「erp 運用」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「erp 運用」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ERPとは?

ERP(Enterprise Resource Planning)は“統合基幹業務システム”と訳され、ヒト・モノ・カネといった企業の所有する資源を統合的に管理し、最適化するためのシステム。全業務共通のデータベースを構築し、それを中心に各業務システムがシームレスに連携する。具体的には、企業の基幹業務を統合的に管理するためのERPパッケージを指し、会計、人事、給与、販売管理、生産管理、在庫管理などの各機能を提供する。

「erp 運用」に関する記事情報

部分導入か全体導入か、カスタマイズは必要か? クラウドERP導入前に確認すべきポイントを整理

ERPの導入やリプレースは企業全体の業務に関わるため、慎重に検討する必要がある。「部分導入か全体導入か」「基本機能だけで運用できるか」など考えるべき点は多い。本稿では導入前の確認ポイントを整理したい。

「erp 運用」に関するIT製品情報

中小企業でもグローバル経営を容易に、ナミックスに学ぶERPパッケージ活用術

SAPジャパン株式会社

グローバルにビジネスを展開する中小企業にとって、海外拠点を含めた業務データの一元的な運用は大きな課題だ。このハードルをERPパッケージで乗り越えたのが導電・絶縁材料メーカーのナミックスだ。同社に成功の秘訣を聞いた。

アジャイル開発をERPで実現? “攻めのIT戦略”を実現するためのポイントは

日本オラクル株式会社

さまざまな情報を一元管理し、必要な情報をリアルタイムに把握できるERP。中でも導入や運用が容易なクラウドERPを導入し、膨大な情報を経営戦略や意思決定に生かす“攻めのIT戦略”へと転換する動きが活発化している。

本社でも拠点でもSaaS/IaaSのパフォーマンスを最大化する「SD-WAN」の選び方

Silver Peak Systems合同会社

ワークロードが急速にクラウド移行する一方で、企業のWAN環境には移行に当たっての課題が山積している。予測できない応答時間、複数ベンダーのサービス間の相互運用性、運用コストなどの課題にどう対処すべきだろうか。

投資回収期間は2カ月~1.9年、中堅・中小企業のクラウドERP活用の実態調査

日本オラクル株式会社

企業の経営効率化に有用なERP。中でも、低コストで導入・運用が可能なクラウドERPの活用が中堅・中小企業で広がっている。100社超への調査からクラウドERPの評価を行ったところ、多くの企業がROIを短期で達成していることが分かった。

「オールフラッシュHCIを3年間使うと、SANと比べてTCOが半減」は本当か

日本ヒューレット・パッカード株式会社

オールフラッシュのHCI「HPE SimpliVity 380」は、最小2ノード構成から運用できるので、従来のSAN構成と比べて大幅なコスト削減が可能だ。Enterprise Strategy Groupの調査によれば、3年間の総所有コスト(TCO)は約半分の差が出るという。

「erp 運用」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。