「erp 基幹システム 違い」に関するIT製品・セミナー情報を表示しています。

「erp 基幹システム 違い」に関するIT製品やセミナー情報、最新ニュースならキーマンズネット。 IT製品の詳細スペック情報から導入事例、価格情報まで充実。 資料請求もまとめて簡単にダウンロードできます。

基礎解説ERPとは?

ERP(Enterprise Resource Planning)は“統合基幹業務システム”と訳され、ヒト・モノ・カネといった企業の所有する資源を統合的に管理し、最適化するためのシステム。全業務共通のデータベースを構築し、それを中心に各業務システムがシームレスに連携する。具体的には、企業の基幹業務を統合的に管理するためのERPパッケージを指し、会計、人事、給与、販売管理、生産管理、在庫管理などの各機能を提供する。

「erp 基幹システム 違い」に関する記事情報

いよいよERPもクラウド移行が本格化か? 今どきの「クラウドERP」の最新事情と導入ポイント

ERPは企業の基幹システムであり、企業経営と密接に関係するものだが、そのERPもサービスを利用する流れにシフトしつつある。企業がクラウドERPに注目する理由と、基礎解説、導入のポイントについて探っていきたい。

「erp 基幹システム 違い」に関するIT製品情報

100日以内で基幹システムをクラウド移行、次世代ERPがもたらす利益とは?

日本オラクル株式会社

従来、ERPは導入にも、その効果を享受するにも時間がかかることが多かった。そこで注目されているのが、ゼロからのERP移行を100日以内で実現でき、導入初日から役職・役割に応じた環境が利用できるクラウドERPだ。

いまさら聞けないクラウドERPとオンプレミスERPの違い、7つの比較ポイント

株式会社富士通マーケティング

企業の基幹システムであるERPも、サービスを利用する流れにシフトしつつある。だが、導入の際には従来型のオンプレミスERPとの違いを理解しておかなければならない。両者を分ける7つのポイントとは。

非構造化データを基幹システムのデータと紐づけて一元管理

オープンテキスト株式会社

ネットワンシステムズではECM製品を導入し、従来、ERPなどで管理が難しかった紙やOfficeファイルなどの非構造化データを構造化データと紐づけて管理できるようになった。

クラウドERPの5つのビジネス価値:コストやコンプライアンスにもたらす変化とは

SAPジャパン株式会社

クラウドファースト戦略を多くの企業が進める中、基幹システムを担うERPにもその波が押し寄せている。そこでコストやコンプライアンスなど5つの側面から、クラウドERPがもたらすビジネス価値を考察する。

基幹システムのクラウド移行を容易に実現、進化するERPの2つの選択肢とは?

SAPジャパン株式会社

従来のERPにおけるアップグレードや移行の課題を解決し、基幹システムのクラウド化を実現するものとして注目されるクラウド型ERP。“完全SaaS型”と“シングルテナント型”という2つの提供形態を比較し、自社に最適な導入方法を探る。

「erp 基幹システム 違い」に関連するキーワード

注目キーワード一覧

キーマンズネットとは?

企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット」では、製品スペックや導入事例・価格情報・技術文書などの充実したIT製品情報に加え、製品の選び方を分かりやすく解説した特集記事によって企業のIT製品選びをサポートします。製品情報と特集記事に加え、ITセミナー情報も毎日更新しています。

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。