のリードタイムはかけられないという場合の選択肢として注目されている。

「過剰な期待」に終わらない、現実的なRPA活用の極意

大企業のみならず、中堅・中小企業においても「RPA(Robotic Process Automation)」による業務の自動化に期待が集まっている。だが、「RPAを導入すれば、無駄な手作業が簡単になくなる」というわけではない。市場調査データを分析していきながら、「こんなはずではなかった」とならないためのRPA活用の留意点について見ていくことにしよう。

「es」に関するIT製品情報

HPE 3PAR向けとNimble Storage向けで実は違う? HPE InfoSightを実機検証

横河レンタ・リース株式会社

HPE 3PAR StoreServでも利用可能となった、高可用性を実現するAI分析サービス「HPE InfoSight」。実は、このサービスは従来のNimble Storage向けと違いもあるという。横河レンタ・リースの実機検証から、その違いや利用手順を紹介する。

継続的なインサイト創出を実現、“データ仮想化”による最先端の管理アプローチ

Denodo Technologies株式会社

デジタル変革で情報の重要性が増す一方、60%の企業が依然データ管理に課題を抱え、インサイトを創出する継続的な取り組みができていないという。これを解決するのが、「データ仮想化」を軸にした、最先端のデータ管理アプローチだ。

データをソースに置いたまま統合、「データ仮想化」がもたらす10のメリットとは

Denodo Technologies株式会社

クラウドなどにより大量のデータが日々生成される中、ETLなど従来の技術では管理/統合が困難になっている。そこで必要になるのが、データを各ソースに置いたまま、統合された形でリアルタイムに提供するという、新たなアプローチだ。

FutureStage 製造業向け生産管理システム

株式会社日立システムズ

受注、購買から生産、出荷、在庫までを一気通貫で管理

FutureStage 卸売業向け販売管理システム

株式会社日立システムズ

顧客独自の業務要件に合わせたシステムを柔軟に構築できる!

「es」に関する新着セミナー

文書管理における、クラウド vs オンプレ(BOX と Alfresco とを比較する)

マジセミ株式会社

2019/10/04(金)14:30~16:30

  • 東京都
無料 | 定員17名 | 情報共有システム・コミュニケーションツール

Dropbox Business(企業向けDropbox)オンラインセミナー

株式会社サテライトオフィス

2019/10/09(水)14:00~15:00

  • オンラインセミナー
無料 | 定員80名 | ストレージ | 情報共有システム・コミュニケーションツール

テスト管理ツール「TestRail」日本語版のご紹介 (Web上セミナー)

テクマトリックス株式会社

2019/10/08(火)13:00~14:00

  • 東京都
無料 | 定員20名 | 開発

「es」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。